話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

五日目④ 天使と変装

 ユリエルと自宅への帰り道。彼女は飛んで帰ろうと提案してきたのだけど、今世間で騒がれている以上空を下手には飛べない。それにもしそれで、僕の事までニュースにされたら……。

「裕太様、わたしは、その、一日だけでどれだけ私は有名人になってしまったのでしょうか」

「多分変装しないとバレちゃうくらい」

「へ、変装ですか? 具体的にはどうするのですか?」

「試しにその長い髪を切ってみたり、服を買いに行ったりとか」

 ユリエルの特徴的なものといえば、その服装と金髪のロングヘアー。典型的な天使とも言えるけど、逆に言えばこれを上手にメイクすれば一般人に紛れ込めるかもしれない。

「そもそも僕以外の人間にばれたら、大騒ぎになるって考えたことなかったの? せめて服装とかを変えたりしてさ」

「それは考えもしましたが、天界の掟でもあるのでそれはできなくて」

「え? じゃあ変装もできないんじゃ」

「それならご心配なく、私しばらく天界に戻れなくなりましたから」

 サラッととんでもないことを言うユリエル。そういえばさっきも似たような事を言っていたけど。

「もしかして僕の知らない間に万歳を」

「そんな事は決してしていませんからね!」

 だったらユリエルは一体何をやらかしたのだろうか?

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く