話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

一日目⑦ 天使と就寝

 ようやく腹痛が治まったので、僕は気分が悪くなる前に就寝する事を決意した。

「ねえユリエル。一つ聞いていい?」

「何でしょうか」

「今日一日何も幸せな事起きなかったんだけど」

「それはこれから起きるので、期待してください」

「そう……。じゃあおやすみなさい」

「おやすみです」

 こうして僕の波乱の一日は終わりを告げた。自称天使と怪しげな委員会。本当ならこんなのすぐにでも追い出したかったのだけれど、もし本当に彼女の言う通り幸せになれるというなら、その可能性を信じてみたい。

(こんな不幸ばかりの人生を変えられるなら……)

「ぐぅ、がぁ〜」

「……」

「……もう食べれません……」

 翌日僕は寝不足になりましたとさ。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く