寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第41話 3年後




 五年生になった。

 オレは十一歳になっていた。
 特に大きな事件もなく、穏やかな日々が続いている。



 そんなある日。

「……そろそろ、身長追い抜かされそうだね」

「えっ?」

 オレがいつものように学院に行く準備をしていると、背後からキアラに声をかけられた。

「ほら、もうちょっとでラルくんのほうが高くなるよ」

 キアラがオレの目の前に立ち、自分の身長とオレの身長を比較する。

「おっ」

 本当だ。
 いつの間にか、キアラと同じぐらいの身長になっていた。
 というか、

「これ、微妙にオレが勝ってないか?」

 姿見の前に移動し、キアラと横に並ぶ。

「い、いや? まだ私のほうが上だもん」

「地面から浮いて身長を水増ししてんじゃねぇ! ほら、やっぱりもうオレのほうが高いじゃねーか」

 不正を見破り、駄々をこねる幽霊の頭を押さえつけると、やはり既にオレのほうが高かった。

「うう……ひどいよラルくん。頭痛いよぉ……」

 キアラが、オレに押さえつけられた頭をさすりながら、半泣きで抗議する。

「知らねえよ。勝手にやってろ」

「うぅ……ラルくんが冷たい……」

 そうぼやきつつ、ベッドに腰掛けるキアラ。
 目に涙を溜め、割と本気で落ち込んでいるように見える。
 その痛ましい姿に、さすがのオレも良心が傷んだ。

「……あー、わかった。オレが悪かったから機嫌直してくれ」

 そう言って、キアラの頭を優しく撫でる。
 一本一本が細いサラサラの緑髪は、とても触り心地がいい。

「んっ――」

 キアラは気持ちよさそうに、されるがままになっている。
 その様子がどこか猫に似ていて、思わず少し笑ってしまった。

「もう、なんで笑うの?」

「いや、なんか動物みたいだなって思って。こうやって気持ちよさそうに撫でられてるのが」

 くしゃくしゃと頭を撫でても、キアラは嫌がるどころか自分から頭を手にすり寄せてくる。

「だって、気持ちいいんだもん。ラルくんの手つき優しいし」

「そりゃ、優しくしてるからな」

 オレが押さえつけてしまった部分を中心に、いたわるようにキアラの頭を撫で続けている。
 というか、この撫でる感触がけっこう心地いいのだ。
 思わず、ずっとなでなでしていたくなってしまう程度には。

「いや、でもそろそろ学院行かないとな」

 名残惜しいが、キアラの頭から手を離した。
 キアラはしばらく「むー」と唸っていたが、やがて表情を明るくして、

「わかった。できるだけ早く帰ってきてね」

「今日はどうしたんだキアラ。いつになく甘えん坊だな」

「今日はそういう気分なのです」

 芝居がかったようにそう言い残して、キアラはオレのベッドへと突っ伏し、

「あー、ラルくんの臭いがしゅる……ふへへへへ……」

「…………」

 いや、あれは突っ伏しているわけではない。
 あの体勢で微妙に浮いている。
 なんというか、苦しくないのだろうか。

「はぁ……」

 なんとなく気疲れしながらも、オレは朝食が用意されている一階へと足を向けた。



「あ、ラルさま! おはようございます!」

「おはよう、カタリナ」

 掃除をしているカタリナに、朝の挨拶をする。

「ふむ……」

 朝食のサンドウィッチに舌鼓を打ちながら、オレは一生懸命掃除をしているカタリナのほうを見た。
 キアラの身長の話で思い出したが、いつの間にかカタリナとも若干の身長差がついている。
 昔はほとんど変わらないぐらいだったのだが、月日の流れというものは早い。

 外見も、カタリナを引き取った当初は幼女だったが、順調に少女へと成長している。
 仮に学院に通ったら、美少女として有名になるんじゃないか、と考えてしまう程度には可愛いと思う。

「あ、ラルさまー。ロードさまたちがいらっしゃいましたよー」

「わかった。すぐ行くって伝えといて」

「わかりましたー!」

 朝食を腹の中へと収め、身だしなみを整える。
 さすがに十一年も鏡に向かい合っていると、この銀髪翠眼のイケメンフェイスにも慣れてきた。
 今日もバッチリ決まっていることを確認したオレは、玄関先へと向かう。

「悪いロード。遅くなった」

「まあ、いつものことだからね……。おはよう、ラル君」

 少し呆れたような表情を浮かべながらも、そう挨拶を返してくれる我が親友ロードは、今日も相変わらず美少年していた。

「ガベルブックさん、おはようございます!」

「おはようございます!」

「ああ、おはよう」

 オレに挨拶をしてきたのは、ロードの取り巻き達だ。

 ロードは、いつの間にか子分を引き連れるようになっていた。
 とはいえ、別にジャイ○ンのように横暴に振舞っているわけではない。
 現在のロードはかなりのイケメンに育ち、相変わらず成績もトップクラスなので、学内での評判も上々だ。

 たしかロードは、無属性以外の中級までの魔術なら、無詠唱で使用できるようになっていたはずだ。
 詠唱ありならほぼ全て上級魔術も使え、さらに土属性は後もう少しで皇級に届くというところまで来ている。
 その成長は目覚ましい。

 ただ、最近は女の子の取り巻きも増えており、何人かに手を出した、という噂もある。
 本人に聞いてもはぐらかされたので、もしかしたら本当に手を出したのかもしれない。

 ……なんか、昔と比べて何を考えているのかわからない時が多くなったような気がする。
 何が変わったとは言いにくいが、何かが変わった。

「それじゃ、行こうか」

「ああ」

 そんなことを考えてはいるものの、多少変わったところでロードはロードだ。
 オレたちは他愛もない雑談を繰り広げながら、学院へと向かった。



「あ、おはよう! ラル、ロードくん!」

「おはよう、クレア。ダリアさんも」

「おはようございます、クレア様、ダリアさん」

「おはようございます。ラルフ様、ロード様」

 教室に着くと、クレアとダリアさんに挨拶をされた。
 クレアは、オレたちより先に教室に着いていることが多い。

 そういえば、クレアも風属性と火属性魔術は上級に達することができていた。
 オレやロードの影に埋もれてしまっている感じは否めないが、素晴らしい才能だ。

 いや、クレアの場合、努力によるものが大きいか。
 アミラ様の指導の元で、クレアは血の滲むような努力を重ねているからな。
 今はまだわからないが、もしかしたら、風属性ならロードと同じく皇級までいけるかもしれない。

 もちろん、成長は魔術だけにとどまらない。
 成績は相変わらず学年トップクラスの座をキープしているし、外見もかなり変わってきた。
 髪は肩にかかるくらいの長さになり、顔立ちも王族としての気品に溢れた凛々しいものになりつつある。

 あとアレだ。ちょっと胸が膨らんできたね。
 カタリナを見る限り、今のところ胸に変化は見られないのだが、クレアのそれは明らかに少しずつ成長していた。
 とはいえ、制服の上からなのでけっこうわかりづらい。

「ラルフ様、クレア様の胸を見て発情するのは研究室に行ってからでも遅くはないかと」

「ふぇっ!?」

「と、突然何を言い出しているんですかダリアさん。やだなぁ、もう。僕がクレアの胸なんて見るはずがないじゃないですか」

 突然のダリアさんの指摘に、オレは冷静に対応する。
 なんかクレアが変な声を上げていたが、聞かなかったことにしてやろう。

「いや、今明らかに見てたよね」

「気のせいです」

 ロードからの追撃を華麗に躱し、オレは自分の席に腰掛ける。
 さて、一限の授業はなんだったかな……。

「ラ、ラル……」

「ん? どうしたクレア」

 クレアは、両手で恥ずかしそうに胸を押さえていたが、やがて真っ赤にした顔を上げて、

「み、見たかったら、見ても……いいよ?」

「あの、クレアさん。あなた、ここがどこなのかわかってるんですかね?」

 学校で、そんな破廉恥な。
 せめて放課後とかにだな……。

「イチャイチャするのはその辺にしておいたらどうだい? もう授業が始まるよ」

「お、おう」

「はぅ……」

 ロードのそんな指摘に納得し、オレたちは自分の席に戻るのだった。



 そして放課後。

「ほら、僕が昔言った通りだろう? クレアの胸は順調に成長中だ。安心していい」

「ええ、クルトさんの言った通りでした。さすがです」

 目の前でサムズアップするクルトさんが、とてもいい笑顔を浮かべている。
 師匠と呼ばせてもらおう。

 今日は、クルトさんもアミラ様の研究室に来ている。
 無論、頑張るクレアの姿をその網膜に焼き付けるためにほかならない。

 初めてクルトさんがアミラ様の研究室に来た時以来、こうしてやってくることが多い。
 もちろん二回目以降はお忍びなどではなく、しっかりとヴァルター陛下の許可を得て、護衛付きで来ている。
 無断で王城を抜け出してきたのを、アミラ様に咎められたのが効いたのだろう。

「そういえば、ラル君は魔術の鍛錬をしなくてもいいのかい?」

 オレと談笑しておたクルトさんが、ふと思い出したようにそう尋ねてくる。

「ええ、僕は今日はいいです」

「なんでだい? あんまり余裕ぶってたら、ロード君やクレアに抜かされるかもしれないよ?」

「今日はいい、というより、今日はもうできないんですよ。僕も練習できるなら練習するんですけどね」

 クルトさんはそう言うが、仕方ないものは仕方ないのだ。

「ん? 何か練習できない理由でもあるのかい?」



「皇級の魔術は、そう何度も何度も発動できるものでもないですからね。あまり使いすぎると周りの精霊たちが全て休眠状態に入ってしまいますし」



 そう。
 オレはついに、皇級の魔術を使えるようになったのだ。

「お、皇級か。その歳でそれはすごいな……」

 クルトさんは目を丸くしている。
 まあ、無理もないことだろう。
 十一歳で皇級に到達した者など、いまだかつて現れたことがなかったのだから。

 というか、実はオレはもう精霊級の魔術も扱える。

 あまりおおっぴらにするとマズイことになるかもしれないので言っていないが、今のオレはアミラ様とほとんど同じぐらいの実力を有している。
 その事実を知っているのは、今のところアミラ様とキアラだけだ。

 いざというときには申し出ようとは思っているが、ただでさえ目立っているのに、さらに自分から目立ちに行くこともないだろうという判断だ。

 ちなみに、風属性、火属性、水属性、土属性の四つが精霊級に達しており、光属性と闇属性は上級、無属性は中級のままだ。
 これだけ見ると、光属性や闇属性の魔術の鍛錬をしたほうがいいのではないかと思うが、こちらは伸び悩んでいる。
 得意なものだけ練習してしまうという、オレの悪い癖が出てしまっているのだ。

 そういえば、精霊術のほうも色々なものを開発に成功した。

 まず、遠くにいる人間と話すことができる『テレパス』。

 これは、オレが魔力を込めた精霊結晶を媒介にして、同じ性質のものを持っている他人と、脳内で会話できるという優れものだ。
 欠点としては、所持している精霊結晶がなくなったり破壊されたりしたら使えなくなることと、精霊結晶自体がものすごく高価であることだろう。

 それでも、遠くにいる人間と会話ができるというのは大きいらしく、アミラ様にこの精霊術のことを話したら「……これのことは、絶対に誰にも喋ってはならんぞ」と念を押された。
 まあ、オレが軍の人間なら、これの利用方法などいくらでも考えつく。
 国には悪いが、オレはこの力を大切な人たちを守るために使わせてもらおう。

 と、いうわけで、オレと親しい人間たちには、オレが魔力を込めた精霊結晶を加工して渡してある。
 女性たちにはネックレスとして、男性たちには腕輪として。
 パッと見では、ただの装飾品にしか見えないことだろう。



 あと、精霊術を駆使して、空を飛べるようになった。



 今までなにげに空を飛ぶことはできなかったので重宝している。いや、ほとんどやらないけど。
 去年の夏、ダーマントルに遊びに行った時にカタリナとキアラと一緒に飛んだが、ものすごく楽しかった。
 カタリナは「下ろして! おろしてくださいいいいい!!」と言って終始泣き叫んでいたが、いい思い出になったことだろう。

「あ、ラル君。やっぱり公式の行事って髪型とかしっかりしていったほうがいいのかな?」

 クルトさんの髪は、男の割にけっこう長い。
 本人が短髪を嫌うためらしいが、若干クセがある前髪がうざいくらい伸びているのを見ると、邪魔ではないのかと気になることがある。

「え? そりゃ、整えたほうがいいとは思いますけど……何かあるんですか?」

 クレアの誕生日にはまだ早い。
 あ、公式の行事って言ってたな。
 じゃあクレアの誕生日ではないか。

「エノレコート王国と不可侵条約を結ぶことが決まってね。エノレコートの王城で行われるその会議に、僕も出席することになったんだよ」

「エノレコート王国との不可侵条約、ですか?」

 「うん」とクルトさんは頷く。

「まあわかりやすく言えば、『あなたの国とは戦争しないと宣言します』ってのを、エノレコートとディムールが公言するということだね」

 クルトさんが行く意味は、それだけ向こうのことを信用しているということを示すためだそうだ。
 それに数年前から、エノレコートの王族の特使が度々ディムールにやって来ているらしい。

「その特使さんなんだけどさ、めちゃくちゃ美人で気遣いができる人で、なにより、おっぱいが……すごく大きいんだ」

「クルトさん、おっぱい好きですね」

「当然だろう。おっぱいが嫌いな男など男ではない」

 なぜか知らない内に、外交問題からおっぱいの話になっていた。
 話を戻そう。

「というか、エノレコートとの関係がそこまで悪化していたんですか?」

 全然知らなかった。

「はっきり言って、もう少しで戦争までいくところだったよ。一世紀も前のことをまだ根に持っているらしくてね……」

 一世紀ほど前は、この大陸には大きく分けて四つの国があった。
 今は存在しない四つ目の国は、大陸北部のエノレコート王国と、中央部のディムール王国に挟まれたところに存在した、シェフィールド皇国。
 この国は元々ディムール王国の領土だったのだが、様々な事情があって独立したらしい。
 さて、なぜこの国が今は存在しないのか。理由は単純だ。



 この国が、『終焉の魔女』アリスによって滅ぼされたからである。



 当時のシェフィールド皇国の教皇はおろか、国民のほとんどが惨殺された。
 それを途中で止めたのが、『始祖』を自身の身体に降ろした当時のエノレコート王らしいのだが、確たる証拠がない。
 その後、シェフィールド皇国の領土はディムール王国が実質的に支配しているのだ。

 それ以降、エノレコートとディムールの関係はあまりよくない。
 エノレコートはディムールのことを、『始祖』の力で悪しき魔女から取り戻した地を横から奪い取った恥知らずと揶揄し、ディムールはエノレコートのことを、根拠のない言いがかりで自分たちの国の領土を奪い取ろうとする狂信者共と罵倒する。
 オレに言わせれば、どっちもどっちだと思うがね。

 人族が中心のディムールと、魔族が中心のロミードは、友好的な関係を築いている。
 まあ、雑多な種族の連合国であるロミードは、常に内乱の危険性を色濃く孕んでいるため、諸外国との関係を険悪なものにするわけにはいかないのだろう。

 だが、天族中心のエノレコートと人族は、仲があまりよくない。
 この大陸には、元々多くの国があった。
 それが統合され続けて今の国々になっているわけだが、エノレコートはこのドーガ大陸自体が自分たちの領土だと主張する狂信者たちの集まりなのだ。

 エノレコートの主張がぶっ飛んでいるのは、今も昔もそこまで変わらない。
 とはいえ、『始祖』の教えを順守し、日々を平穏に過ごしているだけの彼らは、オレたちに危害を加えてくることはない。
 まあ、『始祖』の教え自体はそこまで変なものではないし。

 でも、不安なものは不安なわけで。

「エノレコート城で、背後からいきなりブスっと刺されるとか、ないですよね?」

「あはは、小説の読みすぎだよラル君。貴族ってのは名誉を重んじる生き物だからね。不意打ちなんて卑怯な真似は絶対にしないさ。それに、エノレコートの歴史はあまりに長い。なにせ、自分たちは最初の人類である『始祖』の血を受け継いでるっていう誇りを持ってる連中だ。安心して僕の帰りを待っているといい」

「クルトさんがそう言うなら、僕は何も言いませんが……」

 心配なものは心配なのだ。

「あ、そうだ。よかったら、これを持って行ってください」

 オレは亜空間から、『テレパス』の腕輪を取り出した。

「ん? これは腕輪かな? 別に僕は誕生日ってわけでもないんだけど」

「それは僕が開発した『テレパス』という道具です。それを身につけていれば、起きているうちなら、お互いにいつでもどこでも連絡が取れます」

 オレがそれを実演すると、クルトさんが複雑な表情をして、

「……驚いたよ。まさかこんな技術が存在するなんて。君はたしかにクレアやロード君より一歩抜きん出ているとは思っていたが……まさかこれほどとは」

「絶対にほかの人には言わないでください。これを知っているのは、僕の友人や家族を含めても、ほんのひと握りしかいませんから」

「その中に僕を含めてくれたことが、本当に嬉しいよ。わかった。このことは他言無用だね」

 そう言って、クルトさんが腕輪を撫でる。
 ちょうどそのとき、研究室の扉が開いた。

「ラル! 今日は一緒に帰ろっ!」

「クレアか。おう、いいぞ」

 そう返すと、クレアは嬉しそうにはにかんだ。
 その後ろにはロードもいる。
 今日は久しぶりに、全員で帰ることになりそうだな。

 あれ以来、クレアのことを狙う奴は現れていないが、オレはいまだに目を光らせている。
 いつ、どんな奴がクレアを狙いに来るかわかったもんじゃないからな。

「それでは皆、また明日な」

「はい! 今日もありがとうございました、アミラ様」

 アミラ様に別れを告げて、オレたちは帰途につく。
 四人で談笑しながらの帰り道である。

「条約の締結、うまくいくといいですね」

「うまくいくよ。必ずね」

 クルトさんが穏やかに笑う。
 その表情からは、たしかな自信を感じ取ることができた。

 このままずっと、平穏な日々が続けばいい。
 そう思った。

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く