話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

七日目② 天使の水着

「これとか似合うんじゃないかな」

「何故ビキニを渡すんですか?」

「それは露出度が高いから」

「羽を隠せないので却下です」

 ユリエルの水着を買いに近くのデパートへとやって来た僕とユリエル。ユリエルが水着の選び方がわからないというので、先程から選んであげているのだが、何もかも全てを却下されている。趣味に走りすぎているのだろうか。

「もう、ユリエルはワガママだなな」

「裕太様がおかしいんですよ!こんな水着を着る人なんていません」

「とりあえずビキニを着ている人に謝ろうか」

 ユリエルがあれも嫌、これも嫌と言うので困っていると、女性の店員が一つ水着を勧めてきた。

「お客様、こちらの水着はいかがでしょうか?」

「あ、これ私気に入りました!」

「まさかの即答!?」

「本当裕ちゃんはセンスがないんだから」

 何故か僕をそんな呼び方をする店員。

「この声……まさか桐葉?」

「お久しぶり、裕ちゃん」

 ただの服屋の店員だと思ったその女性は、何と昔からの幼馴染の松永桐葉まつながきりはだった。

「裕太様、お知り合いですか?」

「えっと、ちょっと昔からの幼馴染で」

「そういえば裕ちゃん、その子はもしかして彼女なの?」

 そしてこの後僕は軽い修羅場を味わう事になる。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く