話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

十六話 一緒に住みましょう!

「宿見つからないんだけど………」
 歩いて数十分後、戀は激しく後悔していた。
 それもそのはずである。

 戀は知らないかもしれないが、この学園では基本的に学生は寮に住み、一般人は学園の外で生活している。なのでこの学園内には宿、つまり宿泊施設が存在しないのである。
 この学園の生徒は学園で番号をもらい、それを基にしてどこの寮に住むのかを決めている。
 しかし戀はこの学園に編入してまだ一日目である。

 当然そんな番号を貰ってはいない。
 だから寮に入ろうにも入れないのだ。
「もう野宿も飽き飽きしてきたしなぁ」 
 さてどうしたものか…………。

「どうかなされましたか、兄様」
「うーん、実は宿が見つからなくてな。さてどうしたものかと」
「なら私と一緒に住めばよいではありませんか」
「うーん、まあ、兄弟なら別に一緒に住んでも……うん?」

 普通に会話しながら遅まきながらに気付いた。
「…………なんでここに鈴音がいる?」
 いつのまにか戀の隣にいた、実の妹である三觜島鈴音に問う。
 すると鈴音は、

「そんなの、兄様がいるところならどこにでも現れますよ」
 そう、満面の笑みを浮かべた。
「では兄様。そういうわけで私の部屋に行きましょう」
「いやいや待って。待って鈴音さんお願いだから待って!?」

 ぐいぐい戀の袖を引っ張りながら部屋に連れて行こうとする鈴音に対抗するが、全く振りほどけない。いつの間にこんなに力がついたのか。
 …………よく見れば鈴音の肌にうっすらとだが白い膜が纏われていた。
 こいつ筋力強化付与パワーブーストかけてやがる。

「何をためらっているのですか? 私と兄様との間には何の障害もありはしないではないですか!」
「いや、いくら兄弟だからって年頃の男女が一つ屋根の下っていうのはさすがに無理があるから……」
 それに学園長であるティナが容認するはずないだろう。
「大丈夫です! ティナさんには私から説得します!」

 そう言い切られ、戀はずるずるともと来た道を引きずられながら戻っていくのだった。

「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く