転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

最新兵器(日露戦争レベル)

貴族side
貴族は自分の所有地のミッドウェー島での最新の兵器(史実の日露戦争くらい)
の実験のため、ミッドウェー島に来たところ、本国から大大和帝國の艦隊が接近している事を聞き最新の兵器の実験にしようとしていた……
貴族「ほう?大大和帝國の艦隊がこちらに来ているとな」
執事「はい、竜を飛ばしたところ、見つけたとの報告後連絡が途絶えました」
貴族「なら戦列艦より上の戦艦を出してみよう」
執事「ですがあれはまだ本国にも報告していませんよ ︎」
貴族「構わん、蹴散らした後で報告すれば良い」
執事「ですが……」
貴族「良いから早く行け ︎」
執事「はい……」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く