話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略

魔法少女どま子

これでも勇者と魔王と戦いです

『フェレムの花園』にいくには、深い森を通過する必要がある。 
 森といっても、モンスター出現の恐れがない安全な場所だ。鳥ののどかなせせらぎや、優しい葉擦れの音。立ち並ぶ木々は頼もしく天を貫いている。ふさふさと柔らかい土が、足をふんわりと受け止めてくれる。 

 アレンは和やかな気持ちで森林を歩いていた。さっきのモヤモヤも、ここに戻ってくると自然に薄れていく。 

 すべてが懐かしかった。ひとときの憩いを求めて、この森を歩く昔の自分。嫌なことがあったら『フェレムの花園』にいって、花と幸福な時間を過ごす自分。 

 そうだ、名声や恋人なんかより、僕はここが―― 

 と。 
 突然襲ってきた寒風に、アレンは両肩を震わせた。 
 なんだ? と思う間もない。 
 ギャッという悲鳴が聞こえたかと思うと、上空から何匹もの小鳥が墜落してきた。おそるおそる近寄り、そして驚愕する。 
 白眼を剥いて死んでいた。 
 それだけではない。 

 暖かかった陽射しは嘘のように消え失せている。力強く伸びていた木々は不気味な茶に変色し、途中で反り返っている。地面では細々とした詳細不明の幼虫たちが、焦るように駆け巡っている。森全体が、かつてない暗闇に包まれる。 

 なんだ? なんなんだ? 
 アレンはごくりと唾を呑んだ。自然と腰の鞘に手が伸びる。 
 ふと嫌な気配を感じ、アレンは後ろを振り返った。 
 なにもない。 
 すると、 


「はずれじゃ、勇者アレン」 


「なっ……!」 
 急いで上空を振り仰ぐ。そして戦慄する。 
 そこには――いわゆる『化け物』が浮いていた。 

 性器と胸部を星の紋様で隠した不気味な女。黒髪を腰のあたりまで伸ばし、紫色の巨大な大蛇をまとっている。その圧倒的オーラは、見る者すべてを恐怖させるほど禍々しい。 

「あ……あ……」 
 全身の力が抜け、アレンはぺたんとその場に尻餅をついた。 
 こいつこそが、ミレーユ姫をさらい、国王に宣戦布告をし、大勢の兵士たちを呆気なく散らした恐るべき存在―― 

 魔王リステルガー。

 リステルガーは極小の眼球でこちらを見下ろしながら、不敵に笑った。 
「勇者アレン、じゃな?」 
「…………」 
「聞いておるぞ……? 『勇者メンバー』のなかで貴様が、最も弱いとな」 

 空白な思考のなか、アレンは必死にあたりを見回す。 
 リュザークも、ただの国民さえいない。ここにはもう、自分ひとりしかいない。 
 なにをされる。死ぬのか。僕は死ぬのか。 
 そう思ったらたまらなかった。 

「う、うあああああああああ―――――っ!」 
 がむしゃらにジャンプし、魔王リステルガーに剣を投げつける。しかしそれは『攻撃』とは到底呼べないものだった。剣はあさっての方向に飛んでいき、当のアレンは情けなく地面に直撃した。鋭い痛みが全身を襲う。鈍い声でうめく。 

 リステルガーは、低い声で笑いながら、ゆっくりとアレンのそばに落下してきた。 
「ふはは、自爆しおるとは滑稽なものよ」 

 ――嫌だ。死にたくない。こんなところで死にたくない。 
 アレンは絶叫をひきながら、今度は拳をリステルガーに振り上げた。 

 しかし途中で見えない壁に遮られ、後方に吹っ飛ばされた。大木に激突し、そのままずるずると地面に座り込む。 
「いや……だ。死に……たくない……」 
 それだけを繰り返しつぶやくアレンに、リステルガーは蔑むような嘲笑を浮かべた。 

「はん、無様な奴めが。――おまえたち」 

 突如、なにもなかった空間から、全身に黒ローブをまとった人間がふたり現われた。彼らは乱暴にアレンをつかみあげた。 
 アレンにはもう、抵抗する余力も気力もなかった。

「いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く