話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

十五話 治癒者

「うーん、思ってたほど怖そうな人ではなかったね」
 そう呟きながら、写影朧は先ほどの戀との会話を思いだす。
「真面目そうだし、なにより可愛かったし」
 戀の話を聞いたとき、もっと強面を想像していたのだが、いざ出会ってみると、かなり可愛い顔つきだった。それこそ女だと偽っても全く不審がられないようなレベルである。

 写影が戀が男だと分かったのは単に男子生徒の制服を着ていたからだ。女装していたら確実に女子生徒だと間違えただろう。

「あんなに可愛い顔つきなのに、メルガリアの、あのシルフィードの一員だなんてね」

 戀は答えてくれなかったが、彼がメルガリア特殊暗殺機関ーシルフィードの一員だということは聞いていた。
 メルガリア特殊暗殺機関ーシルフィードの名は、おそらくライバースの倍以上に有名だろう。
 なにせシルフィードと言えば、メルガリアの中でも特殊で残酷極まりない試験に受かって初めて一員として認められる特殊部隊だからだ。それゆえに舞台にメンバーは全員が化け物クラスであり、シルフィードの中の最低ランクでもSなのだ。

 ここまで凶悪な部隊が暴れずに一つの組織に入団できているのは、ひとえにメルガリアのトップの実力であり、なによりシルフィードを束ねる隊長の手腕のおかげでもあろう。

 4年前、ヴァリアントが東京湾近海に出現したとき、シルフィードは真っ先に戦場に駆り出された。
 ほかの組織から援軍が駆け付けるまでの間、シルフィードの隊員はたった十人で何千何万というヴァリアントを皆殺しにした。
 援軍が駆け付けた時、戦場にあったのは、数え切れないほどの人間に骸と、それをはるかに凌駕するヴァリアントの骸、その上に佇む十人のシルフィードのメンバーの姿だけがあったという。

 その光景を見た全員が戦慄し、恐怖を覚えた。
ーー自分たちはとんでもない化け物たちを味方にしているのではないか、と。

「それほどまでに恐れられるシルフィードの一員である彼を、なぜこんな学校に編入させてたんだろうね」

「それは、兄様にやってほしい仕事があるからとのことですよ」

 写影の独り言に言葉を返したのは、いつの間にか傍らに立っていた女だった。端正な顔立ちに白く光る銀色の髪、深い蒼い瞳、見た目からして十二歳くらいだろう。まるで人形のような美少女だ。
「お久しぶりですね、無効者キャンセラー
「あれ、僕って君と会ったことってあったっけ?」
「ええ。4年前の祝賀会の時に一度だけ」

 そういわれて思い出す。確か、シルフィードによるヴァリアントの大量虐殺した翌日に、東京を死守したということで盛大な祝賀会が開かれた。
 その時にメルガリア特殊支援部隊ークシナダに一人の新人が入隊したはずだ。確か名前は………。

三觜島みししま鈴音君だっけ。確かコードネームは治癒者キュアーだったような」
「よく覚えていらっしゃいますね」
 そう言いながら右手に短刀を握っている。危ないからしまってほしい。

「苗字が三觜島ってことは、君は戀君の妹さんかい?」
「なぜ兄様のことを名前で馴れ馴れしく呼んでいるんですか? 殺しますよ?」
 怖いこと言うなー。この子絶対ヤンデレだわ。

 と、そんなどうでもいいことを考えながら、写影は問う。
「ところでさっきの話なんだけど、戀君にさせたい仕事っていったい何なのかな?」
「それは私にもわかりません。ですが面倒事なのは間違いありません」

 鈴音は確信したように言う。
 まあ、それも当然だろうと写影も納得する。
 あのシルフィードの一員をこんな学園に寄越すぐらいなのだから、面倒事に決まっている。
「で? 君は彼を護衛するためにこの学園に潜入しているのかな?」

 そう、彼女は服装は言わずもがな制服である。
「その通りです。兄様は戦闘に関していえば何も言う必要はないですが、生活力が残念すぎるに乏しいのです」

「あの見た目なのに?」
「あの見た目なのにです」
 なるほど。つまり彼に生活関係でお手伝いをすれば好感度が上がるのか。
 そんなのことを考えていると、鈴音から殺意の籠った視線が突き刺さる。

「何か余計なことを考えてはいませんか?」
「別に何も考えてなけど」
 笑顔でそう答えると、余計に殺意が強まった気がした。

「そうですか。この場で殺してやりたいところですが、あまり面倒事を起こすと兄様に迷惑がかかってしまう可能性があるので」
 そう言って鈴音は短刀をしまう。

「それでは私はここで。機会があればあなたは殺します」
 そんな物騒なことを言いながら鈴音は戀が言った方角へと足を向けたのだった。

「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く