話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略

魔法少女どま子

勇者の恋

 情けなすぎる励ましに、アレンは別の意味で涙がでてきた。嫌われたんじゃないかとおそるおそるミレーユの顔を窺う。彼女はぽかんと口を開け、それから掠れた声で言った。 

「アレンさんも……誘拐されたんですか?」 
「はい」 
「勇者、なのに?」 
「……はい」 

 わずかな沈黙のあと、ミレーユはくすりと笑った。 

「あはは……なんですかそれ。全然『勇者』じゃないじゃないですか」 
「うっ……そんなズバリと言われるとけっこう傷つくんですけど……」 

 本気で落ち込むアレンに、ミレーユは「あ、ごめんなさいごめんなさい! ほんとごめんなさい!」と大真面目な顔で謝罪してきた。そのさまに耐え切れず、今度はアレンがぷっと吹き出す。そしてミレーユが「もう!」と頬を膨らませる。 

 アレンの頼りない励ましは、結果的には場を明るくするのに成功したようだ。ミレーユはまっすぐこちらを見つめ、笑顔の花を咲かせた。 
「――よくわかりませんけど、なんとなく気持ちが軽くなりました。ありがとうございます、アレンさん」 

 突然、アレンは胸の奥がズキュンと激しく痛むのを感じた。心臓が激しく高鳴る。全身が熱くなる。 

 身をガチガチにしたアレンに、ミレーユは目を点にした。 

「あれ? どうしたんですか?」 
「な、なななんでもないです!」 
 アレンはざっと立ち上がり、近くにあった宝箱をまさぐりながら、演技っぽい声を発した。 

「あー! いい武器ないかなぁー! どっかにあると助かるんだけどなぁー!」

「いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く