寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第78話 ヴェロニカの受難




 ヴェロニカ・ロミードは、ロミード王国の第一王女として生を受けた。



 ロミード王国の王族は、魔人と呼ばれる種族である。
 白い肌と背中に生えた黒い翼が特徴で、顔立ちも整った者が多い。
 ヴェロニカもその例に漏れず、白い肌に少し癖っ毛のある黒色の髪を長く伸ばした美しい少女であった。

 王族としての責務はあるが、他に兄弟などはいないため、権力闘争に巻き込まれることもなかった。
 この世界においては珍しく、今日という日まで無事平穏に過ごしてきたと言えるだろう。
 ましてや、命の危険を感じる状況など、この王城の中で体験するはずもない。



 だから――、



「お逃げください、ヴェロニカ様――ッ!!」

「はいはいはいはーい、無駄無駄無駄無駄。逃げるだなんてとんでもない。ここにいる人たちみーんな、ボクのおやつになるんだからね」



 ――今のこの状況は、ヴェロニカの理解の範疇を超えていた。



 つい先ほどまでヴェロニカを逃がそうとしていた騎士が、巨大なあぎとに飲み込まれる。
 その口から発せられる鈍い破砕音は、骨と肉がすり潰されたことによって生じたものに他ならない。

「んー。腹の足しにはなるけどあんまり美味しくないな」

 表情を曇らせながらそんな言葉を発しているのは、濃い茶色をした短髪の少年だ。
 年齢はヴェロニカよりも少し下、十三、四歳と言ったところだろうか。

 その姿を特に異常たらしめているのは、彼の左半身だ。
 身体の左側が異常に膨れ上がり、腕があるはずの部分には巨大な顎が生えている。

 それがただの飾りでないことは、今ヴェロニカの目の前で食い殺された騎士が証明してくれていた。

「か、かかれッ!!」

 その凄惨な光景に若干及び腰になりながらも、ヴェロニカの警護隊が少年に襲いかかる。

「……ちっ!」

 顔のない巨大な口を、少年は子供が遊ぶおもちゃのように振り回す。
 だが、そんな稚拙な攻撃が騎士たちに当たるはずもない。

 騎士たちの鋭い斬撃が少年の肌を切り裂き、鮮血が撒き散らされた。

「ぁ……ぐ……っ」

 苦しそうな顔で呻き、少年はその場に崩れ落ちる。
 全身から赤黒い血を流しながらも、まだかろうじて生きているようだった。

「ご無事ですか、ヴェロニカ様!?」

「は、はい……それより――」

 騎士隊の隊長の言葉に答えながらも、ヴェロニカの中には不思議な直感があった。
 あの少年が、この程度の攻撃で沈むはずがないという直感が。

 そして、その直感は現実のものとなる。

「――まったく。剣を振るしか脳がない奴らに、どうしてこのボクを止められると思ったんだい?」

 隊長の首から上が無くなり、その断面から血が噴き出る。
 そのあまりにも非現実的な光景に、ヴェロニカの思考が停止した。

 やっとのことでヴェロニカが目を向けると、少年が何事もなかったかのようにその巨大な口を動かしている。
 先ほど受けたはずの斬撃のあとは綺麗に消え去っており、騎士たちの攻撃が直撃した名残は一切感じられない。

「力の強さは欲求の強さに準じるものだ。ボクの食欲より強い力なんて、この世界にあるもんか」

 隊長がやられたせいか、騎士たちの勢いは明らかに先ほどまでより弱くなっている。
 そんな隙を、少年が見逃すはずもなかった。

 巨大な顎が、ものすごい速度で騎士たちに迫る。
 先ほどまでのように適当に振り回すだけではない、悪意に満ちた重量の暴力だ。

「ば……っ」

 ある者はその重量に押しつぶされ、またある者はその巨大な顎の餌食となる。
 ヴェロニカは、彼らが全滅するのをただ見ていることしかできなかった。

「さて。ようやく一番美味しそうなのにありつける」

 恐怖に震えるヴェロニカを見て、舌舐めずりをする少年。
 それは文字通り、目の前の極上の料理を前にして興奮する餓鬼に他ならない。

「ひっ……」

 迫る『死』を前にして、ヴェロニカはただ震えることしかできない。
 勉学には打ち込んできたが、魔術や武術の才能に恵まれなかったヴェロニカに、少年をどうにかする方法などあるはずもなかった。

「ああ、そういえば名乗るのを忘れてたね」

 少年は、狂気的な表情をその顔面に貼り付けて、



「ボクは『暴食ぼうしょく』の魔術師、ハイド。これからはボクの血肉になって、ボクのために精いっぱい頑張るといい」



 自身のことをそう名乗った。

「……『暴食』っ!」

 ヴェロニカも、その名には聞き覚えがあった。

 五年前、突如として復活した『終焉の魔女』アリス。
 彼女が七つの大罪を冠する魔術師の中でも、『傲慢ごうまん』であったことはロミードでもほんの一部の者しか知らない。

 だが、目の前にいる少年は、自分はその彼女と同じ種類の存在だと言ったのだ。
 それがどれだけ絶望的な力を持つ存在なのか、今さら言うまでもない。

「それじゃあ、いただきまーす」

 そして、何の抵抗もできないヴェロニカへと、巨大な顎が覆い被さり――、





 ――次の瞬間、ヴェロニカの目の前を虹の軌跡が走った。





「ぐぇぇぇええッ!?」

 すぐそこまで迫っていたはずの口蓋はハイドの本体ごと両断され、鮮血を撒き散らしながら部屋の壁まで吹き飛んでいく。
 そのままものすごい勢いで壁に激突すると、ハイドはピクリとも動かなくなった。

「大丈夫ですか?」

 ヴェロニカの前にいたはずのハイドが吹き飛ばされ、その代わりに隣に一人の青年が立っている。
 銀髪の青年に差し出された手を借りながら、ヴェロニカは立ち上がった。

「は、はい……っ!」

 その姿を見て、ドクンと、ヴェロニカの心臓が跳ねた。

 ヴェロニカの理想の男性がそこにいた。

 輝く銀髪に、透き通るような翡翠ひすい色の瞳。
 整った顔立ちをしながらも、その中に僅かに幼さの影を残している。
 白を基調とした騎士服に身を包み、手には七色の光を纏った剣を握っていた。

 あれだけ派手にハイドを切り捨てたにもかかわらず、その服には返り血の一滴も浴びていない。
 それはまさに、この青年が卓越した技量を持つ戦士であることの証左しょうさだ。

「ヴェロニカ様ですね?」

「は、はい! あ、あの……あなたは……?」

 どうやら青年は、ヴェロニカの名前を知っているらしい。
 しかしヴェロニカは、彼が何者なのかわからない。
 頭の中が沸騰寸前になりながらも、ヴェロニカはなんとか言葉を紡ぐ。

 しかし、青年はそんな彼女の様子を見ることなく、再び声を発した。

「下がっていてください」

「え?」

「まだ、終わっていませんので」

 少年だったものが飛んで行った壁の方へと油断のない眼差しを向け続ける青年に対して、ヴェロニカは無理解を示す。
 だから、目の前の光景の意味がわからなかった。

 そこには、たしかに両断されて血の海に沈んでいたはずの少年が、無傷のまま怒りに身を震わせている姿があった。

「なっ!?」

「……まったく。ボクの食料を横からかすめ取ろうなんて、とんだ不届き者がいたものだね」

 ハイドは低い声でそう言いながら、青年を睨みつけた。
 先ほどまでとは打って変わり、不機嫌さを隠そうともしていないその姿に、ヴェロニカはたじろぐ。
 しかし、そんなハイドの姿を見ても、青年は全く取り乱すことはなかった。

「……『リロード』、か。お前が『暴食』だな?」

「そうだけど。誰? アンタ」

 怪訝そうな表情を浮かべて、青年を眺めるハイド。
 そんなハイドの疑問の言葉に、彼は答える。



「――オレは精霊級魔術師、ラルフ・ガベルブック」



 そして、七色の光を纏った剣をハイドの方に向けて、言い放った。



「お前を、滅ぼす者だ」

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く