話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略

魔法少女どま子

勇者なのにクズ

 男はふんと鼻を鳴らすと、ぶっきらぼうにアレンに手を差し伸べてきた。ぎこちない動作でそれを受けるアレン。 

 男の名前はリュザーク。全身を黒い鎧で包んだ、長身の槍戦士だ。これまた黒い兜がリュザークの顔を覆っている。そのせいで彼の素顔を見た者はおらず、同じ『勇者メンバー』であるアレンさえ、彼の顔を拝んだことはない。三ヶ月もの間『クリスタル』を求めて旅をした仲だが、あまり会話したこともなく、正直いって謎めいた存在である。 

 いかにも悪役っぽい風貌だが、見ての通り凄腕の槍使いである。ルーラル大陸一だと言われるほどだ。巨大な槍を片手で振り回し、しかもその動きは『漆黒の絶影』という異名を取るほどにすさまじい。アレンを含む四人の『勇者メンバー』のうち、リーダーを務める男でもある。 

 と―― 

「きゃあ、リュザークさまー!」 
「こっち見てー!」 
 ふいに周囲から大歓声が沸き起こった。ひえっと肩を竦ませ、アレンは周囲を見回す。 
 リュザークの活躍を見ていたらしい、アスガルドの国民たち――その多くが若い女性や子どもである――の声だ。彼らはみな一様にリュザークやアレン以外の『勇者メンバー』に歓声をあげている。たまたま遭遇したカマキリンの群を、さしたる苦労もなく全滅させたからだ。 

 ほんのわずかな期待を込め、アレンは自分を呼ぶ声を探す。しかし。 
「ほんとザコいな、クズ勇者!」 
 いつのまにやってきたのか、まだ十歳にも満たないであろう男の子が、アレンの頭をぶん殴った。


「いてっ!」 
 涙目で、アレンは自分の頭を覆った。そんなアレンの反応が面白かったのか、子どもはポカポカとアレンを殴り続ける。聞けば、他の小さな子どもたちまでもが、「クズ勇者―」「勇者なんかやめちまえー」といった罵詈雑言を浴びせてくる。アレンは涙目で言った。 

「ちょ、ちょっとやめて」 
「やめるかよぉー、このクズ勇者ぁー」 
「だからやめてって……」 

 アレンが情けなくも逃げだそうとしたとき―― 

「こら」 
 リュザークがすこしばかり優しい声で子どもの襟首をつまむ。 
「そんなに人を殴るもんじゃない。自分だって同じことをされたら嫌だろう」 
「はい……ごめんなさい」 

 すると、さっきまで聞き入れの悪かった子どもが、素直に言うことを聞くではないか。しまいには「リュザークかっこいいよねー!」「どうやったらあんなに強くなれるの?」などと言い出す始末である。 

「……おまえが大人になったら、きっと俺より強くなるさ」 
 リュザークは子どもの頭にぽんと手を乗せる。『漆黒の絶影』に誉められたその子どもは、満面の笑みで「あ、ありがとう!」と礼を言うと、人だかりのなかに消えていった。

「いじめられっ子の商人息子が、チート能力に目覚めてTAS攻略」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く