転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

1航戦の誇り

1航戦side
整備長「発艦準備完了しました ︎」
赤城艦長「爆撃隊、発艦 ︎」
整備長「帽ふれー ︎」
整備士「「「頑張れぇー ︎」」」

このような光景が1航戦の空母で見られた(帽ふれ、とは史実の日本海軍の空母から航空機が発艦する際に行われていたそうです。それに感動した大和が帽ふれを大和帝國海軍でも行うことにしたそうです)

爆撃隊(これからは、爆撃連合または連合と呼びます)side
崎原隊長「皆、今日は大大和帝國軍航空機に1つのページが刻まれる日だ。飛行中だから簡潔に言うぞ、初の爆撃、1航戦の誇りに掛けて、絶対に成功させるぞ ︎」
乗組員「おうっ ︎!」

数十分後
乗組員「っ見えました!敵艦隊です ︎」
崎原「よしっ、急降下爆撃準備 ︎爆撃する艦を間違えるなよ!」
乗組員「了解 ︎」
崎原「急降下〜 ︎Go ︎!」
乗組員「「「yyyyppppaaaaaaaaaaa ︎」」」

作者「何でロシア語なんだよ……」
大和「気にするなっ ︎!」
作者「こいつ、脳内に直接 ︎」

貴族艦隊side
長官「何か蛮族の国が来ているらしい、蛮族共に我が帝国の恐ろしさ、見せてくれようぞ ︎」
水兵「オオオォォォォ ︎」
艦長「長官!敵の鉄竜が真上から降下してきます ︎」
長官「何だと ︎」
sideout……

解説(作者)side
貴族艦隊は必死に魔砲や主砲を使い撃ち落そうとするも、1航戦には遠く及ばず結果爆撃連合の落とした爆弾は全弾命中、貴族艦隊全艦を撃沈した……

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く