話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略

魔法少女どま子

誘拐されてもいいのである

 ミレーユ姫はいくぶん緊張の和らいだ顔で天井を見上げた。 
「嬉しいです……。私、政治の勉強ばかりさせられて、花の趣味は下らないって言われてて。初めてです、こんな楽しいお話ができたの」 

「それは……僕もそうですよ」 

 勇者として、あるいは男として、花好きという事実は恥ずべきこと。そう思っていた。 

 アレンがしばらく黙っていると、ミレーユはそうだ、と声をあげた。 
「アレンさん、さっき『勇者』って言ってましたよね。なんですか、それ?」 
「え、ああ……」 

 そういえば、とアレンは思った。『勇者メンバー』が結成されたのは、ミレーユが誘拐された後だ。彼女が知らないのは当然のことだ。アレンは、ミレーユが囚われてからの、国王の行動を簡単に説明した。 

 話し終えると、ミレーユは恥ずかしそうに訊ねてきた。 
「ひょっとして……お父様、私を助けた人には賞金とか、結婚とか、なにか変なこと言ってませんでした?」 

「……魔王を倒した者には姫と結婚する権利を与えよう、とか、なんとか……」 
「もう、なに考えてるのよ……」 

 ミレーユはぷうと頬を膨らませた。 

 たしかに、彼女にしてみれば勝手に結婚相手が決められるようなものだ。同情を禁じえないが、かといって、人見知りな勇者に気の利いた言葉など思いつくはずもない。 

 心のなかで慰めの言葉を探しているうちに、ミレーユ姫がか細い声を出した。 

「――あの、ごめんなさい」 
「えっ?」 

 これこそ、なんで謝られたのかわからない。目を丸くするアレンに、ミレーユは顔をうつむかせて続けた。 

「いまごろ、城下町は混乱してますよね。魔王が現れたのもそうですが、私がさらわれてしまった。それだけで、国は大きく動いてしまいます。それがいやなんです……私はただの非力な人間なのに」 

 ミレーユはすがるようにアレンを見つめてきた。が、それでもなお気の利いた言葉が思い浮かばないアレンに、彼女はどこか悲しそうに言う。 

「アレンさんだって、私がさらわれたせいで『勇者』になったようなものでしょう? 強制的に」

「そ、それは……」 

 否定できないことだった。心の奥底では兵士になることを渇望していたアレンだが、最も望んでいたのは安全で平凡な生活である。こうして魔王城で絶体絶命の危機に陥っているのも、国王の無茶が原因だ。そして、そうやって国王が無茶した一因は、たしかにミレーユ姫の誘拐にある。 

 言い返せないアレンに、ミレーユは蓄積していたものを吐き出すように口をひらく。 

「私が、魔王に誘拐されなければよかったんです。私が弱いせいで、絶好の人質になってしまったんです。もう、国民のみなさんに合わせる顔が――」 

 そこまで言って、ミレーユはセリフを切った。うつむいているので彼女の顔色はうかがえないが、さっきから肩が震えていて、ただごとでない雰囲気である。 

 アレンもなぜか涙がでてきた。別に悲しいわけではなく、どうすればいいのかわからなくて泣けてきたのだ。こういうとき、自分はなにをすればいいんだろう。 

 だが、さすがにこのまま無言でいるわけにもいかない。数秒後、アレンは自分でも予想外な言葉を口にした。 

「誘拐されても、いいじゃないですか」 

 いかにも珍妙な切り返しに、ミレーユは「えっ?」と顔をあげた。真っ白な思考のなかで、アレンはやけくそで言葉を続けた。 
「実は、僕もなんです。僕も魔王に誘拐されてここにいるんです。その……僕だって一応勇者ですし、その勇者が捕まったんだから、姫が捕まるのは当たり前じゃないですか」

「いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く