転生先で国作り

レイラ・スクリャノフ

臨時ニュースと国民の怒り

数日後

キャスター「臨時ニュースです皇紀1年☆月○日にラント帝国から使者が来ました今からそのビデオを流します」
前回のすべてを放送後
臣民「何だ此れは ︎陛下を馬鹿にしているのか ︎」
キャスター「今から天帝陛下が出られますので臣民の皆様は御起立下さい」
国歌流し〜
大和「大大和帝國の臣民よ先ほど流したことは、私が直々に交渉の座に着いたと言うのに、愚かにも相手はあの様なことを言ってきたのである。私はこの件に対しラント帝国に宣戦布告を行いたいと思う、だが国は臣民無くして繁栄はせぬ、だから皆にも賛成か反対か決めてもらいたい、選挙は☆月×日に行う、皆が参加してくれることを願う」
国歌流し〜
キャスター「この様に陛下は皆様に選挙をしてもらいたいと発言されました、以上を持ちまして臨時ニュースを終わります」
ピンポーンパーンポーン
臣民1「我々にも陛下の役に立てないものか」
臣民2「ならせめて自分だけでも一票でも賛成の票を入れよう」
臣民1「ああ!」

「転生先で国作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く