話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

外伝 私が彼に出会う前①

 幸福委員会 会長。
 私ユリエルにはそんな名誉が与えられた。天使は地上の人間を幸せにする義務がある。それにあたって、設立されたのがこの幸福委員会。そしてその委員長に何故か私が就任する事になった。

「私が人間を幸せに……ですか?」

「お前はどの天使よりも力量がない。料理はできない。家事もできない。といいところは決してないが、私はお前の秘めている力を信じている」

「信じているなら、そこまで言わなくてもいいじゃないですか、天使長」

 そしてそれを私に命じたのが、目の前にいる天使長さん。天界の中でも身分がとても高い天使ではあるのだけど、若干ながら人使いが荒い。

「でも私にそんな事ができるのでしょうか」

「できると私は信じているから任命したのだ。嫌だと言うならその時は」

「脅しですよねそれ」

「それで早速だが、委員長としてお前に幸せにしてもらいたい人物がいる」

「無視ですか」

 天使長は何やら名簿らしきものを私の前に出す。そこには地上の人間の写真と、軽いプロフィールが書いてあった。

「委員長の初仕事として、彼を幸せにしてもらいたい」

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く