話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略

魔法少女どま子

予兆!!

 保管されていた剣は、たいてい折れていたり錆ついていたりで、とうてい使える代物ではなかった。だが武具の山の一番下に、真新しい宝箱が置いてあるのをアレンは見つけた。期待に胸を膨らませて開けてみると、はたして、高級そうな剣と防具が輝きながらおさまっていたのである。 

 剣は白銀に輝く立派な業物だった。見るからに切れ味が鋭そうで、まだ使ってもいないのに思わずぞっとしてしまう。防具は、赤を基調とした金属に金色の横ラインがあるという、いかにも派手な外観ではあるが、頑丈さは以前アレンが身に付けていたものの比ではない。 

「どう、ですか……?」 

 武具の装着を終えたアレンは、着替えているところを見るのは失礼だからと目を背けていたミレーユに声をかける。 

 顔をこちらに向けたミレーユは、目を見開き、しばらくなにも言わなかった。数秒後、アレンに近寄ると、すこし躊躇したようすで、アレンの肩に頭をのせた。 

「ちょ……なにしてるんですか……!」 
 ぴんと背筋を伸ばすアレン。ミレーユはぽつりとした声で言う。 
「アレンさん……いつか、平和になったら。一緒に行きませんか。『フェレムの花園』……」 
「えっ……」 
「もっと知りたいです。お花のことと……それから、えっと、ア、アレンさんのことも……」 

 見れば、ミレーユの顔も相当に真っ赤だった。アレンは「あ、その、えっと」としどろもどろになりながらも、なんとか返答する。 

「あの……僕でよかったら……よ、喜んで」 

 ありがとうございます、とアレンを見上げて微笑むミレーユ。これはなにかの夢じゃないかとアレンは頬をつねるが、なにも起こらない。まさか、こんな奇跡みたいなことが自分に起こるなんて…… 

 守りたい。彼女を、僕の手で…… 

 ――と、感慨に浸ることは許されなかった。 

 アレンはさっとミレーユの腕をほどく。彼女を自分の背後に隠すと、鞘から剣を抜いた。そして、なにかを抑えつけるかのように前方にかまえる。 

 直後、ガシンという衝撃が剣を襲った。 

「ぐおっ……!」 
 想像以上の攻撃力に、ずるずるとアレンの身体が後退する。前方をにらみつけると、スカルナイトの巨大な刀が、アレンの剣を押し込んでいた。 

「うおあああああああっ!」 
 力いっぱい足を踏み込み、相手の刀を弾き返す。仰け反ることで生じるスカルナイトの隙を、アレンは正確に狙った。白銀の刃を光らせながら、さらに大きく踏み込む。剣先が骸骨剣士の胸のあたりに命中、バコンという効果音とともに横一文字に切断された。 

 半分に両断されたスカルナイトは、「ウゴル……」という微弱な悲鳴をあげ、そのまま光の粒子となって消滅した。シャキンという音をたて、アレンは剣を腰の鞘に戻す。

「スカルナイト……いつのまにここに……?」 

 背後にいるミレーユが、震える声でつぶやいた。 
 だがアレンは、彼女とはまったく別のことに驚愕していた。この自分が、スカルナイトをたった一発で撃滅せしめた。自分のどこにそんな力が……? 

 黙り込んでいると、ミレーユが「アレンさん?」と不思議そうに訊ねてきた。アレンは慌てて後頭部を掻く。 
「あ、ああ、たしかにおかしいですね。気配なんてまったく感じなかったのに……」 

 まあ、僕の勘なんて頼りになりませんけどね。自虐的な言葉を続けようとしたとき―― 

 突如、部屋の空気そのものが大きく震動した。甲高い哄笑が響きわたる。 

 アレンは咄嗟に剣を抜き出し、周囲を見回す。嫌な汗が頬を伝う。 
 すると、前方の空間から、大蛇を全身にまとった怪物が出現した。 

 瞬間、かつてないほどのすさまじい戦慄が、アレンの全身を舐め上げた。あまりの最悪の事態に、思考が一瞬停止する。 

「ふはは、驚いたわ。まさかあのスカルナイトを、たったの一発で退治するとはのう」 
 魔王リステルガーが、尖った舌を突き出してげらげら笑う。 

 隣で、ミレーユが息をのむ気配がした。ぎゅっとアレンの袖をつかんでくるが、アレンにはそれを意識する余裕もない。剣を持つ両手をびくびく震わせながら、「あ……あ……」と情けない声をあげる。 

 リステルガーはざっと武器庫を見回すと、面妖な笑いを浮かべた。 
「だが、わしの気配に気づかんようではまだまだ非力。『漆黒の絶影』ならばとうに気づいている頃ぞ?」 

 どうしようどうしよう――。まともに働かない思考で、アレンはどうにか疑問を口にすることができた。 

「……いつから、僕たちがここにいることを知っていた……」 
「わしを甘く見てもらっては困る。貴様ら、こんなしけた部屋で花の話でもしておったな?」 

 ミレーユはぴんと身を固くした。アレンは掠れた声で返答する。 

「なんでいまさらここに――」 
「じきにわかる。……そら!」 
 リステルガーが恍惚とした表情で天井を仰いだ、その瞬間―― 

 武器庫を――いや、魔王城全体を、すさまじい震動が襲った。ガタガタガタという轟音とともに、空の宝箱や武具が揺れ、棚の上にあった弓矢などがすべて落ちる。ミレーユが短い悲鳴をあげて倒れるのを、アレンは必死で支えた。自分自身も片膝を立てるくらいが精一杯だった。リステルガーだけが、余裕そうに腕を組んで突っ立っている。 

 揺れがおさまったのは、数十秒後が経過してからのことだった。おぼつかない動作で立ち上がったアレンは、剣を地面に突き立てて自身を支え、弱々しく訊ねた。 

「なにを……した?」 
「わからぬか? 気配を探るくらいは、貴様にもできるであろう?」 

 リュザークほどではないが、アレンも各地をまわって死闘を繰り広げた身である。魔王の気配には気づかなかったが、そこらへんにいるモンスターの気配ならば、なんとなく直感でわかる。目を閉じて周囲のモンスターの息づかいを探るも…… 

 なかった。さっきまであんなにしつこかったスカルナイトやら黒ローブたちが、城内から完全に姿を消している。さっきの震動は、モンスターがいっせいに移動したことによる衝撃なのか。 
 不吉な予感を覚えながら、アレンは目を開く。 

「……奴らは、どこに?」 
 リステルガーは待ってましたといわんばかりに口元を歪め、最悪の返答を口にした。 

「アスガルド城下町じゃ」

「いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く