話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

派兵艦隊旗艦大和の艦内では

派兵指揮から数時間後

三人称side
ザザーン(海の音)
本土沖にて戦艦10、駆逐艦30隻、巡洋艦7隻、空母8隻からなる大艦隊が敵国ラント帝国に向けて針路をとっていた、そのとき派兵艦隊旗艦の大和ではーーー

派兵艦隊旗艦大和side

白露艦長「長官!領海を抜けました!」
如月長官「うん、報告ご苦労」
白露「ですがラント帝国は何で格上の我国に喧嘩を吹っ掛けたのでしょうか?」
如月「こらこら、慢心は駄目だぞ、いくら科学力が上であろうと精神が負ければ負けるさ」
白露「はい、すみません」しゅん
如月「なら、良いんだ」
白露「ありがtー「電探に感あり ︎」報告しろ ︎」
電探兵「敵国と思わしき、船を探知しました ︎」
白露「長官!」
如月「うむ、全艦に無線連絡!対艦戦闘用意 ︎」
白露「たぁーいかぁーんせーんとーおーよぉーい ︎」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く