話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

五日目① 喧嘩の後

 あの後ほぼ一日を使って、暮らせるくらいの程度まで部屋を修復した僕は、疲れ切った体を休めるために就寝した。
 そして翌日。

「……」

 やたらうるさかったいびきが聞こえなくなったので、ぐっすり眠れた僕は久々に穏やかな朝を迎えたはずだった。
 だけど……。

(そうか、昨日追い出したからもう目の前で寝ている事もないんだよね)

 この四日、しつこいほど見ることになったその顔が目の前になかった事に、僕は寂しさを感じていた。

(少し言い過ぎたかな。でも……)

 顔を洗って、歯を磨きながらテレビを付ける。そこにはこんなニュースが流れていた。

『夕焼けを飛ぶ羽を生やした謎の少女、現る』

 何故かユリエルがテレビのニュースで話題になっていた。まあ、天使が空を飛んでいたなんて知ったら、ニュースになるよな。

(天界に帰ってなかったのか……)

 てっきりもう人間界にはいないとは思っていたけど、それは思い違いだったらしい。

(という事は今、あいつは家もないのか)

「……」

 今日は天気もいいし、少し散歩にでも出ようかな。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く