話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

三日目① 努力の結晶

 天使がやって来て三日目。やはり起きる様子がないユリエルを横目に見ながら、僕は朝食をとる。テレビでは今オリンピックで騒がしい。誰が金メダル取ったとか、誰がメダル確定しただとか、どのチャンネルもオリンピック一色。
 こういうのを眺めながら僕はいつも思うことがある。

(こういう大舞台に立つ人って、相当努力した結果が成果に出ているんだろうな)

 でも努力をしたとて、それが結果につながる人は限られている。そう、どんなに頑張ったって、届くものも届かない人だっている。

「ふわぁ、おはようございます……」

 そんな事を考えながらテレビを眺めていると、ユリエルが起床してくる。どうやら早起きをしようという努力はしてくれたようだ。

「おはよう、の時間ではないけどね」

「あれぇ? 早起きしたつもりなのに」

「昨日と十分くらいしかない変わってないけどね」

 ユリエルが起きた頃には、僕の手元にあった朝食がすでに昼飯に変わっていた。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く