話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

一日目⑥ 天使と夕飯

 先ほども言った通り、僕は一人暮らしなこともあって、一通りの家事はこなせる。特に最近は料理にはまっていて、色々なものを作っているのだけど、

「今晩の夕飯は私に作らせてください」

 と、天使さんは言うので作らせてみました。
 その結果は、

「あ、あ、あのさ、この動いているものは何?」

「あれ、知りませんか? これは天界でしか生息していない珍しい虫で」

「アウトー!」

 ここに語るまでもない。僕はこれから夕飯を作るのも面倒臭くなったので、カップラーメンで過ごす事に。

「おいしくありません」

「あれを食べるよりは百倍マシだ!」

「お残しだけは許しませんよ?」

「待って、僕が悪かったからカップラーメンにそれを入れるのはやめて!」

 その後二時間ほど僕はトイレから出ることができませんでした。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く