寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第39話 カタリナのプレゼント作戦 後編


「そういえば、ロードさまはお店で何か買われるんですか?」

「ああ、そうだね。せっかくだし、ラル君へのプレゼントでも買っていこうかな」

 ロードさまと一緒にやってきたのは、王都でも指折りの、お店がたくさん並んでいる通りです。
 このあたりで、ラルさまへのお誕生日プレゼントを選ぼうと思っていましたが……キアラさんへ相談したことで、第一希望のものは決まってしまいました。

「カタリナちゃんは、予算はどれくらいで買おうと思っているのかな?」

「えっと、銅貨が二十五枚あるので、それ以内に収めないといけないですね」

 このお金は、ラルさまと一緒にダーマントル地方へ行っていたときに、村の皆さんの手伝いをしていたら頂いたりしたものです。
 別にお金のためにやっていたわけではないのですが、ラルさまが普通に受け取っていたので、カタリナも感謝して受け取っておくことにしました。

 それを聞いたロードさまは、少し考え込むそぶりを見せて、

「なるほど。それだけあるなら、けっこういいものが買えるだろうね」

 ロードさまにそう言われて、ほっとしました。
 カタリナだけでは、貴族の方のお金の判断基準がわかりませんでしたが、ロードさまがそう言うのなら大丈夫そうです。

「よし、じゃあ早速いこうか。僕としては装飾品とか服とか、そのあたりが無難だと思うんだけど、僕のプレゼントがカタリナちゃんのと被ったら元も子もないしね」

「あ、すいません。ちょっといいですかロードさま?」

 そう言って歩き出そうとしたロードさまを、カタリナは呼び止めました。

「ん? どうかしたのかい?」

「実は、あのあと一人で考えて、こういうのがいいんじゃないかっていうプレゼントがあるんですけど……」

 一人で考えた、というのはもちろん嘘です。
 本当はキアラさんとものすごく相談しました。
 それで、手持ちのお金でラルさまを一番喜ばせられるのはこれしかない、という結論に至ったんです。

「へえ。どんなプレゼントなの?」

「はい、えーっとですね……」

 カタリナは、ロードさまにそのプレゼントのことを話しました。
 それを聞いたロードさまは、感心したような顔をして、

「なるほど。それならお金もそれほどかからないし、ラル君もきっと喜ぶだろうね」

「わぁ、そう言ってもらえて嬉しいです!」

 ロードさまの言葉を聞いて、ホッとしました。
 ロードさまのお墨付きがあれば、きっとラルさまも喜んでくれるに違いありません。

「でも、時間は大丈夫? それ、何げにけっこう時間をとられると思うんだけど……」

 ロードさまが心配そうにカタリナのことを見ていますが、心配は無用です。
 こう見えても、カタリナは強いのですっ。

「大丈夫です。なんとかしますので」

「そ、そっか」

 ロードさまは何故か一歩引いた様子で、カタリナの話を聞いていました。

「それなら、僕が知っている店の中で一番いいのは……あそこかな。値段もそこまで高くないし、カタリナちゃんの欲しいものは手に入るはずだよ」

「そうなんですか? それじゃあ、あのお店に行ってみてもいいですか……?」

「もちろん。僕が提案しておいて断るはずないよ。初めて入るお店となると、何かと不安がつきまとうものだしね。それじゃあ行こう」

 ロードさまは笑いながら、カタリナのことをエスコートしてくれます。
 その姿を頼もしく思いながら、カタリナはロードさまの背中を追うのでした。



 そして、ラルさまのお誕生日がやってきました。

 この日だけは、フレイズさまもヘレナさまもミーシャさまも、王都にあるラルさまのお家にいらっしゃいます。
 フレイズさまたちをお出迎えするために、いつもより一層厳しいお掃除が行われました。

 それが終わると、今度は夕食を作ります。
 ガベルブック家は家族内だけでお誕生日をお祝いするために、お料理は少なめです。

 とはいえ、今日はラルさまのお誕生日。
 カタリナも、腕によりをかけてお料理を作――るのはまだ任せてもらえませんが、たくさんお手伝いしました。
 ラルさま、喜んでくれたらいいなぁ。

 そうしているうちに、フレイズさまたちが、このお屋敷に到着したようです。
 早速お出迎えに向かいます。

「おお、カタリナか。元気そうだな。また少し身長が伸びたんじゃないか?」

「はい! 順調に成長中です!」

 最初はカタリナのことを見る目に複雑な色を帯びていたフレイズさまも、今ではまるで我が子のようにカタリナのことを可愛がってくださいます。
 その大きな手に頭を撫でられるくすぐったい感触に目を閉じていると、今度はヘレナさまからも声をかけられました。

「あら、カタリナちゃん! 久しぶりねー。元気にしてた?」

「元気ですよ! ヘレナさまは大丈夫でしたか?」

「大丈夫よ。それに、もうすぐ生まれるわ」

 そのお腹は、だいぶ大きくなっています。
 ヘレナさまは、お腹を撫でながら慈しむような顔をしていました。
 そんなヘレナさまの肩を、フレイズさまがそっと抱き寄せます。

 その姿が、とても羨ましく思えました。

「カタリナ。もう準備はできているんですか?」

「はっ、そうでした! ありがとうございますミーシャさま!」

 ミーシャさまの一声で我を取り戻したカタリナは、急いで屋敷の中へと戻ります。
 お誕生日のお祝いは、始まったばかりでした。



「ラル、お誕生日おめでとう!」

「ラル、おめでとう!」

「ラルフ様、おめでとうございます」

「ラルさま、お誕生日おめでとうございますっ!」

「あ、ありがとう……なんかみんなに一斉に言われるとすごい照れくさいですね」

 そう言って、ラルさまは翡翠色の瞳を嬉しそうに細めます。
 その姿を見て、また胸の奥が燃え上がるような感覚がありました。

 お誕生日のお祝いは、そのまま和やかに進んでいきました。
 最近は実家のほうに帰ることも多いラルさまですが、その話題は尽きることがありません。

「やっぱり、みんなが作ってくれた料理は美味しいな」

「本当ですか? ありがとうございます!」

 ラルさまの近くにいたメイドさんが、嬉しそうな声を上げています。
 そ、そうですよね。
 料理の一品も満足に作らず、お手伝いだけしていたカタリナなんて、そんな褒められた存在ではないのです。
 だから、ラルさまによしよしって褒めてもらえないのも仕方ないのです。

「カタリナも、ありがとな」

「あっ……」

 ラルさまに頭を撫でられて、顔が真っ赤になっていく感覚がありました。
 どうしてか、涙が溢れそうになります。
 胸の奥から沸き上がってくる、これはなんなのでしょうか。
 ……すごく切なくて、苦しいです。

「……? カタリナ? 大丈夫か?」

「はっ、はひ! 大丈夫ですっ!」

 心配そうにカタリナの顔をのぞき込むラルさまの顔を直視して、びっくりしてしまいました。
 今、カタリナの口から明らかに変な音が漏れましたが、ラルさまは軽く流してくれました。
 ……やっぱり、ラルさまは優しいです。

 そして、そろそろお料理もなくなってきたころ。
 例年通りなら、プレゼントを渡すくらいの時間帯です。

 カタリナも、どきどきしてきました。
 ラルさまはカタリナのプレゼントを見て、喜んでくれるでしょうか。

 そんなことを考えていると、フレイズさまが、おもむろに背後から何かを取り出しました。

「ほら、ラル。プレゼントだ」

「わぁ! ありがとうございます、父上!」

 ラルさまが、嬉しそうな声を漏らします。
 フレイズさまからのプレゼントは、立派な剣でした。
 カタリナには、どこがどうすごいのかはよくわかりませんでしたが、ラルさまが思わず息を漏らすくらい、とにかくすごそうな剣です。

「お前が魔術師としての研鑽を積んでいるのは知っているが、剣士としての接近戦を学んでいたことを忘れないでほしいと思ってな。……けっこう貴重な素材を使ったものだから、大事に使ってくれよ?」

「はい! 大切にします!」

 ラルさまは満面の笑みで、その剣を大事そうに謎の空間にしまいました。
 あの黒い穴のようなものは魔術によって作られている空間らしく、いつでもどこでも入れたり取り出したりできるのだとか。
 カタリナもちょっと欲しいです。

「はい、ラル。誕生日おめでとう」

「母様も、ありがとうございます!」

 ヘレナさまは、何かが入った袋をラルさまに渡していました。
 中に何が入っているのか、まだわかりません。

「開けてもいいですか?」

「ええ、もちろん」

 ヘレナさまが見守る中、ラルさまは袋を開けました。

「あっ……」

 カタリナは、思わず声を漏らしていました。
 だって、その中から出てきたのは……、

「手作りの帽子とマフラーとセーターと……靴下まであるじゃないですか。すごいですね」

「うふふ。ラルのために頑張って作ったのよ」

 それらを見て、ラルさまが感嘆の声を漏らします。
 それもそのはず。
 ヘレナさまが編んだそれらの衣服たちは、模様まで織り込んである、街中で売っていても思わず手を伸ばしてしまいたくなるような、そんな魅力に溢れていました。

「…………っ」

 だから、カタリナはラルさまの前にプレゼントを出すことができません。



 だって、ヘレナさまのプレゼントは、カタリナのプレゼントと全く同じだったから。



 しかも、見た目からして全然違いました。
 微妙に左右の大きさが違うカタリナの靴下とは違い、ヘレナさまが編んだ靴下は普通に売り物になるくらい美しい仕上がりでした。
 それに、カタリナが編んだのが小さな靴下だけなのに対し、ヘレナさまはさらにセーターやマフラーまで編んでいます。
 比べることすらおこがましいと思いました。

「――っ」

 こんなものを、ラルさまに渡そうと思っていた自分自身が悲しくなり、涙が溢れそうになります。
 なんだか、息が苦しくなってきました。

「ごめんなさいラルさま……少し気分が悪いのでお部屋に戻らせていただきますね」

「え? カタリナ、大丈夫か? オレの誕生日だからって、無理させすぎちゃったか?」

「っ――」

「おい、カタリナ!?」

 耐えきれなくなり、気がつくとカタリナは走り出していました。

「……っ、うぅ……」

 廊下を走りながら、涙がぽろぽろと溢れだします。
 こんな顔、ラルさまには絶対に見せられません。

 自分の部屋に駆け入り、ベッドに突っ伏しました。

「……っ……ううっ……うぅ……」

 しゃくり上げる声と鼻水で、自分でも何がどうなっているのかよくわかりません。

 どうしてこんなに悲しいのか。
 どうしてこんなに苦しいのか。

 なにをすれば、この悲しみは、この苦しみは終わってくれるのか、見当もつきませんでした。



「――あーあ、もう、シーツがびちゃびちゃじゃねえか。後で洗濯しないとな」



「……え?」

 顔を上げると、目の前にラルさまがいました。

「――っ!」

 すぐに顔を下ろします。
 こんな涙と鼻水でぐちゃぐちゃになった顔なんて、ラルさまには見せられません。

「おいカタリナ」

「……な、なんですか?」

「お前、リビングに何か忘れてたけど、これもしかして、オレへのプレゼントか?」

 ラルさまの手に握られているものを確認するために、少しだけ顔を上げました。

「それは……っ」

 ラルさまの手に握られていたのは、紛れもなく、カタリナがラルさまにプレゼントしようと思っていたもので。

「オレへのプレゼントなら、開けてもいいよな?」

 そんなことを言って、ラルさまはプレゼントの包装紙に手をかけました。

「やめて! 開けないで……っ」

 でも、ラルさまはその手を緩めてはくれませんでした。
 ビリビリと包装紙を破――くかと思いきや、存外丁寧な手つきでぺりぺりと包装紙をめくっていき、

「あー、やっぱりか」

 ラルさまのそんな声が聞こえた瞬間、恥ずかしくて死んでしまいそうでした。
 薄目を開けて見たラルさまの手には、カタリナが編んだ靴下が握られていました。

「ラルさま、お願いですからそれを捨ててください」

「は? なんでオレのもんを捨てろって、お前に命令されなきゃいけねえんだ?」

 しかしラルさまはカタリナの声を無視して、なぜかカタリナのベッドへと腰掛けました。
 そして今履いている靴と靴下を脱ぐと、カタリナが作った靴下を履き始めました。
 そして、

「あー。左右がちょっと揃ってねえな。それに糸もほつれてる」

「うぅ……」

 自分でも自覚していて直せなかった部分を指摘されて、カタリナはまた泣きそうになります。



「でも、ありがとう。すごく嬉しいよ、カタリナ」



「――ふぇ?」

 思わず喉から変な声が漏れました。
 ラルさまは、ベッドに腰掛けながらカタリナのほうを向くと、

「お前、プレゼントが母様と被ったからって遠慮したんだろ?」

「――っ!?」

 内心を言い当てられて、カタリナは驚きに目を丸くしました。

「どうして……」

「母様からプレゼントを受け取った後のカタリナの態度と、置き去りにされたプレゼントを見たら嫌でもピンとくるわ」

「あぅ……」

 コツンと頭をつつかれて、カタリナは涙目になります。
 あれ……?
 カタリナは、いつの間に泣きやんだのでしょうか。

 ゴシゴシとシーツで顔を拭いて、カタリナはラルさまのことを見つめます。

「まあたしかに、あれを見たあとにこれを出すのはカタリナにはちょっとキツかったよな。母様のはオレの目から見てもすごかったから」

 カタリナの行動に、ラルさまは怒ることなく同意を示してくれます。
 正面からカタリナの靴下のほうが下手だと言われているにもかかわらず、全然嫌な気持ちはしません。

「でもな、お前にいくら捨てろって言われても、オレは絶対にこれを捨てない。なんでかわかるか?」

 カタリナはふるふると首を横に振りました。
 どうしてラルさまがカタリナが編んだ靴下なんかを履いてくれるのか、見当もつきませんでした。

「この靴下にはな、お前の想いが詰まってるからだ」

「え?」

「そもそも、奴隷が主人の誕生日にプレゼントを用意する必要なんてないんだよ。それなのにわざわざこんなものまで用意してくれたってことはさ、それだけオレの誕生日を祝ってくれる気持ちがあったってことだろ?」

 たしかに、カタリナはラルさまに誕生日を精いっぱい楽しんでもらいたくて、頑張ってきました。
 ラルさまの喜んでいる顔が見たくて、ラルさまに褒めてもらいたくて、それだけを考えて……。

「でも、それは当たり前のことなんです。ラルさまはカタリナにいっぱいのことをしてくれたんです」

 奴隷として買い取ったカタリナに、付きっきりで勉強を教えてくれて。
 カタリナが寝込んだときには、甲斐甲斐しく看病してくれて。
 キアラさん以外は誰も知らない、ラルさまの秘密を教えてくれて。
 それ以外にも、数え切れないほどの思い出があって。

「いいんだよ、カタリナ。今はただ、オレからの感謝の気持ちを大人しく受け取っとけ」

「でも……」

「でももへったくれもあるかよ。お前になんと言われようと、オレはずっと、今日貰ったこの靴下を大切にするからな」

 どうして、この人はこんなに優しいんでしょうか。
 どうして、この人を見ていると、カタリナの心は震えるのでしょうか。

「それと……ありがとう、カタリナ。オレのことをそんなに大切に想ってくれて」

 そう言って、ラルさまがカタリナのことを抱きしめます。
 最後の言葉は、ラルさまも少しだけ顔を赤くしていました。

「……っ」

 温かな感触が、全身に触れました。
 心臓の鼓動が、カタリナのほうにまで伝わってきます。

 本能のままに、ラルさまの後ろに手を回しました。
 近かった身体が、さらにきつく密着します。

 この感覚は、前にも感じたことがありました。
 あれは、そう……ラルさまが自分の秘密について話してくださったときと、とてもよく似ています。

「…………ぁ」

 その瞬間、ようやくカタリナは、この気持ちの正体に気が付きました。
 嫌でも、この気持ちに気付かずにはいられませんでした。

 ああ、そっか。


 カタリナは、ラルさまのことが好きなんだ。



「んっ――」

 カタリナのことを抱きしめて、顔を赤くしたままのラルさまに、不意打ちでキスしました。
 目の前にいるこの人が、愛おしくてたまりませんでした。

「ラルさまぁ……」

 何も考えずに、愛しい人の名前を呼びました。

 頭がぼーっとします。
 胸の奥のほうが熱くなって、顔がぽっぽと火照っているのがわかりました。
 それでも、カタリナはキスをやめません。

「ちょ、待ってくれカタリナ。まだ下にフレイズたちが――」

 静止の言葉は耳に入りませんでした。
 今、カタリナの世界にはラルさましかいませんでした。

 ラルさましか見えません。
 ラルさましか聞こえません。
 ラルさましか感じません。

 だから、この言葉も喉の奥から自然に飛び出してきました。

「好き」

「――っ!!」

 カタリナのその囁きは、ラルさまを動揺させるのに十分だったようで、

「待てカタリナ。それはヤバい。オレの理性なんだと思ってんの」

「ラルさまは、カタリナのこと好きじゃないんですか……?」

 ラルさまは、しばらく口をパクパクさせていましたが、やがて観念したのか、その言葉を口にしました。

「好き……だよ」

「……ほんと?」

「嘘ついてどうするんだよ」

 もう一度、カタリナはラルさまにキスをしました。
 何度しても、この気持ちを伝えられそうにありませんでした。

「ラルさまぁ……好きです……大好きですっ……」

「カタリナ……っ」

 カタリナとラルさまはベッドの上で抱きしめ合って、ずっとそのままでした。
 そして、お互いの唇に顔を近づけて――。



「はぁ……はぁ……ラルさまぁ……っ」

「カタリナ……カタリナ……」

 ……いつまでそうしていたのでしょうか。
 全身汗まみれで絡み合っていたカタリナとラルさまは、部屋のドアが開いているのに気づきませんでした。



「……あー、うぉっほん」



 ドアのほうからそんな声がしたのは、カタリナとラルさまがお互いの耳を甘噛みし合っていた最中でした。

 フレイズさまが、ドアの前に立っていました。

「と、とうさま!?」

 これにはラルさまも相当慌てたようで、

「……ラル。そこに正座しなさい」

「はい」

 ラルさまは俊敏な動きで、ドアの前に正座しました。
 ここまで素直に人の言う事を聞くラルさまを、カタリナは初めて見たかもしれません。

「いや、私も初めのほうは、奴隷なんて許せんと思っていたのだがな。今までのカタリナの様子を見て、考えを改めていたのだ。カタリナがこの上なく幸せそうだったからな。奴隷というものも、買う者の心次第でここまで違うものかと、逆に関心させられたものだ。正直に言ってしまえば、カタリナがこのままラルのことを好きになれば、そのまま恋仲になるのもいいのではないかと考えているとも。貴族同士の外聞はもちろんあるし、昔は私もヘレナも、ラルはどこかしらの貴族のお嬢さんと結婚させるのが妥当だと思っていたさ。だが、ラルがそれを望まないでカタリナちゃんと添い遂げる覚悟があるのなら、私もヘレナも、ラルに何も言うつもりはなかった。二人の未来を応援するつもりだったさ。ただな、そういう関係になるにしても、いくらなんでも八歳は早すぎる。せめて十二歳を超えてからにしなさい。わかったか?」

「はい、わかりました。申し訳ありません。返す言葉もございません」

 フレイズのまくし立てるような、しかし静かなお説教に、ラルさまが平謝りしていました。

 カタリナはそのまま眠ってしまったのですが、後でラルさまから聞いた話だと、フレイズさまのお説教は、朝日が昇るまで続いたそうです。



 でも、朝までお説教されたラルさまには悪いですけど、カタリナはとても幸せでした。
 ラルさまと両想いだとわかっただけで、フレイズさまにラルさまとの結婚まで認められていたというだけで、カタリナはもう天にも登る気持ちです。

 ……そんなふわふわした精神状態だったせいか、その日の翌日はお皿を何枚も割ってしまいました。
 き、気をつけます……。

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く