寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第27話 はじめての串焼き


 とりあえず、カタリナとキアラにはお互いに自己紹介をしてもらうことにした。
 姿が見えず、声も聞こえず、物にも触れないキアラに、どうやって自己紹介をしてもらうかを考えていたら、

「大丈夫だよ。姿は見えないし、声も聞こえないし、物にも触れないけど、魔術は使えるし、精霊術も多少は使えるから
そのどっちかで何かに文字を刻めばなんとか」

「あ、そうか」

 魔術や精霊術を使って地面や紙に文字を刻むことで、キアラのカタリナとの意思疎通もなんとかなりそうだ。
 と、いうことで、自己紹介をやってもらった。

「は、はじめまして! かっ、カタリナと申します! ラルさまの奴隷をさせていただいております! よろしくお願いしますっ!」

「はーい、よろしくー……って、聞こえてないよねこれ。じゃあ書きますか」

 キアラは指の先に火属性の初級魔術を発動させる。
 ちょうど指先に火が灯っているような感じだ。
 何もないところから突然火が出てきたように見えているであろうカタリナは、少し驚いていた。

「なるほど。今はそちらにいらっしゃるんですね」

「ん? ああ、そうだな」

 言われてみれば、これでキアラの居場所もなんとなくはわかるのか。
 キアラは火が灯っている指先を地面に押し付けて、文字を綴っていく。

「……字って、これであってたっけ」

「あってるよ」

 オレがジト目でツッコミを入れると、キアラは恥ずかしそうに笑った。

「あははー、ごめんごめん。やっぱり字って書かないと忘れちゃうよねー」

 キアラが綴る字は割と汚い。
 どれだけ長い間書いてなかったんだこいつ。

「おお……」

 カタリナは、地面に字が彫られていく様子をただじっと見つめていた。
 はたから見たら、異様な光景なのだろうな、ひとりでに地面に文字が彫られていくというのは。

『私キアラ。よろしくね』

 キアラが文字を書き終えると、地面にはどこかのメリーさんを彷彿とさせるような文体で、そう書かれていた。
 メリーさんネタが通じる人間が今ここにいないのが残念でならない。

「――はい! よろしくお願いします、キアラさん!」

 地面に綴られた文字を読んだカタリナは、満面の笑みを浮かべながらペコリと頭を下げたのだった。



 キアラとカタリナを喋らせてみたいという欲求もあったので、今日はカタリナも連れて『霧の森』の軽い下見に行くことにした。
 下見と言っても、カタリナがいる以上そこまで深いところまで行くつもりはない。
 はっきり言ってピクニックと大差ないだろう。
 少し違うのは、魔物とエンカウントする可能性があるというところと、お昼ご飯を持ってきていないというところぐらいのものだ。

 お昼ご飯を持ってきていないのは、単純にオレの弱点を強化しようと思ってのことだ。
 尋常でないほど高い防御力を持つオレだが、弱点はいくつかある。

 その一つが、食料だ。

 どれだけ高い防御力を持っていようが、どれほど強力な精霊術を使用できようが、何も食べなければ死んでしまう。
 人間として当たり前の弱点ではあるが、明確な弱点があるというのは大きい。

 ……まあ、何も食べられない状態になっても活動できるように、普段から亜空間に大量の食料と調味料を入れてあるんだけどな。
 亜空間に入れたものは時間が停止するから非常に便利だ。

「ラルさまー! すごい、川がありますよ!」

 カタリナは楽しそうな声を上げてはしゃいでいる。
 ここ二年ほど、カタリナはほとんど実家かオレの家に引きこもりだったからな。川なんて本当に久しぶりに見たのだろう。
 これからは、定期的にカタリナとどこかへ遊びに行くことにするか。

「しかし、いいとこだな。ここは」

「ホントにねー。魔物が出てくるなんて思えないくらい」

 『霧の森』なんて呼ばれてるから薄暗いところなのだろうな、と思って来てみれば、普通に陽が射していて暖かい。
 今のところ魔物の気配もないし、本当にピクニックに来たのと変わらないぐらいの気安さだ。

 とりあえず、今日はこの辺で魚でも取って食うか。
 亜空間に塩は入れてあるし、塩焼きにすればそこそこの味にはなるだろう。
 ……もはやピクニックというよりサバイバルになってきているような気がするが、気にしてはいけない。

「カタリナ。その川に魚はいる?」

「いますよ! けっこう大きいのがいっぱいです」

 川辺から水の中を覗き込んでいるカタリナが、元気のいい声で答えてくれた。

「じゃあ、お昼ご飯は魚の串焼きにしようと思うんだけど、カタリナはそれでもいいかな?」

「カタリナはラルさまが食べたいものなら何でもいいんですけど……魚の串焼き、って何ですか?」

「塩をまぶした魚を串に刺して焼くだけの簡単な料理なんだけど……あー、うん。まあ食ってみりゃわかる」

 カタリナが可愛らしく小首を傾げていたので説明したが、イマイチ想像できないようだ。
 ならば実演するまで。

 さて、どうやって取ろうか。

 水中に『電撃ボルト』でも打つか?
 ……いや、そんなことをしたら関係のない水中生物まで殺してしまいそうだな。

 火属性魔術……は論外だし、『風の刃ウィンド・カッター』で輪切りにするのは……切った後に流れていってしまうかもしれない。
 あとは土属性魔術で狙撃……したら魚が爆散しそうだし、ここは『岩壁ロックウォール』で川を分断するのがいいか?
 いや、できれば自然環境は破壊したくないんだよなぁ……。

 それと同じ要領で『空間断絶』を使ってみるか?
 これならほぼ確実に魚を取ることができるだろうが、

「そもそも、たかが魚相手に魔術や精霊術使うのもどうなんだ」

 ……そうだな。
 たまには自分の手で直接取ってみるのもいいかもしれない。

 そう思ったオレは、亜空間の中から一本の槍を取り出した。
 肉を捌くためのナイフは昨日まで持っていなかったが、こういった普通に戦闘で使用できる武器類は、普段から亜空間に入れて持ち歩いているのだ。

 ただの槍なので、魚に刺さってもあっさりと抜けてしまう可能性が高いような気はするが、まあなんとかなるだろう。
 いや、底が浅いんだから、槍先で突き刺してそのまま川底に縫い付けてしまえばいいか。
 そう思い、水中の魚めがけて槍を突き下ろした。

「ちっ、外したか」

 微妙に位置がズレていたようで、槍先には何も引っかかっていない。
 でも、今のでなんとなくわかった。
 次はいける。

「よっしゃ」

 他の魚を選んでもう一度やってみると、今度は上手くいった。
 串刺しになっている魚を慎重に取り外し、カタリナがいるところまで持っていく。

「おおー! すごいですラルさま!」

「これくらい朝飯前さ。じゃあもう一匹取ってくる」

 でも冷静に考えたら、槍で川の中の魚を突けるってすごくね?
 前世のオレでは、ほぼ間違いなくできなかった芸当だろう。

 そして無事に二匹目の魚を取ってきたオレは、亜空間から取り出したナイフを使って、魚たちのはらわたを取り出した。
 それに塩を振りかけ、しばらく放置してから焼き始めることにする。

 カタリナにも手伝ってもらって、焼く場所と串の準備にも取りかかった。
 とはいえ、魔術と精霊術を使えば、大した苦もなく焚き火が完成した。
 同じく、その辺から拾ってきた枝をナイフで削れば、即席の串の出来上がりだ。

 魚の串は火からは少し離れたところに置いて、串焼きができるまでしばらく放置しておく。

「ふぅー。慣れない作業だったので少し疲れました……」

 カタリナが辛そうだったので、土属性魔術を使って即席の椅子を作ってやった。
 ありがとうございます、とオレに一声かけてから、カタリナがそこに座る。

「オレも久しぶりにこういうサバイバルみたいな料理作ったけど……案外悪くないだろ?」

「そうですね! 普段はやらないことをいっぱいできたので楽しかったですよ!」

 たしかに、普段は家事ばかりしているであろうカタリナには、サバイバルのような料理の方法は目新しく映るだろう。
 気に入ってもらえたようでよかった。

 「そういえば、キアラさんは幽霊だから何も食べないんですか?」

 カタリナがそう尋ねると、キアラが近くの地面に文字を綴り始める。

『そうだね。実体がないから食べたくても食べられないし、そもそもお腹も空かないしね』

「あー、うん。そうだな。オレもキアラが何か食べてるとこは見たことない」

 キアラの答えに、オレも言葉を付け足す。
 言われてみればたしかに、オレもキアラが何かを食べているところは見たことがない。

「そうですか……えーと、じゃあキアラさんの好きだった食べ物はなんですか?」

 これは、もしかしてアレだろうか。
 カタリナなりに、頑張ってキアラと会話しようとしているのだろうか。
 だとしても、幽霊に好きな食べ物を聞くのは明らかに選択ミスのように思えてならないのだが……。

 そして、キアラはカタリナの疑問に答えた。

『ラルくん』

 早かった。
 地面に文字を綴っているはずなのに一秒もかかっていなかった。
 驚くほどの早業だ。

 というか、好きな食べ物オレってなんだよ。
 オレは食べ物じゃねえぞ。

「なるほど、ラルさまですか。たしかに美味しそうです」

 ふむふむ、と頷きながら同意を示すカタリナ。
 ダメだこいつら、早くなんとかしないと。
 そう思い、和やかに談笑している二人のあいだに入ろうとした、そのときだった。

「ん?」

 ふと、何かの気配を察知して立ち止まった。
 おそらく、何かの魔物がオレたちの近くにいる。

 串焼きの匂いに引き寄せられてきたのか?
 この辺には魔物いないな、って思ってたばかりなんだけどな……。

「……ラルくん」

 キアラがオレの肩を叩く。
 彼女もまた、魔物の気配を察知したのだろう。

「魔物が近くにいるよ。カタリナちゃんから離れないで」

「ああ、わかってるよ。でもどうせ大した奴じゃ――」

 そこまで言って、オレは言葉を切らずにはいられなかった。
 こちらへと近づいてくる魔物の気配。
 その大きさが、昨日の黒觸猪ダークボアーと遜色ないほどのものだったからだ。
 オレは、その場に腰を下ろしているカタリナの元へと近づく。

「ラルさま? どうかしたんですか?」

「カタリナ、静かに」

 右手でカタリナの口を塞いだ。
 すぐに大人しくなったカタリナの手を引いて、近くの茂みへと身を潜める。

 しばらくすると、気配の元が姿を現した。

「あれは……」

 体長は、昨日の黒觸猪ダークボアーと大して変わらない。四メートルくらいだろうか。
 薄汚れた黒色の体毛に、鋭利な鉤爪。
 その鋭い眼光は、見る者全てを萎縮させる暴圧となって弱者を蹂躙する。

「あれは黒觸熊ダークベアーっていう魔物だよ。まさか、こんな森の浅いところにいるなんて……」

 オレは頷く。
 相手の危険度がどの程度のものなのかわからない以上、しばらく観察するのがいいだろう。
 いざとなったら『空の刃エアー・カッター』を使うなりすればいい。

 黒觸熊ダークベアーは、俊敏な動きで川に手を突き入れている。
 魚を狩っているのだろう。
 まるで鮭を狩る熊みたいだ。

 数回その動作を繰り返した黒觸熊ダークベアーは、獲物である魚を食わえて、川辺に座り込んだ。
 どうやら、そこで食事を摂るつもりらしい。

 さて、どうするかな。
 魔物である以上は、あの黒觸熊ダークベアーも狩らなければならない。
 様子を見ようかと思っていたが、標的は食事を摂ったまましばらく動きそうにない。
 今はカタリナもいるし、さっさと仕留めてしまうほうが賢明だろう。

 そう決めたオレは、風精霊にお願いして、『空の刃エアー・カッター』を発動させた。
 黒觸猪ダークボアーを殺せしめた不可視の刃が、目の前の標的の命を奪わんと襲いかかる。

「――!」

 不穏な気配に気付いたようだが、遅い。
 オレの放った『空の刃エアー・カッター』は、黒觸熊ダークベアーの頭部を深々と切り裂いた。

「――――」

 黒觸熊ダークベアーの動きが止まる。
 そして、その巨体がその場に崩れ落ちた。

「ふぅ……」

 今回は、昨日の黒觸猪ダークボアーよりも楽に倒すことができたな。
 前回は狙う場所が悪かったのか?
 いや、単純にオレのコントロール力が上がったのかもしれない。
 もしくは個体差か。

「び、びっくりしました……」

 黒觸熊ダークベアーが崩れ落ちる姿を見届け、息苦しさから開放されたらしいカタリナが声を上げる。

「大丈夫だったか、カタリナ?」

「はい! ラルさまが守ってくれたので平気ですっ!」

 嬉しいことを言ってくれる。
 しかし、そこまで森の深くないところに、あんな危険そうな魔物がいるなんてな。
 知っているのかもしれないが、一応村の人達にも伝えておかないと。

 カタリナは大丈夫だと言っていたが、あれほど大きな魔物を目の前にしたせいか疲れていたため、今日の探索はここまでにすることにした。

「今日のところはここまでにしよう。カタリナも、いいね?」

「……ラルさまがそうおっしゃるのであれば、カタリナは従うしかありません」

 渋々といった様子で、カタリナは頷く。
 そんなに嫌か。それは悪いことをしたな……。

「ごめんな。また今度一緒に遊びに行こう」

「えっ!? いいんですかっ!?」

「? ああ。もちろん」

 というか、もしかしてカタリナは今回が最後だと思っていたのだろうか。
 ……今の反応を見る限り、そう思っていたのだろうな。

「わかりました! それじゃあ帰りましょう!」

 わかりやすく元気になったカタリナを微笑ましく思いながら、オレは後片付けをする。
 とりあえず、血の匂いに引き寄せられて他の魔物が来る前に、死体と串焼きは回収しておかなければ。

 黒觸熊ダークベアーの死体は、亜空間に収納して持ち帰る。
 串焼きはちょうどいい塩梅に焼き上がっていたので、帰り道に食べながら帰ることにした。

「――っ! これ、すごくおいしいです!」

 歩きながら串焼きを頬張り、瞳を輝かせるカタリナ。
 あまり品のいい食べ方とは言えないが、まあたまにはこういうのもいいだろう。

「うんうん。うまいうまい」

 自作の串焼きの出来に満足しながら、オレたちは『霧の森』を後にした。

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く