転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

作戦解説

戦闘機、艦爆、艦攻の攻撃隊は発艦後集結し、大アメリア帝国連邦の海軍基地であるパールハーバーを目指していた。

攻撃隊司令「攻撃隊各員に次ぐ。今作戦はアメリア帝国の暴走を止め、我らの友好国の保護が目的である。必ず成功させ生きて帰るのが俺達の任務だ。いいな!」
「「「「「「「了解!」」」」」」」


一方同じ頃…

大和「凛、里奈作戦計画を頼む」

「「わかりました。」」

里奈「では私から説明致します。現在帝国はアメリアとの戦争に突入しました。それにあたって大まかに3つの作戦にわけて戦争を遂行します。」

大和「ほう」

里奈「まず1つ目は、北アメリア大陸への橋頭堡確保のためにワイハ、ミッドナイト島の確保及び大海洋の制海権確保か制海優勢です。」

大和「そして次は本土空襲か…」

里奈「はい。この本土空襲は奪取したワイハなどから爆撃機で行うことになるでしょう。最後は上陸作戦の支援です。これは陸軍の上陸作戦支援のために空母機動部隊や戦艦による支援の後陸軍の部隊が上陸します。」

凛「陸軍はまず上陸作戦において中戦車からなる機甲師団により強襲的に上陸。重戦車等の上陸が行える港まで全力で向かいます。その後前線では電撃戦を行い、抜いた後方では浸透戦術によりアメリアの抵抗力を削いでいきます」

大和「では、天帝として命令する。朕が帝國の総力をかけてアメリアを降伏に追い込み、友好国の支援をせよ!」

「「はっ!」」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー346007

    大和型の4番艦の架空名は紀伊だった希ガス

    0
コメントを書く