転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

ラント帝国の様子

大和達が派兵式をやっている頃…
ラント帝国side

ラント帝国では、最近出来た国に宣戦布告をされ、戦争をどんな形で進めるかを決めていた

シュビッツ「ではこれより、大大和帝國占領戦争を始める」

ハイル・シュビッツ ︎
訳(シュビッツ皇帝陛下万歳 ︎)

シュビッツ「リッペル海軍総合司令官」
リッペル「 はっはい!」プルプル
シュビッツ「海軍は準備が出来たのかね?」
リッペル「はい、100M級戦列艦50隻、80M級木造戦列艦80隻からなる戦列艦隊、50M級駆逐艦120隻からなる駆逐艦隊に人が18000人そのうち貴族の人が1000人の大艦隊です」
シュビッツ「宜しい、ならば負けることはなかろう。マルク陸軍総合司令官」
マルク「はい」
シュビッツ「陸軍の様子はどうだね」
マルク「陸軍内では、新しい領土が増えると喜んでいる声が多いです、準備の方は魔道戦車を1000両派遣する事になりました」
シュビッツ「最新の兵器か、朕の期待に応えて見せよ」
マルク・リッペル「ハイル・シュビッツ ︎」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く