話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

外伝 私が彼に出会う前⑤

 ラファエルが言っていた通り、自分が幸せになれない事が他人を幸せにできるはずがないのは分かっている。この裕太っていう人がどんな人なのかわからないけど、天使長があれだけ不幸だと言っていたところを見ると、よほど不幸だったのだと思う。

(そんな人を私が幸せにできるのかな……)

 前夜もなかなか寝付けないまま時間だけが過ぎていく。でも時間が過ぎていくにつれて、私はあることを思い出し始めていた。

(そういえばずっと昔……)

 同じような人に会ったことがある。あの時の人の名前は、ほとんど覚えていないけど、何となくではあるけど似ていた。

(まさか……)

 ただの偶然だよね?

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く