話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

九話 剣技決闘(デュエル)開始! 中編

 風刃・旋風エルトス・ブレイドの猛攻を受けながら、イルディーナは戀に対抗する手段を必死に考えていた。
 今の実力では恐らく彼には遠く及ばない。だが………
(私の技はダメでも、母様の技なら勝てるっ!)

 しかし今の状態ではたとえ低級魔法レイクラスですらまともに使えない。
 一瞬。たった一瞬でいいのだ。
 一瞬でも戀の気が逸れれば、確実に発動できる。
 と、そのとき

「ーー三觜島選手は勝利を確信したのか、イルディーナ選手を見ようともしません!!」
 きた。この瞬間を待っていた。

「今までの借り、ここで返させていただきます!」
 そう言って維持してきた防御壁をまとめて吹き飛ばす。
 ここで決める!

「迸る血液 裂ける右腕
 血涙が叫んだ赤い月の夜 桜は黒に染まり
 川は黄泉へと繋がる 号泣する子供
 祈りを捧げる神父 神は下界を見てほくそ笑み
 救済の糸を垂らす
 すべてをグラッジ終わらせるエンド怨恨の復讐者アベンジャー!!」

 戀が驚いた風にこちらを見やる。
 確実に倒したと思ったのだろう。
 この隙は絶対逃さない!

「これで、終わりですっ」

「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く