話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

二十二話 迷宮探検 2 要求

 イルディーナは驚きを隠せずにいた。
 使い魔がしゃべるというのはレアなケースだ。
 天空都市ハーピッドの大天魔ウィルガルトスのドラゴマギアでさえ、言葉を話すことはない。

「紹介する。こいつは幻狼種のシャード。こいつの言う通りそこらへんの魔物よりも知性が高い魔物だ。親が超弩級魔物レジェンドクラスだから、戦闘能力も申し分ない」
「よろしく頼むぞ」
 シャードが先にあいさつをしたので、慌ててイルディーナは挨拶を返す。

「申し遅れました。メルクリオ学園生徒会会長、イルディーナ・ベルファと申します。以後お見知りおきを」
「うむ、礼儀正しい者で安心した。そっちの小娘は確か……主の妹の……………………」
「三觜島鈴音と申します。兄様の使い魔と出会えて、光栄思います」
 鈴音が腰を折って礼をする。
「うむ。貴公のような妹がいて主は幸せだな。我の妹もこのように素直であればよいのだが………」
「お前の妹、確かシャルディだったか? あいつほど賢い狼はいないだろう」
「確かに賢いが、中途半端に賢い分、無茶をしやすい。我がストッパーとして働かなければいずれあいつは自分の身を滅ぼすことになろう」

 シャードは身内に対しても厳しい。それゆえに誤解を受けやすいが、根はいいやつなのだ。
「いくらお前が悪い奴ぶったって俺には通用しないぜ」
「………別に我は悪い奴ぶっているわけでは………」
「どうせ今回のことを条件に妹の世話をしてほしい、なんていう約束でも結ぶつもりだったか?」

「………ばれておったか」
「当たり前だ。何年の付き合いだと思ってる」
 シャードはため息をつき、 戀を見上げる。
「確かに我はシャルディのことをおぬしに頼もうとした。しかしよいのか? 我と主との要求が釣り合っておらぬように思えるが………」

 確かにシャードの言う通りだろう。しかし、今回は急ぎの件だ。悠長なことを言っている場合ではない。
「今回は特別だ。そのかわり、シャルディの件はこの件が片付いてからだ」
 そう戀は言い切ると、後ろを振り向き、イルディーナと鈴音に向かって問う。

「というわけでそろそろ向かおうと思うが、準備はいいか?」
「愚問ですよ兄様。私はいつでも準備万端でございます」
「私も、すでに覚悟は決めています。いつでも大丈夫です」
 戀の問いにイルディーナと鈴音は覚悟を決めた様子で答えた。

「それじゃあ、行こうか」
 そうして、戀一行は迷宮《草薙》に向かって進みだした

「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く