話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方魔人黙示録外伝〜東方大罪録〜

怠惰のあるま

淫魔のサガ

ことの始まりはアルマ達が城へと突入してすぐのことである。
城の入り口である大扉をアルマが破壊して乗り込むと待ち構えていたように数百人もの魔族の兵士が武器を構えていた。

「なんだこの数は!?」
「全員俺の臣下だ」

磔は呆然と目の前の兵士達を見てポツリと呟く。

「......本当に魔王だったんだな」
「信用してなかったのかよ!!」
「だってよ〜?地底であんなダラけた生活送ってる奴が魔王だって思えないし」
「廃人にすんぞ...?」

一人怒るアルマを尻目にアリュレルトとレフィーは武器を構え、魔晴は魔法陣を展開していた。それに気づいたアルマは慌てた。

「なにする気だお前ら!?」
『こうげき〜!』
「先に進むんだ。この数全員とまではいかないけど道を作らないと」
「待て待て待て!!だったら俺がやるっつーの!」

パチン!とアルマが指を鳴らすと兵士全員がバタバタと床に崩れ落ちた。
兵士達が倒れて他の兵士にあたり、さらに他の兵士を倒す...まるでドミノ倒しのようにも見える。
磔はその光景を可笑しそうに見ていた。

「おお〜!すっごい爽快!」
「意外に部下思いなんだね」
「文句あっか?」
「ないですよ〜」

アルマが魔晴を睨んでいるとアリュレルトとレフィーが無邪気に喜んでいた。

「すご〜い!」
「もう一回やって!」
「いやいや...できるわけ...」
「ん?いいぞ」
「いいんかい!!」

もう一度指を鳴らして自分の部下が全員起き上がるのを確認して、また感情を奪った。すると、また同じようにドミノ倒し。その光景は結構爽快だ。
キャッキャッと喜ぶ二人に対して、磔と魔晴は呆れた様子。

「前言撤回...君って最低...」
「さすがに二回目はちょっと...」
「うるせえよ。ちゃっちゃかいーーーーっ!?お前ら退がれ!憤怒 怒りの波動!」

アルマがそう叫び、スペルカードを使って全員を無理矢理後ろに下がらせた。
彼らが立っていた場所には無数の矢が刺さっていた。

「何すーーーなんだこりゃ!?」
「なんて量の矢だ....流石の僕もこの量はタダじゃすまないな...」
「あれ...あるにぃさんは?」

レフィーがそう言うと、磔は矢が刺さっている場所を見た。そこには何かを庇うようにアルマがいた。

「おい!アルマ!」
「大丈夫だ...矢ごときで死なねえよ...それよりもアリュレルト。大丈夫か?」
「あるにぃ...!ごめんなさい...!」

アリュレルトは泣きそうな顔でアルマに謝っていた。アリュレルトだけがアルマの攻撃を能力を使い消してしまい、その場から飛ばされておらず、それに気づいたアルマは咄嗟に庇ったのだ。

「さて...この矢消せるか...?」
「う、うん...矢よ消えよ!」

能力が発動し、アルマに刺さった矢だけでなくその場に大量に刺さっていた矢も消え去った。魔晴は急いで止血をしようとアルマの傷口を診るがすでに全ての傷が塞がっていた。

「さすが魔王」
「その分の体力が消費されるがな。全く...面倒くさい奴が来たぜ...出てこいよリリス!!」
「相変わらずの回復力ですね魔王様」

スタスタと通路の奥から現れたのは男物であるタキシードを着こなし、黒い片翼を大きく広げ冷たい視線を送る赤髪長髪の淫魔リリス。礼儀よく頭を下げ、自己紹介をする。

「魔王様以外の方はお初にお目にかかります。魔王様の側近兼執事をやらせていただいておりますリリスと申します」
「執事っていうより...メイドじゃないか...?」
「そうともいいます」
「ずいぶん手荒いお出迎えだな。仮にも主だぜ?」

その言葉にトチ狂った笑いを上げてリリスはアルマを指差し紫色の細いビームを撃った。どこかの宇宙の帝王のようなビームは光と同じ速さで放たれた。
首を軽く横に動かして躱すが後ろの壁に触れた途端に爆発した。

「デ、デスビーーー」
「それ以上言ったら廃人にするぞ」
「ひゃ、ひゃい...」
「さぁてと...どうすっかな〜」

アルマはコキコキと首を鳴らし立ち上がる。
どこからか取り出した大剣と長剣を握り、リリスに向けた。彼女も両手から魔法で作った炎を出した。
すると、両者の間に割って入るようにアリュレルトが武器を構えた。
 緻密な装飾のなされた銀色の短剣《ドゥィラー・セレブロ》意思によって万物を飲み込む虚無を剣閃で作ることができる物凄い武器だ。

「よくもあるにぃを!許さないから!!」
「あら可愛らしい子ですね。やっぱり魔王様はロリコンですね」
「うるせえよ!」
「余所見するな!」

リリスに向かって飛びかかるアリュレルトだが、不気味に微笑む彼女の表情にアルマは悪寒を感じた。
接近したアリュレルトの拳がリリスのミゾにめり込んだ。ミチミチと嫌な音を立てて後ろに吹き飛ぶ彼女を追撃するように攻撃を仕掛けようとしたが急に目の前に壁が現れ攻撃を妨げられた。

「やめろっつーの!」
「あるにぃ!なんで止めるの!」
「俺の話を聞けって!!あいつにはなぁ...」
「ああん...いいですね...!その攻撃...!」

アルマの話を遮るように無傷で起き上がるリリスにアリュレルトは目を見開いた。

「ど、どうして...!?結構力入れたよ!?」
「あいつは...あいつはな...クソ回復力が高いんだ...しかもドM」
「なら俺がやってやるよ」
「おい?話聞いてた?」
「喰らえ!想符 フレアスパーク!」

磔がフレアスパークを放つと避けることもなくリリスに直撃した。ポカァンと口を開ける磔にアルマはため息を吐いた。
そして、平然と立ち上がるリリスはニコニコと喜んでいた。

「いやぁ〜!いい攻撃ですよ?それじゃあ...返しますね?」

リリスが手を構えると放たれたのは磔とまるっきり同じフレアスパークだった。アルマは指を鳴らし、フレアスパークを消し去った。

「お、俺の技...!?」
「はぁぁ...リリスは攻撃を与えた相手の能力を吸収し自分の力に変えることができるんだ。しかも受ければ受けるほど...相手から根こそぎ奪っていく」
「そうゆうことで〜す!」
「なら...奪われる前に決着をつけてやるよ!」
「おい磔!攻撃するな!!」

アルマの制止の声を聞かず、もう一度リリスに攻撃を与えた磔はガクンと地面に崩れ落ちた。

「あれ....?力がハイら...ない...?」
「ん〜!いいですね〜!力がビンビン来ましたよ〜!!」
「な、なんで攻撃した磔にぃさんが倒れたの!?
「言ったろ力を根こそぎ奪うって...」

攻撃を与えれば与えるほど力を奪い、最終的には根こそぎ奪われ最悪死に至る。奪われる度合いは攻撃力に比例し、龍神力が仇となりたった二回の攻撃だけでもだいぶ奪われてしまったようだ。
ビクンビクンと体を痙攣させるほど快感を感じるリリスはさらなる快感を求めるようにアルマ達に近づく。
魔晴と磔は武器を構えるがアルマがそれを止める。

「見てたろ...!お前らの力じゃあ一発だけでもお陀仏だ」
「じゃあどうするのさ!」
「一つ提案がある」
「本当!?」
「ああ...それはだな...」

こそこそと話す四人に一歩また一歩と近づくリリス。話が終わると四人は真剣な面持ちだった。

「いいか...チャンスは一回だ...あいつが磔のことを過ぎた時...合図を出す...」
「ああ...わかった...」
「あたしは戦う!!」
「ダメだ」
「戦う!」
「はぁぁ...仕方ないな...」

四人がリリスを警戒するように睨む。それが更に快感を与えたのか、またビクッ!と体を震わせた。徐々に距離が狭まり、リリスが磔を過ぎた。次の瞬間、アリュレルトを除く三人がダッ!と走り出した。
魔晴は磔を背負って逃げ、それを守るようにレフィーがついていく。アルマは暴れるアリュレルトを担いで逃げた。

「は〜な〜し〜て〜!!」
「だめだって!いいから逃げるぞ!!」

アルマと魔晴達は別々にその場から逃げ出した。

「あらあら...やはり逃げますか...まあそうですよね」

逃げた四人を追おうともせずリリスは一人クスクスと笑った。






△▼△







よし!逃げれたぜ!あいつとなんかまともに戦ってられるか。勝てるわけがない。
というか...アリュレルトさん?いい加減暴れるのやめてくださいな。痛いですよ?

「あるにぃ!どうして逃げたの!?」
「あいつの能力は欠点があってな。奪った能力には制限時間が課せられる」
「制限時間...?」
「ああ、奪った力が強いほど制限時間は短い。しかも、奪ったのは磔の力だ。数分で時間が切れる」

だが、あいつのことだ。黙って俺らを見逃しはしないはず。俺たちの誰かを追いかけてきてるはずだ。
そして、四人の中で追いかける奴はわかっている。それは......

「どこに行くつもりですか...?魔王様?」

俺だよ。
なぜなら俺は不運の魔王様だぜ....?



「東方魔人黙示録外伝〜東方大罪録〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く