話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

あ号作戦決行まで、後1時間

あ号作戦決行日、皇国軍派兵師団は、各旅団に分かれ、爆撃機、派兵艦隊の支援射撃を待っていた。

派兵師団side
浅間「もう直ぐ……だな」
参謀「ええ、そうすれば死人が出ないとは限りません」
浅間「死人が出ない事を祈るしかないか……」
参謀「何くよくよしてんですか!貴方は5000人の命を預かった旅団長でしょう!」
浅間「参謀…ああ、すまない。よしっ各員に通達!皇国ノ興廃コノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ ︎」
通信士「はいっ ︎」
浅間「並びに、Z旗を掲揚(皇国では海軍と陸軍の旗は基本的に同じです)せよ ︎」
参謀「了解 ︎」
「「「「「大大和帝國万歳 ︎!!」」」」」
浅間「よしっ、これで士気も上がった、後は、爆撃機と支援射撃か」

重爆撃機富嶽side
爆撃隊長「皆!今から敵に首都に爆撃する。だが、市民の民家には絶対当てるな!これは陛下の勅命である!」
「「「「「「「「了解 ︎」」」」」」」」
隊長「ならば行くぞ ︎俺に続け ︎」
  「「「「「yyyyppppaaaaaaa ︎」」」」」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く