話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略

魔法少女どま子

決戦

 敵モンスターは城内のいたるところで待ち構えていた。門前や回廊、小部屋や階段……さまざまな場所から数多くのモンスターが襲ってきたが、アレンが退くことはなかった。疲労している身体に鞭打ち、すべて倒していく。 

 いまのアレンにとって、彼らはもはや恐れるに足らない存在だった。さすがにドラゴン型モンスター『ギルディアス』を目の当たりにしたときは腰が引けてしまったが。 

 リステルガーだけはどこにも見当たらなかった。残る場所は屋上しかなく、だからアレンはいまそこに向かっていた。 

 螺旋状の階段を歩きながら、アレンは耳を澄ます。 
 やはりというべきか、上のほうから闘いの声が聞き取れる。 
 国王の声……リステルガーの声……それから、『漆黒の絶影』リュザークの声。他二人の勇者メンバーも屋上にいるようで、熱気に満ちた声とともに激しい闘いの音が聞こえる。 

 しめた、とアレンは思った。リュザークたちがいるのなら、形勢は一気に有利になる。リステルガー討伐もそう難しいことではないはずだ。 

 期待に胸を弾ませ、階段の一段一段を踏みしめる。そして、最後の一段を昇ったとき―― 

 アレンは、その惨状に思わず足を止めた。 

 アスガルド城の屋上。城下町の地獄絵図がまるまる見渡せるそこで、アレンの予想だにしない光景が広がっていた。 

 あの『漆黒の絶影』が、魔王リステルガーになすすべもなく押されていた。自慢の槍もスピードもまるで魔王には命中せず、魔王の放出する大蛇に噛み砕かれ、聞くに耐えない悲鳴をあげる。他の勇者メンバー二人も、たったいまやられたのか、倒れたまま身じろぎもしない。 

 アレンは呆然と立ち尽くした。あのリュザークが苦戦している姿など、いまだかつて目にしたことがなかったからだ。 

 屋上の隅では、国王と王妃が縮こまってリュザークの闘いを見守っていた。だが、彼らの目にすでに光がない。 
 断末魔の悲鳴が響きわたった。目を向けると、肩をおさえて悶絶している『漆黒の絶影』の姿が―― 

「リュザーク!」 
 気づいたときには、アレンは駆け出していた。リュザークの上半身を支えると、リュザークは「アレン……か?」とちらとこちらを見やった。直後、今度は大量の血を吐く。アレンはリュザークの肩を揺さぶった。 

「落ち着いて! このままじゃ、死……」 
「勇者……アレン……」 

 アレンの声をさえぎり、リュザークは震えながらもこちらを見上げた。そしてはっとする。激闘の名残か、彼の顔を覆っていた黒の兜が砕けている。これまで決して見ることのなかった彼の素顔に、アレンは息を呑む。そこにあったのは、予想していた豪胆な顔とはまるで逆、むしろアレンに近しいものがある、優しげな顔だった。 

 リュザークはアレンの肩に手を置くと、最後の力を振り絞るように声をだした。 

「アレン……任せられるのは、もはやおまえしかいない……」 
「もういいよ、声を出しちゃ駄目だ!」 
「――この国を、国民たちを、守ってくれ……た、たのむ」 

 それだけ言うと、リュザークの目がゆっくりと閉じられた。全身の力が落ち、そのままぐったりと静止する。慌てて脈を確認し、気絶しているだけだと知ってほっとする。 

 だが―― 
「勇者アレン……? 馬鹿な、あのときたしかに殺したはず――」 
「魔王、リステルガー」 

 アレンは憎悪の目を魔王リステルガーに向け、腰の鞘からゆっくりと剣を抜き出す。 

「許さない……おまえだけは……」 
 果敢に剣をかまえ、怒涛の叫び声を発す。 
「絶対に僕が倒す!」

「いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く