花は示す 花は祝ぐ

ノベルバユーザー149578

夕食

「わー、すき焼きや!」
「ひなが食べたいかなって選んどいた」
「ふみ大好き!」
「!?」


リムジンから降りて玄関から冷たい廊下を通り史月の部屋の襖を開けると、ふわりと甘い匂いがした。
何かと思って卓上を見ると、もう夕食の準備は整っていた。


それぞれ座椅子の前に置かれた卓上コンロの上でくつくつと煮えるネギや春菊、豆腐に肉といった具だくさんのすき焼き鍋に、ほうれんそうの胡麻和えとお櫃、伏せられた茶碗、卵と取り皿とレンゲが置いてあり、湯気が立っている味噌汁からは置かれてまだ間もないことを知ることが出来た。その手前には白いおしぼりと黒塗りの箸。


大好きといわれて固まっている史月に気付きもせずに、ひなこはさっさと部屋の中へと入ってしまった。いそいそと座椅子に座ると。いまだ立ちっぱなしの史月を不思議そうに振り返った。


「どないしたん?」
「別に」


若干むすりと顔を固くさせて史月も部屋の中に入り、座椅子まで歩いていくと腰を下ろした。


(あ、耳赤い・・・寒かったんやろか)


お昼と同じようにおしぼりで手を拭いて、お櫃からごはんをよそって。


「「いただきます」」


2人同時に手を合わせた。

          

「花は示す 花は祝ぐ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く