話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目の前に天使が現れたので日記を付けてみた

りょう

一日目③ その天使の名は 前編

 とりあえず裸になるのは阻止したものの、僕の中の疑いの心は未だに消えていない。このご時世に天使ですなんて言われても誰が納得してくれよう。

「とりあえず裸になる以外で、証明できる方法ってないの?」

「うーん、羽根以外ですと難しいですね。やはり実際に見てもらったほうが」

「それはもういいから! とりあえず君は誰なの?」

「あ、申し遅れました。私はこういうものです」

 そう言いながら天使は僕に名刺らしきものを渡してくる。そこに書かれていたのは、

「天界幸福委員会委員長 ユリエル? 何かそれらしい名前だな」

「らしいではなくて、天使なんですってば。私はユリエルと申しまして、あなた様に幸せを届けるためにやって参りました」

「幸せ?」

 確かに幸福委員会とは書いてあるけど、

「別に僕不幸じゃないんだけど」

「夏休みというものを退屈していたじゃないですか」

「退屈イコール不幸って事にはならないと思うけど」

 ますます怪しくなってきたなこの天使。

「目の前に天使が現れたので日記を付けてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く