話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

二日目① 天使と寝相と寝言

 翌朝、昨日の事は全部夢だと信じたかったけど、僕の目の前で彼女は寝息を立てていた。確か昨日はなるべく遠くで寝ていたはずなんだけど……。

(僕は昨日の場所から移動していないし……)

 もしかしてこれ、彼女の寝相?

(何というか寝ている姿は可愛いよな)

 昨日のいびきと寝言がうるさかったのを除けば、普通の女の子だ。ただ、僕の家には女性物の服はないので、適当なパジャマを着させているのが残念なんだけど。

(メイド服着ればいいのに)

「それは嫌です……」

 寝言で怒られました。

(これがしばらく毎日続くのか……)

 彼女の寝顔を見ながら考える。幸せにするとか何とか言っていたけど、この半同棲みたいな状態も幸せと言えるのだろうか。
 確かに僕はもう二十歳を超えているけど、同棲なんて考えた事なかった。

(自称天使と過ごす夏休みか……)

 少しだけ悪くない気がした僕だった。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く