寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第15話 入学


 合格発表当日。
 オレとロードは、自分たちの入学試験の結果を見るためにディムール王立魔法学院へと足を運んでいた。

 キアラがすぐ後ろにいるが、ロードもすぐそばにいるために相手をすることはできない。

「これか」

 校舎の入り口のところに、合格者の受験番号が記されているボードが置いてあった。
 この辺は前世での高校受験とほとんど変わらない。

「順位表はあっちに貼ってあるみたいだよ。行こう、ラル君」

 ロードは受験番号が記されているボードに全く目を通すことなく、順位表が貼ってある校舎の中へ足を向けた。
 自分の合格を欠片も疑っていないからこそできる行動だろう。

 ロードの話によると、順位表には特に優秀な成績を修めた三十名の名前が書かれているらしい。
 オレたちはこちらを見ることにした。

 順位表は、目立つところにデカデカと貼ってあった。

「お、やったぜ」

 オレは一位だった。首席だ。
 思わず後ろを振り向くと、キアラが「だから言ったでしょ?」とでも言うかのようなドヤ顔をしている。

 かなりウザかったので無視した。

「えっ、無視!? さすがにそれは寂しいよ!?」

 キアラが一人で何やら騒いでいるが、今は奴の相手をすることはできない。
 まあ、後でお礼の一言ぐらいは言ってやろう。

 一方ロードは、目の前の順位表を見てどこか納得した様子でため息をついていた。

「……二位か」

「あまり驚かないんだな」

「まあ、ラル君の実技試験を見たときから予想はしていたからね。でも、いつか絶対に君を越えてみせる」

「おう。楽しみにしてるぜ」

 さすがにロード以外に知ってる名前はいないよな……と思いながら順位表を見ていたら、クレアが三位にいた。

「クレアもいるのか。こりゃ楽しい学園生活になりそうだな」

 オレがそう呟くと、ロードは驚いた表情を浮かべて、

「ラル君は、クレア様と仲がいいのかい?」

「ああ、王城でちょくちょく遊んでるからな。にしても、よくヴァルター陛下がここへの入学を許可したもんだ……」

 二年前、クレアが襲われた事件の下手人は未だに捕まっていない。
 ずっと王城の中にいるよりはいいと思うが、十分な警戒をしていないとまた同じような事件が起こった時に対処できない。
 オレもできるだけ目を光らせておく必要があるな。

 その後、ロードと一緒に教科書と制服を購入した。
 受験勉強するにあたってヘレナから参考書類は買い与えられていたが、今日買った教科書たちは見たことのないものばかりだ。
 あとで目を通しておこう。

 制服も久しぶりに着たので懐かしい気持ちになった。
 とはいえ、周りを見回してもロリショタと幼女しかいないが。
 この年頃の子どもたちが制服を着ているのは新鮮だな。

 ちなみにキアラは、オレが制服に着替えるのを見て鼻血を垂らしていた。
 だめだこの幽霊、早くなんとかしないと。

 変態幽霊さんは放っておいて、教室へと向かう。
 一組は入学試験の成績が良かった上位三十名がそのまま同じクラスになるので、ロードとクレアも自動的にオレと同じクラスということになる。

 教室に入ると、真ん中あたりの席に生徒たちが集まって人だかりができていた。
 人が多すぎて、中心にいるのが誰なのかはわからない。

 そのすぐそばで、長身の女の人が少し慌てたような表情を浮かべながら、子供たちを人だかりから離そうとしている。

「なんだあれ?」

 ロードは不思議そうに眉を寄せているが、オレには心当たりがあった。

「もしかして、クレアか?」

「あっ、ラル!」

 オレが少し声を張ってそう尋ねると、すぐに聞きなれた声で返答があった。
 やはりクレアだったか。

「すいません、通してください」

 クレアが言うと、すぐに彼女の周りを囲っていた人の波が割れた。
 ちょっとモーゼっぽい。

「クレアも、ここに入学するんだな」

「うん! 見て見て、この制服すごくかわいいでしょ?」

 その場でくるくると回りながら、クレアは自分の制服姿をオレに見せつける。

「うん、可愛い。よく似合ってるよ」

「えへへー」

 僅かに頬を赤く染めながら無邪気に笑うクレアに、不覚にもドキッとしてしまった。
 だが、今はそれより気になることがある。

「……で、クレア。そちらの方・・・・・は?」

 クレアを見張るようにすぐ傍に佇んでいる女性。
 オレは彼女に見覚えがなかった。

 オレの言葉を耳にしたらしい彼女は、恭しく一礼をしてから口を開いた。

「初めまして、ラルフ様。私の名前はダリア。現在、クレア様の護衛をさせてもらっております」

「なるほど、護衛の方ですか」

 表面上は納得したような表情を作っていたが、オレの頭の中では疑問符が飛び交っていた。
 オレが知っている、前の護衛はどうしたのだろう。
 僅かな表情の変化から読み取ったのか、ダリアさんはオレの耳元に顔を近づけると、囁くように言葉を紡ぐ。

「前任の方は殉職しました。この学校にいる間、ラルフ様にはクレア様の護衛としての役目も担っていたたきたく思います」

 ……なんとなくそんな予感はしていたが、やはり前の護衛は亡くなっていたか。
 しかも殉職ということは、オレの知らない間にクレアが襲われていたことになる。

 クレアのことだから、オレを心配させまいと隠していたんだろうが……。

「お任せください。僕がここにいる限り、クレアには指一本触れさせませんので」

 オレが小声でそう答えると、ダリアさんは満足そうな表情でオレから離れた。
 しかし本当に、よく陛下はクレアがここに入学するのを許可したもんだ……。

「それで、そちらの彼は、名前は何と言うのでしょうか?」

 ダリアさんが、ロードを目で示しながら問いかける。

「……ロード・オールノートです。よろしくお願いします、ダリアさん」

「ああ、オールノート家の方でしたか。こちらこそよろしくお願いいたします、ロード様」

 にこやかな表情で応対するロード。
 だが、その表情が僅かに硬いような気がするのはオレの気のせいだろうか。

 多分アレだな。
 オレはダリアさんに名前把握されてたけど、ロードは名前把握されてなかったから、ちょっとイライラしてるんだろう。

 ちなみに、オールノート家は割と名の知れた貴族の名門である。
 ロードと会った日、家に帰ってヘレナにロードのことを話したら少し驚かれた。



 オレたちがそんなことを話していると、教師らしき男が教室へ入ってきた。
 彼はオレたちの方向を見ると、露骨に面倒くさそうな顔をして、

「おい、いつまで立ち歩いてんだお前ら。もう始業時間だろうが。さっさと席に着け」

 男の言葉にびっくりした生徒たちが慌てて退散する。
 オレも適当にその辺の席に着いた。
 隣にはクレアも座っている。ダリアさんは立ったままだ。

「……ん? 何だオールノート、どこでもいいからさっさと着席しろ」

 そして、教室にいる生徒の中でなぜかロードだけ着席していなかった。
 何やってんだあいつ。

「僕たちはまだ、今のこの時間が始業時間である、という説明を受けていませんでした。それを当然守るべき義務のように言われても、対応しかねます」

「は? 時間前に着席しておくのは当たり前だろうが。今まで何を教えてきたんだ、お前らの親は」

 吐き捨てるように侮蔑の言葉を放つ男。
 その姿は、教師のものとはあまりにもかけ離れている。

 というか、何か若干話ズレてるような……。
 本当に教師なのかこいつ?

「大人が遵守すべき常識を知らないのはあなたの方でしょう。自身の誤りを、まるで生徒が至らなかったかのように言うのはやめていただきたい」

「あー、もうめんどくさい。いいから席につけよオールノート。先生の言うことが聞けないってのか?」

「……はぁ、わかりました」

 何を言っても無駄だと判断したのか、ロードは大げさに肩をすくめると、しぶしぶといった様子で俺の前の席に座った。

「今日からお前たちの担任になる、グルー・ニコルドだ。これからよろしく頼む」

 それからニコルド先生は、この学校に通う上での諸注意を述べ始めた。

 この学校にいる間は校則は絶対遵守だの、身分の差は何の意味も持たないだの、そういった話をだらだらと聴かせられる。
 普段なら興味を持って聞くところなのだが、なぜかあまり頭に入らなかった。



 ニコルド先生の話が終わると、今日は軽い顔合わせだけの日だったらしく、すぐに帰ることになった。

「ああいう大人がでかい顔をしてるうちは、この国はよくならないんだろうね」

「……どうした突然」

 物憂げな表情でそんなことを言い出したロードに、帰る準備をしていたオレの動きが止まる。

「どうせ血統でも魔術でも僕たちの足元にも及ばないクセに、僕たちより上に立っていないと気が済まないんだろう。あんなの、ただ態度がでかいだけのどうしようもない人間じゃないか」

「ボロクソ言うなぁ……。それに、家柄はともかく魔術がオレたちよりできないとも限らないだろ」

 というか、血統や家柄が劣ってるとかそういうゲスい発言をするのはやめて欲しい。
 さっきここでは身分の違いは関係ないって言われたばっかりだろうに。

「まあそうだけど……あ、そうだラル君。この後、一緒に僕の家に遊びに来ないかい? よかったらクレア様も御一緒に」

「え!? いいの!?」

 オレたちの話に聞き耳を立てていたらしいクレアが、ぱっと顔を輝かせる。
 やっぱ聞いてたのか。

「もちろんです。親睦を深めるために、三人で色々お話しましょう」

「うん! あ、ラルも行くよね?」

「うん。そういうことなら、お邪魔させてもらおうかな」

 しかし、ロードは自然体だな。
 他の貴族は、クレアとの関係を作ろうと必死だが、ロードにはそれがない。
 あまりクレアのことを特別視していないというか……。



 そんなわけで、オレたちはロードの家へと向かったのだった。

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く