転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

閑話休題?

大和「里奈、富嶽の護衛はどうなんだ?」
里奈「護衛なんてないわよ?」
大和「えっ?」
里奈「だって、高度が高い、航続距離も長いの二拍子よ?」
大和「うーん、紫電でも作るかなぁ」
里奈「それでもいいけど、作るなら早く決めてよね、今はどこも忙しいんだから」
大和「わかってるさ、じゃあ、紫電を2万5千機生産してくれ」
里奈「わかったわ」
大和「凛」
凛「はい」
大和「紫電の一部は着艦フックの取り付けをするから頼んだぞ」
凛「わかりました」

解説
富嶽は、総数で10万もあります。ですが実戦で一度に全数を出すことはないので(整備や体調不良になった時の予備としてある程度の数はどこの国も残しています)今の所は2万5千で充分足りるわけです

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く