話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

十七話 窓から侵入

 面倒なことになった。

 戀は誰に言うでもなくぼそりと呟いた。
 目の前では鈴音とティナが論争を続けている。
「何故兄様は私と一緒に住んではいけないんですか!」
「だから何度も言わせないでくれるかな!? 男女が同じ部屋でなんて間違いを犯すかもしれないじゃない!」

「兄様は男としか間違いを犯しませよ!」
「オイ!」
 オイこらテメェ今なんて言った!?

「冗談ですよ兄様。いくら兄様でもそんなアブノーマルな性癖を持っておられると、さすがの私も愛想が尽きてしまいますごめんなさい謝りますのでその手の物騒なものしまっていただけませんか」
「あまり冗談ばっかり言ってるといくらお前でも容赦しねぇぞ」

 事実戀の手には『殺鬼』が顕現されており、いつでも抜刀できる状態であった。
 この様子に鈴音は冷や汗を流す。

「私は兄様を愛しております。家族としても、一人の男性としても」
「………実の兄弟で恋愛が許されるはずがないだろう。そういう話はフィクションの中だ」
「あら。既成事実を作ってしまえば何の問題もございませんが?」
「お前の愛はいつも重いんだよ………」

 全く勘弁してほしい。
 心の中で嘆息していると、ティナが見かねたように机を叩く。
「とーにーかーく! 戀君と鈴音ちゃんの同棲は認められません!」
「…………仕方がないですね。素直に諦めるとしましょうか」

 鈴音はこういう時は素直に引き下がる。
 もともとこの件が通るとは思っていなかったのだろう。
 通れば御の字、という気持ちで受けたのかもしれない。

「じゃあ、兄様はいったいどこに寝泊まりすればいいのでしょうか?」
「そうだね…………今日寮に入るのは無理だから、どこか泊まれるところ……あ、そうだ戀君。私の家に」
「「いいわけないでしょう!!」」
 ………うん?
 何で声が増えてるの?

 扉の前に視線をやると、そこにはわが学園の生徒会長ーイルディーナがそこにいた。
 何でここにいるの?
「どうしたのイルディーナさん?」
「少し相談したいことがありまして。それよりも三觜島君が学園長と、ど、どど同棲するとはどういうことですか!?」

「? 問題ないよ? 私たち血縁者だし」
「余計に問題でしょう!」
「じゃあ戀君はどこで寝泊まりすればいいの?」
「そ、それなら私の住んでいる寮なら空きがあるのでそこに住めば………」
「「却下です!」」

 一人増えたことで論争が余計に大きくなり、事態は収拾がつかないようになっていた。
「あのー、俺の意見は………」
「「「戀(君)(兄様)は黙ってて!!」」」
「はい……」

 俺の意見は無視ですかそうですか。
「では学園外で宿を探す問うのはどうでしょうか」
 突然窓ガラスが砕け散る音がする。
 それと同時に女性の声が室内に響き渡る。

 今、窓から侵入してきたような……
「はじめまして。ベルクリオ学園学園長の秘書を務めさせていただいている伊佐木陽美香と申します。以後お見知りおきを」

「この状況であいさつするの!?」
 戀は思わず突っ込んだ。

「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く