寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第35話 胎動する悪意


 エノレコート王国の、王城の一室。

「……ん」

 煌びやかな装飾が目を引く天蓋付きのベッドの上で、もぞもぞと動く影があった。

 寝室と呼ぶには、あまりにも広すぎる部屋だ。
 部屋のいたるところに置かれている調度品は、その一つ一つが途方も無いほどの価値がある一級品であることを疑わせない。

 そんな部屋の巨大な窓から、陽光が射し込んでいた。
 夜の時間が終わり、太陽がその姿を現す。

「……んんーっ。あー、よく寝た」

 そんな言葉を漏らしながら、ベッドに沈んでいた女がうだるげに体を起こした。
 その僅かな衝撃で、女の身体を覆い隠していた布団がはらりと落ちる。

 女は何も身につけていなかった。
 肩にかかる銀色の髪が朝日に輝き、形のいい大きな乳房と純白の肌を惜しげもなく晒している。
 腰はくびれ、肉付きもよく、まさに男の欲望の対象を体現したかのような煽情的な体型だ。
 琥珀色の瞳とその美貌も相まって、彼女こそが美の女神である、と言っても、誰も何ら疑問は持たないであろうその容姿。

 彼女はぼんやりとした眼差しで辺りを見回していたが、やがて気付いたように、

「あら、あの人はもう行ってしまったのかしら」

 昨日愛し合った男の姿がどこにもない。
 そのことを気に留めたが、それも一瞬のこと。
 すぐに意識を切り替え、棚から取り出したキャミソールへと腕を通す。

 適度に風通しが良く、すぐに脱げるこの服装は理想的だ。
 出会いがどんなところに転がっているかわからない以上、常に万全の態勢でいるのは当然の努めと言える。
 備え付けの姿見で自身の姿を確認した彼女は、満足げに頷いた。

 そのとき、ドアをノックする音が彼女の耳に届いた。
 まるで、彼女が着替え終わるのを測ったかのようなタイミングの良さだ。

「はい?」

 こんな時間に訪問とは珍しい。
 彼女はドアを開け、客人を出迎えた。

「失礼します」

 入ってきたのは、使用人の男だ。
 まだ若く、理知的な顔立ちの男。
 初めて見る男。



「エーデルワイス様。食堂にてカミーユ様がお待ちです」



 その声に、女――エーデルワイスの思考が現実へと引き戻された。

「ありがとう。すぐに向かうわ。――おや?」

 エーデルワイスが、わざとらしい声を上げて使用人の顔をまじまじと見つめる。
 琥珀色の瞳が男の顔を見つめ、その目線がどんどん下へと下っていく。
 それはまさに、草食動物を狙う捕食者の目に他ならない。

「な、何か?」

「あなた、とてもいい顔をしているわね。今夜わたくしがあなたのところへ行くから、準備しておいてちょうだい」

「……承知致しました」

 唾を飲み込む音を微笑ましく思いながら、エーデルワイスは部屋から退出する男のことを見送る。
 今夜のことを楽しみに思いながら、エーデルワイスはカミーユが待つ食堂へ向かった。



「おはよう、カミーユ。いい朝ね」

 食堂には、エノレコート城の使用人たちに混じって、見知った顔の女がいた。
 背骨は異様なほど曲がっており、その顔色は驚くほど悪いが、エーデルワイスはそれが女の普段の姿であると知っている。
 赤いドレスを身に纏い、黒い髪は異様なほどに長く、椅子に腰掛けているせいもあってか、かなり床に引きずられていた。

 つまり、明らかに不審な人物だということだ。

「おはようございます、エーデルワイス」

「あなた、いい加減髪切ったら? 見苦しくて仕方ないわ」

「それはできません。愛しい彼が、ワタシの髪は長い方がいいと言ってくれたものですから。その言葉を胸に刻んで、ワタシはできる限りこの髪を伸ばし続けなければならないのですよ」

 熱っぽい表情を浮かべながら、カミーユが手を合わせる。
 そんなカミーユの様子に、エーデルワイスは呆れ顔だ。

「それならせめて、髪を結い上げるなり何なりしなさいな。あなたは見た目を軽視しすぎよ」

「お心遣いありがとうございます。ですが、ワタシの彼はこの程度でワタシのことを嫌いになったりはしないのです」

 言っても無駄だとわかっているのに、エーデルワイスは言うことをやめられない。
 こんな指摘は、それこそ何千回と繰り返ししてきた。
 それでまったく改善されないのだから、どうにもならないものをどうにもならないものと割り切るべきだ。

 「それより」とカミーユは話を区切り、

「朗報があります、エーデルワイス。――『精霊の鍵』を、手に入れました」

「……『精霊の鍵』。そう。ようやく手に入れたのね」

 ――『精霊の鍵』。
 それは、相応しいところで使用すれば、この世界のあらゆる扉を開くことができるとされている伝説の霊具だ。

「精霊級魔術師のラーデラが所有していましたが、ワタシが事情を説明すると、喜んで差し出してくれましたよ」

「殺して奪い取った、の間違いでしょ。まったく……」

 カミーユの言動は曲解が多い。
 相手の言動をすべて自分の解釈で歪めてしまうため、カミーユの情報伝達能力には難があると言わざるを得ない。
 まったく、なんのための読心能力なのか。

「というか、そのラーデラとかいう魔術師、まさか男じゃなかったでしょうね?」

「男と言えば男でしたが……あまりパッとしない、ただの薄汚い中年の男でしたよ。エーデルワイスのお眼鏡に適う人間だったとは思えませんね」

「そう? ならいいんだけど」

 もしカミーユがいい男を惨殺していたとなれば、それ相応の罰は与えなければならないと考えていたが、今回については杞憂だったようだ。

「それで、赤い棺……だっけ? あれはまだ見つけられないのかしら?」

「残念ながら、そちらについては手がかりすらない状況です。そもそも、『始祖』とアリスの戦いを見た者の絶対数が少なすぎる」

 カミーユは無念そうな表情を浮かべながら、『始祖』とアリスが対峙した時のことを思い出しているようだった。

「そもそも、本当にあるの? その赤い棺とやらは」

「あります。必ず、この世界のどこかにあるはずなのです」

 アリスが『始祖』によって封じられた瞬間を、エーデルワイスは見ていない。
 ゆえに、その赤い棺とやらが実際に存在するかどうかについても眉唾物だと考えているのだが……カミーユはそれが存在すると言い張っている。



「――中にアリスの肉体が封じられた、赤い棺が」



 その中に、『終焉の魔女』アリスの肉体が封じられた、赤い棺が存在するのだと。

「……まあ、わたくしはその光景を見ていなかったから、あなたほどの熱意も気力もないのは仕方のないことかもしれないわね」

 エーデルワイスは、百年前にあと一歩のところまで行った世界の浄化が、あんな形で止められることになるとは思っていなかった。
 今も昔も、エーデルワイスとカミーユがやっていることは変わらない。

 カミーユは情報と戦力を。
 エーデルワイスは富と人間を。

 それぞれ秘密裏に集め、来たるべきこの世界の浄化の時のために動いているのだ。

 その世界の浄化に、大罪の魔術師の数の増強は不可欠。
 仮にアリスを頭数に入れたとしても、あと一人は欲しいところだ。
 しかし、

「アリスが復活に非協力的なのが、一番の問題よね……」

 何があったのかはわからない。
 わからないが、おそらくアリスは満足してしまっているのだろう。
 今の生活に。

「……ふふっ」

 霊魂だけの存在が、人間と共に歩んでいく道を取るなんて、なかなかどうして、面白い。
 そして、アリスを大罪の魔術師側につける最も確実な方法は、

「ロード・オールノートを懐柔すること、でしょうね」

「……あなたにそれを任せると、アリスが怒り狂いそうな気しかしないので、できればやめていただきたいのですが」

「ふふ。冗談よ、冗談。いくらわたくしでも、そこまで非道なことはしないわ」

 カミーユが見たという光景。
 それは、『終焉の魔女』として恐れられていたアリスが、一人の少年をカミーユの触手から守ったというものだ。

 当時のアリスを知っていたエーデルワイスからすれば、信じがたい話だ。
 が、たしかにカミーユはその霊魂だけとなったアリスと話をし、それがアリス本人であることは疑いようがないという。

 そして、そんなアリスが大事そうに守った少年。
 その少年の名前が、ロード・オールノートというらしい。

 ここから導き出される結論は一つ。

「アリスは、そのロード・オールノートという少年のことを大切に思っている。……愛している、と言っても過言ではないでしょうね」

「ええ。だから、ワタシは彼を説得しようと試みたのですがね……なかなかどうして、うまくはいかないものです」

「あなたのことだから、説得がうまくいかなかったからって、途中で気が変わって殺しそうになったとしても驚かないわよ」

「ひどいですね。いくらワタシでも、そこまで破綻した人間性は持ち合わせていませんよ」

 心外だ、とでも言うようにカミーユが鼻を鳴らす。
 おそらくそのとき、ロード・オールノートを襲ったのだろう。わかりやすい反応だ。

「ロード・オールノートをこちらへ引き込むために、わたくしたちができることは……」

 そんなカミーユを無視して、エーデルワイスは思考を巡らせる。
 だが、そこまで悩むこともなく、あるひとつの結論に達した。



「やっぱり、戦争かしら」



 聞けば、ロード・オールノートは、齢七歳にして中級魔術を扱えるほどの腕らしい。
 学院で腐らせておくのはもったいない才能だ。
 その才能を発揮できる環境を作ってやるのが、先人であるエーデルワイスやカミーユの仕事というものだろう。

「魔術も、技術も、思想も、人を殺し、人に殺されることで初めて優れた領域にたどり着けるというもの。ロードくんには、頑張ってもらわないとね」

 まあ、その過程でロード・オールノートが死んでも何ら問題ない。
 愛する人を失ったアリスがどうなるか、エーデルワイスは既に知っている。
 それがエーデルワイスとカミーユにとって、非常に望ましい結果を生むであろうことも。

「ディムールに戦争を仕掛けるのはワタシも大賛成です。個人的に、お返しをしなければならない方々もいることですし」

「ああ、たしか精霊級魔術師と、ラル君? だったかしら?」

「ええ。彼らには死んでもらいます。よくもなんの罪もないワタシの子供たちを……」

 表情を歪め、苛立たしげにそう語るカミーユの姿に、エーデルワイスは珍しいものを見たような顔をする。

「そっか。じゃあ、その子達はちゃんと殺してあげないといけないわね」

「言うまでもありません。彼らはワタシが殺します。他でもない、この手で」

 カミーユがそう言っている以上、エーデルワイスが彼らに関わることはない。
 カミーユに狙われて命を落とさなかった者など、この世界には存在しないのだから。

「戦争の動機は……そうね。適当に王族でも殺せばディムールの奴らも逆上するでしょう。クレアちゃんか、……えーっと、誰だったかしらあれ、名前は忘れたけれど、たしかあと三人くらい子供がいたわよね。適当にそのうちのどれかを殺せばいいんじゃないかしら」

「いたような気がしますね。ワタシも名前は忘れましたが」

 戦争のきっかけなどというものは本当はどうでもいいのだが、国と国の戦争である以上、それ相応の理由を用意しなければならない。

「女の子は咲かせたらそれで終わりだから楽なんだけど、男の子はそういうわけにもいかないから、兄か弟のほうにしておきましょうか」

「ワタシとしては殺すのはどちらでも構いませんが、心の臓はワタシに頂けませんか? 『精霊の鍵』を使用するためには、それ相応の供物が必要なので」

「もちろんあげるわよ。……ああ、でも条件を満たしているかはわからないわよね?」

「もちろん、頂く前に本人に確認は取りますよ。万が一間違ってしまっては目も当てられないですからね」

 基本的に、何かの供物というのは、性交渉を行っていない子どもの心臓でなければならない。
 まして『精霊の鍵』のような贄を求める霊具ともなると、相応の家柄の供物でなければ、逆に使用者の命が危うい。

「『精霊の鍵』が要求する供物はいくつなのかしら?」

「三種以上の王族のものを合わせて、最低でも百の心臓が必要ですね」

「あら、意外と少ないわね」

 世界の扉を開く、という強大な力を有している割には、良心的な霊具と言えるだろう。



 それから、エーデルワイスはカミーユとしばらく話をした。
 だが、やがてカミーユが何かを思い出したような表情を浮かべて、席を立った。

「それでは、ワタシはそろそろお暇させていただきます。色々とやることも溜まっているので」

「あら、もう行っちゃうの? 寂しいわね……」

 エーデルワイスにとって、気兼ねなく同じ立場から語り合える友人は貴重なものである。
 カミーユは、数少ないその内の一人だ。
 そして、アリスもその内の一人だった。

「寂しいから、適当にその辺の男でも食べようかしら」

「……あなたこそ、その無差別に男を食い散らかす癖、なんとかならないのですか?」

「無差別にじゃないわ。ちゃんと相手は選んでるもの」

 エーデルワイスは、しっかりと相手の顔と能力を選んで行為に及んでいる。
 そして、エーデルワイスと行為に及んだ者は、皆等しく夢のようなひとときを過ごすことができるのだ。

「わたくしとの子孫を後世に遺せることが、どれだけ名誉なことなのか、あなたにはわからないのかもしれないけど……」

「そうですね。少なくとも、ただ一人、この世界で彼だけを愛し、彼だけに愛されているワタシには理解できない考え方です」

 そう言い残して、カミーユは行ってしまった。

「あらあら。つれないわね」

 一人食堂に残されたエーデルワイスは、瞳を閉じた。
 浮かんでくるのは、かつての親友の姿。
 全身を血と臓腑に塗れさせながらも、ただ延々と殺戮を繰り返していた、『終焉の魔女』――その在りし日の姿に、心の底から懐かしさがこみ上げてくる。



「――『私は世界のすべてが憎い』、か」



 それは、かつてアリスが事あるごとに口にしていた言葉だ。
 その言葉の一つ一つに、これ以上ないほどの憎しみを込めていた、旧友の口癖。

 再会の予感がする。
 きっとこの道の先に、変わってしまった旧友の姿がある。
 それを元のあるべき姿に戻すのもまた、親友としての務めなのだと、彼女は自身に言い聞かせた。



「ああ、あなたに会える日が今から待ち遠しいわ、アリス」



 そう言って、エーデルワイス・エノレコート――『色欲』の魔術師が微笑む。



 運命の歯車は、再び回り始めた。



「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く