寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第83話 呼び起こされた終焉




 その日は、アリスの父が極秘に学院を訪れることになっていた。



 アリスは、あまり両親の話をしない。
 どうやらあまりいい両親ではないらしく、そういった話題になると途端に口数が少なくなるのだ。

 とはいえ、マリーも親子水入らずの時間を邪魔するつもりはない。
 アリスも親のことが苦手とはいえ、今回は弟のシャルルも交えての面会らしいので、あまりひどいことにはならないだろう。
 マリーはそう思っていた。



 夕方になり、そろそろ話も終わっているだろうと考えたマリーは、アリスの部屋に向かっていた。
 廊下に差し込む夕日の光が、マリーを染め上げている。
 その赤色が、今日に限ってはなぜか不吉なものに思えた。



「……アリス?」



 だからなのだろうか。
 部屋の前でたたずむアリスに、どこか違和感を覚えたのは。

「……マリー?」

 よく見ると、アリスの様子は明らかにおかしかった。
 制服は乱れ、身体の至る所に血が滲んでいる。

「どうしたんですかアリス!? 血が……!」

 駆け寄り、それを近くで確かめて、気付く。
 血で汚れてこそいるものの、アリスの服には傷一つないことに。

 つまりこの血は、アリスのものではない。
 たとしたら、誰の――。



「……アリ、ス?」



 ――どこまでも暗く、深い闇に魅入られた瞳。



 怖気の立つそんな光を、アリスはその目に宿していた。

「……マリー」

 アリスが、ふらふらとマリーのほうへ近づいてくる。
 その姿に本能的な恐怖を感じ、マリーは後ずさった。

「……っ!」

 そんな彼女を見て、アリスは痛ましげに目を伏せる。
 まるで、マリーのそんな態度に心を痛めているかのように。

 だから、

「えっ?」

 マリーは意を決して、正面からアリスを抱きしめた。
 アリスの服についていた血が、マリーの制服にもべったりと付着する。

 だが今は、そんなことはどうでもよかった。

「どうして?」

 顔が見えなくてもわかる。
 今アリスは、とても不思議そうな表情をしていると。

 マリーは知っている。
 アリスの中に、暗くて濁った炎がくすぶっていることを。

 たまたま今日、その炎が燃え上がって、何かとんでもないことをしてしまったのかもしれない。
 彼女の中にある闇を呼び起こしてしまったのかもしれない。

 ……でも、アリスはアリスだ。
 マリーに危害を加えるはずがない。

 その上で、彼女にかける言葉があるとするなら、マリーはこれ以外に思いつかなかった。





「私は、アリスの友達ですから」





「――――っ」

「だから、話してください。なにがあったのか」

 もしかすると、最悪の事態が起こってしまった可能性もある。
 この返り血の量からすると、アリスは誰かを殺めてしまったのかもしれない。

 でも、それでも、マリーはアリスの友達だ。
 唯一無二の親友だと、本気でそう思っている。

 だから、自分がアリスの力になろう。
 このときマリーは、そう決めた。

「ありがとう、マリー」

「っ!」

 それは、今までマリーが聞いた中で一番優しい声だったかもしれない。
 だから安心してしまったのだ。
 これなら大丈夫だと。

 けれど、彼女は気付かなかった。
 その声色の裏に隠れた、それ以上の悲しみに。

「……ごめんね」

「え?」

 アリスがそう言った瞬間、マリーの身体から力が抜ける。
 強制的に思考を奪われたような感覚とともに、マリーの意識は深い闇の中へと沈んでいった。

「――さようなら、マリー」

 それが、マリーが最後に耳にしたアリスの言葉だった。





 その日、ロミード王立魔術学院にいた人間は、ただ一人の例外を除いて死んだ。
 マリー・ロミードという、ただ一人の例外を除いて。




「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く