転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

白露は心配性

1航戦side
1航戦長官狩屋「何?陛下からの勅命?」
通信兵「はい、爆撃隊を出せと」
狩屋「判った、爆撃隊の種類は?」
通信兵「それはこっちで決めていいとの事です」
狩屋「よしっ、なら急降下爆撃隊を出せと各艦の艦長に通達、全艦の準備が整い次第各艦25機をだせ!」
通信兵「はいっ!」

戦艦大和side
白露「この作戦は成功するんでしょうか……」
如月「なぁに、陛下が決めた事だ大丈夫だよ。それに、1航戦は航空隊の中でもエリートだろ?」
白露「そうですよね!(それでも全機の無事を祈ろう)」
白露の心配を他所に急降下爆撃隊は発艦の準備を着々と進めていた……

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く