転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

交渉日後編

前回の休憩から数分後

大和「会議を再開する、賠償金の支払い方法の提案はあるか」
凛「はい、ラント帝国には地面から黒い水が流れでる地域があるそうですね?」
息子「ええ、それで?」
凛「その地域100キロに付き1ラムの支払いとみなすのはどうでしょうか?」
大和「ふむ、その意見で良いかね、息子」
息子「良いんですか?(かなりマシになったな)」
凛「はい」
大和「ならばこれで大まかの事は決まりだな、細かい事はまた決めるとしよう。ではこれにてヤマラ(大和とラント)戦争に関する会議を終了する!」

解説side
後日、大大和帝國はラント帝国との条約を締結、内容は
・ラント帝国は大大和帝國に賠償金、2000ラムを払う
・払えない場合はラント帝国の領土及び領海を大大和帝國に渡す事で払う等そこまで酷くはない条約だった

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く