転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

もう直ぐで建国から1年!

大和「もう直ぐで建国から1年か、記念式典でもするかな」
里奈「それは良いわね。それなら一緒に他の国のお偉いさんを呼んでこの国の技術力を見せつけるのはどう?」
大和「それは良いな、なら呼ぶ国を決めるか」
里奈「ならラント帝国改めラント皇国、大アメリア帝国連邦、ロシヤ共和国、ナチスドイツ第四帝国等は呼んでおいて損は無いわね」
大和「うむ、この世界は砲艦外交が多いから標準戦艦の大和型でも充分行けるだろう」
里奈「それなら凛や菅原とメイド長に伝えておくわね、後は、ニュースで告知すると同時に外交官を通じて贈りますか」
大和「それで頼む、俺も準備しないと行けないしな(暗殺者対策とかに)」
里奈「後は、もう直ぐ富士駐屯地で実弾演習を行うけど、一般公開しても良いかしら?」
大和「良いけど、人は来るかな」
里奈「外国人とかが特に来るんじゃない?」
大和「大アメリア帝国連邦か、自称世界の警察みたいな感じの国だな」
里奈「ロシヤなんて赤軍みたいよ(残虐なところとかね)そう言えば、列車砲の開発状況だけど、もう直ぐでドーラ砲ができるわよ」
大和「本当か!この世界ならドーラ砲とかもまだ行けると思ったんだけど、実験でやってみないとわからないな」
里奈「ええ、そろそろ戻るわね」
大和「ああ、ありがとう」
里奈「はいはい、こちらこそありがとう」ボソッ
大和「ん、何か言った?」
里奈「何も言ってないわよ?じゃあ、また明日」
大和「ああ、また明日」

解説side
今日も平和な1日だった。でも、それがいつ崩れるかは、わからない。そう、日本が真珠湾攻撃をするわけ無いと思っていたアメリカの様に……

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く