寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第88話 Chiara’s memory 1





 緑色の光の中で、オレはキアラの記憶を見ていた。



 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「――あーあー、擦り剥いてるし……。それに、服もこんなに汚しちゃって。お母さんに怒られちゃうよ?」

「オレのお母さんは、これぐらいじゃ怒らないからだいじょーぶだよ」

 ラルくんは憮然とした表情を浮かべながらも、腕の患部を撫でる水の感触に目を細めている。
 私はその傷口についた砂を洗い流しながら、呆れた表情を浮かべていた。



 ――ラルが、公園で乱闘を繰り広げている。



 半べそをかきながら私に助けを求めてきた■■の話を聞いて公園へとやってきたが、既に乱闘は終わっていた。
 ラルくんは、向かってきた子どもたちを全員ボコボコにして撃退していたのだ。

 まだ子どもだというのに、ラルくんの目つきは鋭く、危険な輝きに満ちていた。
 それはまるで、研ぎ澄まされた一本の刀のようだ。

「それで、なんでケンカなんてしたの?」

「だってあいつら、■■のことバカにしてるんだ。男なのに女みたいだ、って。だからオレ、あいつらのことゆるせなくて……」

「……そっか」

 私の弟――■■が、学校でいじめられているらしいというのは、ラルくんから聞いて知ったことだ。

 たしかに、私の弟は、姉である私から見ても女の子っぽい。
 それは、今年で小学三年生になる■■にとって大きなコンプレックスにもなっているし、周りの子どもたちからいじめられる大きな原因にもなっている。

 でも、私と■■の幼なじみであるラルくんは、いじめられている■■と仲良くし続けてくれていた。
 そのせいで、■■だけでなくラルくんへの風当たりも強くなっているようだが、彼はまったく気にしていないらしい。

 おそらくラルくんは何かのきっかけで、普段から溜まっていたフラストレーションがここで爆発してしまったのだろう。
 でもそれは、それだけラルくんが■■のことを大切に思ってくれていることの証拠でもあった。

「ありがとね、ラルくん」

「べっ、べつにキアラのためにやったことじゃないし!」

「はいはい」

 そう叫んで顔を赤くするラルくんを微笑ましく思いながら、私は願っていた。
 ラルくんが、ずっとずっと、■■の良き友達でいてくれますように、と。

「さあ、帰ろ?」

「……そうだね」

 公園にある水洗い場から離れて、私とラルくんは帰ることにした。
 もうそろそろ、家に帰らなければならない時間だ。

「痛っ!」

「どうしたの?」

 振り向くと、ラルくんが足首を押さえて地面にうずくまっていた。
 その顔を苦痛に歪ませて、何かを堪えるように口元を固く引き結んでいる。

「い、いや。だいじょうぶ」

 全然大丈夫そうではなかった。
 脂汗がひたいに浮かび、身体はプルプルと震えている。

「……それ、隠してたんだね」

「な、なんのことかな」

 ラルくんはすっとぼけようとするが、私の目は誤魔化せない。
 よく見ると、ラルくんの右足首が腫れていた。
 足首を痛めていたのは隠しておきたかったのかもしれないが、悪化する可能性がある以上、そのままにはしておけない。

「ほら、おいで」

「……なにしてんの?」

 私の様子を見て、ラルくんは怪訝けげんそうな表情を浮かべる。
 そんなに変な行動をしているつもりはないのだが、ラルくんにとっては完全に予想外のアクションだったらしい。

「おんぶだよ、おんぶ。知らないの?」

 私はラルくんを負ぶさるために、その場にしゃがんでいた。
 その体勢を保ったまま、ラルくんの疑問の声に答える。

「いや、そりゃ知ってるけどさ……」

 少し顔を赤くしながら、ラルくんは口ごもった。

「なに? もしかして恥ずかしがってるの?」

「そ、そんなんじゃねえよ!」

 口では否定していたが、明らかに恥ずかしがっている。
 そんなラルくんの反応が、とても微笑ましかった。

「いいからいいから。お姉ちゃんに任せなさいな」

「……はぁ。わかったよ」

 観念したように俯くと、ラルくんの身体が私の背中に密着した。
 なかなかの重さだが、耐えられないほどでもない。

 そのうち身長も抜かされるのだろうが、私は小学五年生で、ラルくんは小学三年生。
 お互いの体格差は、まだけっこうある。

 ラルくんは、初めこそ落ち着かない様子だったが、すぐに安心したように眠ってしまった。
 なんだかんだ言っても疲れていたのだろう。

 ラルくんがずり落ちてしまわないように注意しながらも、私は帰途についたのだった。




「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く