転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

大和の交渉

大和side
紅永急行の試乗(前回のセリフ)から一週間後

大和「よし、派兵艦隊に乗船するぞ」
凛「何で急にその様な決断を ︎」
大和「派兵艦隊の人らの様子を見たいなーっと思ったんだよ、いいじゃねーか」
凛「いやいや、行けませんよ ︎大和さんに何かあったら如何するんですか!」
大和「大丈夫だって!お前達が守ってくれふんだろ?」
凛「それは、そうですが……」
大和「なら行けるじゃ無いか」
凛「……もうっ!しょうがないですね。そのかわり、ちゃんと書類書いて下さいよ!」
大和「よっしゃぁ ︎」←大和はミリオタにわか

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く