転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

戦闘への決意

〜〜12月8日午前0時 皇居〜〜

12月8日になった瞬間、大和は1人で皇居のベランダから綺麗な夜空を見つめていた…

大和「等々始まったか…俺は間違っているのか?いや…間違っていようが進むだけだ。それが国や臣民の為なら」



何故なら、俺は天帝なんだから




〜〜午前1時 作戦会議室〜〜
如月「諸君!等々戦争は始まった、始まってしまった。だが!始まったからには勝利を求めろ!そしてこれだけは守って欲しい。絶対に生きて帰ってこい ︎」
「「「「「ypaaaaaaaaaa ︎」」」」」
如月「旗艦まほろばにZ旗を掲揚せよ!皇國の荒廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ!」

〜〜午前1時30分 赤城飛行甲板〜〜
赤城艦長「諸君らは、対アメリア戦線最初の攻撃と言う大変名誉な事を出来る。その期待は大元帥陛下であらせられる天帝陛下からもだ。責任は重大だが、成功すれば帝國の誉れとして歴史に名を残すだろう。是非、真摯に任務にあたって貰いたい。では盃を持ってくれ」つ盃
「「「「「はい」」」」」つ盃
艦長「皇国の発展を祈って、乾杯!」
「「「「「乾杯 ︎」」」」」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く