寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第52話 告白


「うっ……」

 オレが目を覚ましたのは、どこかの家の中だった。
 ベッドから身体を起こし、周りの様子を確かめる。

 ベッドの隣にあるこげ茶色の机以外は、特に目立つ装飾品もない、無骨な部屋だった。
 時間はわからないが、窓の外は暗いので、多分夜だろう。
 まだ季節的には初夏とはいえ、家の中はそれなりに暑い。

「……暑い、か」

 『能力解析』を使うと、オレに残された能力たちが目の前に表示された。
 初めてこれを見た時と比べても、その能力の数がかなり少なくなっているのがわかる。
 どうやら『暑さ無効』もそのうちの一つで、エーデルワイスに奪われてしまったようだった。

 水精霊と火精霊に頼んで、机の上に巨大な氷の塊を作ってもらう。
 とりあえず、まだ精霊術は使えるらしい。
 戦う力まで奪われなかったのは、不幸中の幸いだった。

 氷の塊が近くにあるだけで、だいぶ違う。
 オレがその冷たさに癒されていると、部屋のドアが開いた。

「……クレア?」

 そこにいるのは、間違いなくクレアだった。

 どうしてクレアがここにいるのか。
 そもそも、ここはどこなのか。

 そんなことを尋ねようと思って、オレはクレアが呆然とした顔をしているのに気がついた。

「……ラ、ル?」

 クレアはこちらに近づいてきて、「信じられない」とでも言うかのような表情で、オレの身体を撫でる。
 ここに生きているオレの命を、確かめるように。

「生きて、る……?」

「……? いや、生きてるだろ?」

 クレアの呟きにそう返事してから、あっ、と思った。

 オレはエーデルワイスに一度殺されたのだ。
 もしかしたら、こちらの世界では本当に一度死んでいたのかもしれない。
 そしてその死体を、クレアは見たのかもしれない。

「クレア、もしかしてオレは――」

 オレの言葉は、突然抱きついてきたクレアに遮られた。

「……よかった……本当に……っ!!」

 いつも気丈に振舞っているクレアが、オレの胸の中で年相応の女の子のように涙を流していた。
 オレの無事を喜んで、泣いてくれていた。

「……心配かけてごめんな、クレア。もう大丈夫だから」

「……死んじゃったかと思ったんだよ!? というか、ラルはついさっきまで死んでたんだよ!? 心臓も動いてなくて、身体も冷たくなってて……っ!」

 自らの中にある激情を吐き出すように、ぽろぽろと涙を流しながら、クレアが叫ぶ。
 やはり、オレは死んでいたのか。
 予想はしていたこととはいえ、かなり心にくるものがあった。

「もう、一人で戦おうとしないで……。頼りないかもしれないけど、お願いだから私たちにも戦わせて……」

「クレア……」

 泣きじゃくるクレアの頭を撫でながら、オレは思案する。

 ……どう答えればいいのだろうか。
 昨日までのオレなら、どう答えるべきだと思っただろう。
 でも、今、死の淵から舞い戻ってきたオレなら、その答えは一つだった。

「……オレは、弱い」

「え? そんなこと、ないよ。ラルは強い。それは私も、よくわかってる」

「いや、オレは弱いよ。オレ一人でできることなんて、たかが知れてる。――だから、みんなの力が必要なんだ」

 オレの言葉を耳にしたクレアが、顔を上げた。
 クレアは、信じられない言葉を聞いたような、そんな表情を浮かべている。
 それを見て、今までオレがどれだけ周りが見えていなかったのかを再認識した。

「オレは、みんなと一緒に未来を見たい。もう二度と誰一人欠けずに、みんなが幸せで笑い合えるような、そんな未来にたどり着きたい」

 だから、



「――だから、クレア。復讐なんてやめよう」



「……え? な、何言ってるのラル」

 クレアは、急に挙動不審になった。
 目に涙を溜めながらも、その声は少しだけ震えている。

「クルトさんを殺した奴に復讐したかったんだろ? だから、クレアはエノレコートの王都の近くにいた」

「――っ」

 どうやら図星だったようで、クレアは再び顔を伏せてしまった。

「復讐の先に、望んだ未来なんてやって来ない。オレにはそれがわかったんだよ。だから、オレはお前にクルトさんを殺した奴の名前を教えない」

 クルトさんを殺した狂人――エーデルワイスの姿を思い浮かべる。
 オレ自身も、エーデルワイスに一度殺されかけた。
 いや、殺されたと言っても過言ではないだろう。

 だが不思議と、もう憎しみは湧いてこなかった。
 それは、本当に大切なものが何なのか、わかったから。

「……でも! でも、あいつらはクルト兄さんを殺したんだよ!? クルト兄さんがどれだけ痛かったか……! クルト兄さんがどれだけ苦しかったのか、ラルは想像しなかったの!?」

 クレアが顔を上げ、オレに詰め寄る。
 その顔は、なお尽きることのない憎しみで埋め尽くされていた。

「あいつがクルトさんを殺した時、クルトさんが苦しんだのは事実だと思う。でもクルトさんは、今のクレアを見ればきっと悲しむよ」

「そんなこと――」

 ない、と言い切ろうとして、クレアの言葉は途中で止まってしまった。
 だって、クルトさんは、そういう人だったから。
 そして、クレアも。

「オレの知ってるクルトさんは、誰よりもクレアのことを考えている人だった。そんなクルトさんが、復讐に取り憑かれてる今のクレアの状態を見て、悲しまないって言いきれるか?」

「…………ずるい。そんなの、ずるい……」

「ああ。こう見えて、オレはずるい奴なんだ」

 クレアは泣いていた。
 でも、その涙はさっきまでのものとは確かに違っていて。

「だから、クレアもオレと一緒に来てくれ」

「……え?」

「オレが戦う理由は復讐じゃない。……オレは、オレたちの大切な人たちを護るために戦いたいんだ」

 復讐ではなく、大切な人を護るために。
 それは間違いなく、オレの戦う理由だから。

「そしてクレアにも、そうであってほしいって、オレは思う」

「――っ!!」

 オレの言葉を聞いたクレアの顔が歪む。

「……クレアは、さ。オレが死んだとき、どう思った?」

「……悲しかった。辛くて苦しくて……もう死んじゃおうかなって、思った」

 クレアがそこまでオレのことを想ってくれていたのは、純粋に嬉しかった。
 だからこそ、オレはクレアに言葉を続ける。

「もう、誰も死なせたくないって、そう思わないか?」

「……うん」

「どんなに努力しても、どんなに願い望んでも、過去は変えられない。絶対に、変えることなんてできない。……でも、未来は変えられる。未来を決めるのは、『今』のオレたちだ」

 クルトさんが死んだという『過去』は変えられない。
 でも、これから誰かが死ぬかもしれない『未来』は変えられる。

「だから、オレと一緒に、オレたちの未来のために戦ってくれないか?」

「……私なんかで、いいの?」

「クレアがいい。それに、クレアにしかできないことが、きっとある」

「……それなら私は、ラルと、一緒がいい」

 もう、クレアは泣いていなかった。
 瞳に強い光をたたえて、彼女は微笑む。

「私も、もう一つだけ、言ってもいい?」

「……いいよ」

「私は、ラルのことが好き」

「……うん」

「私は王族で、本当なら自分の愛してる相手と結ばれるなんて不可能な身分だけど、私はラルのお嫁さんになりたい」

 それは、あまりにも真っ直ぐな、クレアからの好意だった。
 そして、あまりにも強い決意をたたえた彼女の瞳を見て、オレは決めた。

「オレは、カタリナのことが好きだ。それに、あともう一人、幸せにしたいと思ってる女の子がいる。……この気持ちは、譲れない」

 カタリナと、キアラの顔が脳裏に浮かぶ。
 どちらも、オレが幸せにすると決めている女の子だ。

「……うん」

「……でも、もしそれでもいいってクレアが言ってくれるなら、オレは君の支えになりたい」

 都合のいい言い分だとは思う。
 身勝手な言い分だとも思う。
 でも、それが今のオレの、嘘偽りのない本心だったから。



「――それでも、いいよ」



 だから、クレアがそう言ってくれて、オレは本当に嬉しかった。

「ひゃっ!?」

 オレはクレアを抱きしめた。
 そして、改めて彼女に問いかける。

「本当に、これでよかったのか?」

「……いいの。ずいぶんと、遠回りしちゃったけど、これでいいの」

「……そっか」

 クレアがそれでいいと言うのなら、オレが言うことは何もない。
 クレアのことを抱きしめながら、オレはクレアの頭を撫でる。

「んっ……」

「ん? どうした?」

「……ラルに頭を撫でられるのって、すごく新鮮だなって思って」

「あー。そういやクレアの頭はあんまり撫でたことないような気がするなぁ」

「……だから、これからはたくさん撫でてほしいな」

「……お、おう」

 幸せそうな表情を浮かべながら、クレアが身をすり寄せてくる。
 その姿を見て、オレはようやくクレアと心を通わせることができた気がした。

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く