話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

十四話 無効者

「宿のこと聞くの忘れてた………」
 また野宿かと、戀は落胆したように呟いた。
 戀は校長室を後にし、校舎に繋がる渡り廊下を歩いていた。

 それにしても、と戀は思考する。
 学園での行方不明者事件。
 複数人が行方不明になるものの、四日で発見される。

 行方不明者の内の一人は、以前とは比べ物にならないほどに成長していたという。
 …………………あり得るのだろうか?
 確かに、未熟な魔導士が師の下で修行して、急激に成長し才能を開花させるという話はよくある。

 だがそれはあくまで優秀な魔導士に指導してもらってという条件下でだ。
 学園おの教師は全員がランクBまたはランクA。ティナはランクSSなのだ。

 これ以上に優秀な魔導士がいるとはとても考えにくい。
 となると考えられるのはおそらく………。
「薬か、または脳内魔法処理演算領域の改竄かいざんか………」

 薬。世で言うダークエリクサーと呼ばれるものだ。
 魔力を補給するエリクサーとは違い、人間の魔力容量を力づくで拡張するものだ。しかも、ダークエリクサーを摂取した人間は、その濃すぎる魔力に耐え切れずに自我を失い暴走するものも多い。

 対して脳内魔法処理演算領域の改竄かいざんは、簡単に言えば人間の脳を弄って魔力容量を増やすという方法だ。
 これを行えば確実に魔力が増大することが確認されている。しかしやり方が残虐すぎるうえ、実験対象の感情消失も確認されており、薬とともに国際魔法協定では禁止項目の筆頭に挙がっている。

 これ以外にも魔力容量を上げる方法は確認されているが、それは魔導士の間でもタブーになっていたりする。
「薬なら密売者を徹底的に調べ上げれば出てくるかもしれんが、校舎となると流石に俺一人では荷が重い」
 だが、かといって誰かに頼るのも忍びない。

 はてさてどうしたものかと戀が悩みながら歩いていると、

「お困りのようだね、君」

 と、声がかかった。
「誰だ、あんた」
 声が発せられた場所に視線をやると、そこにはまるでモデルをやっているではないかと疑うほどの美形の男子生徒が立っていた。
「はじめまして。僕はベルクリオ学園三年の写影うつしかげおぼろというものだ。以後よろしく」

「御託はいいから要件を話せよ」
 警戒を解かない戀を見て写影は肩をすくめる。
「そんなに警戒しなくてもいいよ」
 そう言って見せるが、正直なところ無理である。

「あんた、ただの生徒じゃないな。察するに軍人か何かか?」
 戀が言い放つと、驚いたように目を丸くすると、愉快そうに笑い始めた。
「あはは、すごいね君。初対面なのにたった一回見ただけで僕の正体を暴くなんて。そうだね。軍人ってばれているなら隠す必要もないし、一から名乗らせていただこうかな」

 そう言って写影はまるで役者のように舞いながら事項紹介を始めた。
 なお余談だが、写影が美男子であるため、そんな気障な恰好をしても映えるので、少々イラッとする戀だったりする。

「改めて名乗らせてもらおう。僕の名前は写影朧。メルガリア特殊諜報機関ーライバースの無効者キャンセラーという者だ」

 決め顔で名乗る写影に、戀は茫然と呟いた。
「メルガリア……しかも無効者キャンセラーだと?」
「おや? 知っているのかい?」
「知っているも何も、メルガリアの無効者キャンセラーといえば、知らないやつはいないんじゃないのか?」

 メルガリア特殊諜報機関ーライバース。
 それは裏社会ではかなり、いや非常に有名な機関である。

 曰く、厳重に保管されていた情報がいつの間にか外部に漏れ出ていたり。
 曰く、知らずうちに自分たちが不利なように仕組まれている。
 曰く、曰くと、様々な破壊工作や情報収集に長けた集団。

 その中でも特に危険人物扱いされていたのが、無効者キャンセラーという異名を持つ魔導士だった。
 彼は特に魔法が得意なわけでも、身体能力が高いわけでもない。
 ならなぜ、そこまで彼を危険視するのか。それは単純に彼の固有能力が理由であった。
 無効者キャンセラー。その名の通り、彼には一切の魔法が通用しない。

 たとえそれが上級魔法ディオガクラスだったとしても、彼はそれを無効してしまう。
 その効果は魔法だけにはとどまらず、ある程度の物理攻撃なら無効化してしまう。
 故に危険人物として認識されているのだ。
「まさか僕ことを知っているなんてねぇ」

「知っているというか、あんたの噂は有名だからな。それにしてもよくこの学園に入学してもばれなかったな」
「それには関しては大丈夫なんだよ。なにせ僕の顔を知っているのはこの世に三人……あ、君を入れて四人かな」
 そう言いながら写影は戀に問う。

「そういう君はいったい何者なのかな? 無効者キャンセラーだけじゃなく、メルガリアのことも知っているようだったし」
 その問いに戀は顔を顰めた。
 その顔をみた写影は数秒戀の顔をジッと見つめていたが、やがて諦めたようにため息をついた。
「そんな顔をするってことは、聞かれたくないことなんだね」
「すまない。それに関しては答えるつもりはない」
「別に気にしてないよ」

 そこでお互い不干渉ということで手を打った。
「さて、ここでは僕たちは先輩後輩という関係になるわけだからね。できるだけ敬語でしゃべるようにしてくれないかな」
「…………………必要なことなのか?」
「うん。必要なことだよ」
「わかった………じゃなくてわかりました」
「うんうん。先輩って呼ばれるのも悪い気はしないねっ」

 危険人物認定の先輩様は嬉しそうにくるくる回って喜んでいる。死ね。
「じゃあ僕はこの辺で。何か困ったことがあればいつでも相談に来てくれたまえ」
 手を振りながら歩いていく写影を見て戀はぽつりと呟く。
「嵐みたいなひとだったな…………」
 そして戀は寝床を確保するために歩き始めた。

「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く