話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

六日目② 絶対に笑ってはいけない天使ちゃん

「と、とりあえず合いそうなカツラは注文したけど、それが届くまではその髪型だね。ぶふっ」

「わ、笑わないでくださいよ。元はと言えば裕太様が悪いんですから」

「で、でもこれでバレないだろうし、結果オーライでしょ。あははは」

「裕太様、私も髪を切らさせていただきます」

「わ、悪かったって」

 不慮の事故によってぱっつん頭になってしまったユーリティア。周りの髪を切って、何とか整えはしたけど、これは別の意味で笑い者にされる。まあ僕は見てて楽しいけど。

「そ、そうだ今度謝罪も兼ねて何か食べに行こう」

「そこで笑い者にされろと。本当裕太様は意地悪です」

「いやいや、そんな事考えていないから! ちょっとは落ち着いて」

「裕太様の馬鹿!」

 そう言ってユリエルは閉じこもってしまった。この家には部屋が少ないというのに、閉じこもられるのは非常に困る。特にトイレなんかにこもられた日には……。

「ゆ、ユリエル。せめてトイレ以外にこもってよ!」

「漏らして少しでも反省すればいいんです!」

 トイレが再び使えるようになるまで、三時間かかりました。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く