話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

二話 偶然の出会い

 少女は走っていた。
 まだ日も昇っていない住宅街を、リズミカルな足音が響いている。
 朝の走り込みをしているのだろう。
 長い金髪が風になびいている。

 やがて疲れたのか、近場の公園で足を止めた。
 気になるその風貌は…………
「ふぅ~。今日はなかなかに疲れましたね」

 いわずもがな美少女である。
 それも十人が見れば十人とも魅了するであろう美少女である。
 …………それを本人が自覚しているかどうかは置いておくとして。

 そういえば、と少女は思い出したように呟く。
「今日は転入生が来る日でしたね………」
 この時期に転入など、近年まれに見ないことである。いったいどのような人が来るのか、少女は非常に興味があった。

 なにせほかの学校に転入するのは相当困難なことであり、たとえ相手の学校が許可を出しても、超難関な試験を突破できなければ転入は実現不可能なのである。
 だが、その難関な試験を突破してきたということは、それだけ強い人物であるということである。

 しかも、単なるうわさでしかないが、試験の時、試験官を5人相手にして圧勝したという噂が流れていた。転入してくるということだけで充分なネタになるのに、そのうえプロの騎士である試験官5人を相手にして圧勝したとなれば、それは世界的に有名になるというものである。

 そんな経緯があって、少女はかなりその転入生に興味を持っているわけだった。
「いったいどれほど強い方なのでしょうか………」
 そう、空想に耽っていると、背後から声がかかった。

「あぶねぇ!!」

 その声が聞こえたかと思うと、少女は何かにぶつかったような衝撃を受けて、地面に倒れこんだ。
「いっつつ~………。いったい何ですか…………?」
 そうぼやきつつ閉じた目を開いてみると、男が倒れていた。
 自分の上にかぶさる格好で。

 …………なるほど。
 自分はこの男にぶつかって倒れたらしい。
 …………。
 ………………………。

「きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」

 そう叫びながら少女は顔を真っ赤にして、かぶさってきた男めがけて渾身の平手を放つ。
 バチーン、と朝の公園に心地よく響いた。
 打たれた男は向こうに吹っ飛ばされ、壁に激突した。
 しばらく横たわっていたが、やがてよろよろと起き上がりながら、自分をぶった少女へ非難の目を向ける。

「いっつ……………何しやがるこのアマ………」
「いきなりぶつかって、しかも女性に被さっておきながらなんて態度ですか!」
「確かに悪いとは思っている。だが俺はちゃんと危ないって勧告したんだから、被さってしまったのは明らかにあんたがよけなかったからだろう」
「いきなり声をかけれたうえ、かけられてから一秒半程度しか時間がなかったというのに、どうやって避けろというのですか⁉」

 少女は堪らず声を荒げる。
「…………とりあえず、自己紹介をしましょうか。お互い名前がわからないのは不便ですしね」

 そいう言って少女は襟を正して名乗る。

「私は国立魔道騎士ベルクリオ学園生徒会会長、イルディーナ・ベルファです。あなたの名は?」
 イルディーナは男に問う。
「あー、今日から個々の学園に通うことになった三觜島みししまれんだ。一応そっちに連絡は行ってるだろ?」

「え、え? 転校生? あなたが?」
 この男があの、噂の転校生? この男が?
「それって本当なんですか……………?」
 イルディーナが信じられないという風に問う。
「なんか地味にひどいことを思われたような気がしたんだが。まあそれは置いておくとして、俺が転校生だぞ」
 それを聞き、イルディーナはそれまでずっと気になっていたことを聞くことにした。

「あなたって、本当に男性なのですか?」

「男だよ!どっからどうみても男だろうが!」
 戀はそう言っているが、どこからもどう見ても少女にしか見えない。
 さっきは体の感触から男性だろうと見当をつけていたのだが、顔や体全体のパーツを見ると、どう見ても少女にしか見えない。

 この件に関しては取り敢えず置いておくとして、イルディーナはもう一つ気になることがあった。
「正直に答えてほしいのですが、転校生である三觜島君が、なぜこんな朝早い時間からこんなところにいるのですか?」
 それはあんたもだろう………と言いたい心を必死に抑えて、戀は答える。

「いやぁー聞いてくれよ」

これは二日前のことである。


「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く