寵愛の精霊術師

触手マスター佐堂@美少女

第61話 連行


 エーデルワイスに連れられ、オレは王城の中を歩かされていた。

 移動中も、エーデルワイスは周りの精霊を完全に掌握しており、オレが抵抗する余地を与えない。
 油断も隙もあったものではなかった。

 窓から見える空は薄暗いが、おそらく曇っているだけで昼間だろう。
 時間感覚がなくなっていたオレにとっては、そんな情報でも有用だ。

 そして、しばらく歩かされた結果連れて来られた場所には、見覚えがあった。

「ここは……」

 七年前、クレアを牙獣の魔の手から救った場所だ。
 懐かしさに浸る余裕など、あるはずもないが。

 あの頃と比べて、特に何が変わっているというわけでもない、美しい庭園。
 ……だが、そこにいる人間たちは、異色どころの話ではなかった。

「――っ! ラルさまっ!」
「ラル……!」

「カタリナ……それにクレアも」

 オレの気配に最初に反応したのは、カタリナとクレアだ。
 カタリナは泣いていたせいか目が赤く腫れており、いつもは立っている耳も今はぺたりと倒れてしまっている。

 クレアは泣いてはいないものの、その顔は憔悴しょうすいの色が濃い。
 生粋のお嬢様であるクレアにとって、今のこの状況はかなりこたえるのだろう。

 二人とも、オレと同じような光の輪に拘束されてはいるものの、生きてはいた。
 その事実に、オレはゆっくりと息を吐く。

 そして、その隣に立っているのは、

「やあ、ラル君。見るに堪えない姿だね」

「……ロード」

 不敵な笑みを浮かべたロードが、オレのほうを見ていた。
 今のところ戦意は感じないが、『嫉妬』の魔術師であるロードはオレを打倒できるほどの力の持ち主だ。
 人質が取られている以上、むやみに刺激するのは得策ではない。

 ふと、ロードの後ろにいた人物を視認した瞬間、オレは凍りついた。

「ロードくん。カタリナちゃんがラル君の姿を見て喜んだことに腹を立てるのは構いませんが、まだラル君を殺してはいけませんよ?」
「……わかっていますよ、カミーユ様」

 ロードが何か言いたそうに口を動かそうとしたが、押し黙る。
 だが、今のオレはそんなことに意識を割く余裕がなかった。



 ――『憤怒ふんぬ』の魔術師、カミーユ。



 そこにいるのは、そう呼ばれる存在に他ならない。
 背骨は老婆のように折れ曲がっており、血のような赤いドレスを身につけ、ボサボサの黒髪は地面に擦れるほど長い。

 だが、今オレの目の前にいるそれ・・は、かつて対峙した『憤怒』とは、比べ物にならないほど禍々しい狂気を纏っていた。

「ああ、ラル君もお久しぶりですね。そういえば、ワタシの本体・・と顔をあわせるのはこれが初めてでしたか。そんなに怖がらなくても、今はまだ何もしませんよ」
「……それはどうも」

 オレの素っ気ない返事に満足したのか、カミーユがそれ以上口を開くことはなかった。
 そして、カミーユの言葉から、オレは一つの理解を得ていた。



 今オレの前にいるのは、あの時アミラ様と共に対峙したまがい物ではなく、正真正銘本物の『憤怒』だ。



「……ラルフ。済まぬ。ワシが不甲斐ないばかりに……」

「アミラ様……無事でよかったです」

 カミーユの隣で俯いているのは、アミラ様だ。
 アミラ様にも、オレと同じような光の輪が取り付けられている。
 この拘束具をつけられて、精霊級魔術師でもあるカミーユの近くにいては、アミラ様でも魔術を扱えないのだろう。

「本当に不甲斐ないですよ。ロードくんがワタシたちの側についた瞬間のあの表情……とても情けなかったです。今思い出しただけでも笑いがこみ上げてきますよ」

 そう言って、微笑みを浮かべるカミーユ。
 そんなカミーユの姿に目もくれず、アミラ様はロードを睨みつけて、

「……後悔するぞ、ロードよ。断言できるが、そやつらと共にいても、決してお前の願いは果たされぬ。――必ず、裏切りを後悔する日が来る」

「お心遣い痛み入ります、アミラ様。ですが、これは僕が決めた道。あなたにとやかく言われる筋合いはありませんよ。それに――」

 ロードは僅かに目を細めて、

「――裏切り者は貴方でしょう。アミラ様」

「――っ」

「いやはや、恐れ入りましたよ。まさか、貴方が『大罪』――『強欲ごうよく』の魔術師だったなんてね。よく今までバレずに王国に寄生できたものだ」

「…………」

「本来であれば、『大罪』を身に宿している時点で、あなたもこちら側の人間のはず。それが此の期に及んでか弱い抵抗を続けているのですから、これを無様と言わずして何と言いましょうか」

 ロードの言葉を受けるアミラ様は、押し黙ったままだ。
 だが、その会話を聞いていたオレはそれどころではなかった。

「……アミラ様が、『大罪』の『強欲』……だと?」

「そうだよ。その様子だと、やっぱりラル君も知らなかったみたいだね」

 驚愕の事実を受けてようやく声を絞り出したオレに対し、ロードは肩をすくめる。

 ……予想外、どころの話ではない。
 それはオレにとって、欠片も想定していなかった可能性だ。

「でも、アミラ様はオレ達に敵意はないはずだ」

「そう、ないんだよ。それが問題なのさ。本来であれば、この世界の浄化の助けになって然るべき『大罪』が、身勝手な理由で自分の役割を果たすことを放棄してるんだからね」

 なるほど。そういうことか。
 その事実を踏まえると、カミーユやロードがアミラ様に敵意を持っているのも頷ける。

「……うむ。ワシはそなたの味方じゃよ。ラルフ」

 アミラ様は沈痛な表情を見せつつも、そう断言した。
 状況は依然として最悪だが、アミラ様が変わらずにオレたちの味方でいてくれているのは素直に喜べるところだ。

「ありがとうございます、アミラ様。……あなたが『大罪』だろうが何だろうが、オレは気にしません。だから、お願いします。ずっとオレたちの味方でいてください」

 オレがそう言って頭を下げると、アミラ様は目を丸くした。
 それから、その目が僅かに憂いを帯びたものに変わり、

「……うん」

 最後に、アミラ様はしっかりと頷いた。
 それがオレには、悲壮な決意を秘めたものに見えた。

 そんなアミラ様に、声をかけようとした瞬間、

「お取り込み中のところ悪いのだけれど、こちらに来てちょうだい」

 ダリアさんの姿をしたエーデルワイスに腕を強く掴まれて、オレの声は霧散する。
 そのまま、エーデルワイスはオレの腕を掴んで歩き始めた。

 その隙に、オレは考えを巡らせる。

 フレイズは洗脳され、ロードは寝返り、クレアもカタリナも敵に捕らえられている。
 アミラ様もあの状態では、とても戦力として期待できない。

 今のところ、戦力として期待できるのはキアラだけだ。
 あとは、ヘレナがどれだけ兵を集められるか、と言ったところか。

 しかし、連絡手段がない今、オレにはどうすることもできない。
 このまま流れに身をまかせるしかないのか。

 抵抗らしい抵抗もできないまま、オレは中庭の中央まで連れてこられた。
 そして、その先に、

「なんだ、これ……」

 光の半球。
 そうとしか形容できないものが、中庭のど真ん中にあった。

 ドーム状のそれは、キラキラとした黄金色の光を放っている。
 大きさもかなり大きい。
 おそらく、直径十メートルぐらいはあるのではないだろうか。

「アリスはこれぐらいしないと大人しく捕まってくれないのよ。幽体の状態でここまで手こずらされるとは思ってなかったけど、完全に復活したときのことを考えると期待できるわね」

「この中に、アリスが……?」

 エーデルワイスの話によると、この中に囚われているのは、『終焉の魔女』アリスのようだ。
 だがそれよりも、オレは目の前の現実に目を奪われていた。

「エーデルワイスが、二人……?」

 目の前には、二人のエーデルワイスがいた。

 一人は、オレと戦ったときの扇情的な格好をした金眼の魔女の姿。
 もう一人は、オレを連れてきたダリアさんの中に宿るエーデルワイスだ。

 オレは今まで、ディムールへの帰途のどこかで、エーデルワイスに出し抜かれたのだと思っていた。
 だが、これは何だ。

 目の前の現実に理解が追いつかないまま、自体だけが進行していく。

「それにしてもあの子、相当ラルくんにご執心みたいね。もしかして、アリスが言ってたのは、ラルくんのことなのかしら」

 エーデルワイスが何事か話しているが、何のことなのかよくわからない。

「ほら、アリス。ラルくんを連れてきてあげたわよ。今から少しだけ解除してあげるけど――少しでも抵抗したら、ラルくんの首を落とすわ」

「――わかった」



 その中から聞こえてきた声を聞いた瞬間、オレは凍りついた。



「さあ、ラルくん。中に入るわよ」

 ――待て。

 エーデルワイスが手をかざすと、光の半球の一部が消失し、その中に入ることができるようになる。
 そして、その中がどうなっているのか見ることも、できる。

 ――待ってくれ。

「何をもたもたしているの。早く入りなさいな」

 エーデルワイスに背中を押され、オレは半球の中に足を踏み出していた。
 淡い光に包まれながら、オレが目にしたのは――、



「……ラルくん」



「……キア、ラ?」



 キアラが、光の十字架に拘束されている姿だった。

「寵愛の精霊術師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く