話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕だけが蘇生魔法を使える!

AW

31.婚約の祝い

 午前10時、エンジェルウィングの初コンサートが始まった。

 見事に満員だった!
 最前列には見知った顔が並んでいる。
 父さん母さん、それに兄さんと亜人さんたち……兄を死んだことにしていた件は、笑い話ということで片付けられた……。クーの両親と、ギルドの受付の人、それに、カナとクマコもいる。ケットシーのミゥは留守番か。
 観客は、男女半々といったところか。意外と女性客が多いのが嬉しかった。


 僕はと言うと、観客席からではなく、舞台の袖でフォローする役回りを任されていた。
 こんな大役、いきなり任されてもね……。

 ドタバタと着替えを手伝い、一人ひとりの髪や服をチェックし、抱き合って送り出した。

 その後は、照明を弄ったり、小休憩の時に飲み物を手渡したりと大忙し……。


 トークや流れについては全てクーが仕切ってくれたお陰で、ボロが出ずに進行していく。

 いつも練習で聴いていた歌だけど、歌声は本番では全く違っていた。

 観客以上に、メンバーが興奮していたというのもあるかもしれない。
 すごく楽しそうに、幸せそうに歌っていた。
 こういうのって、実は、上手かどうかということよりも、自分や観客が楽しめれば良いのかもしれない。


 心配していたダンスも、誰も転ばずにこなしていた。
 これも、クーのお陰だと思う。
 もっとも歓声が大きかったのは、全員が激しくジャンプする場面だった。それは激しく共感する。正面から見れないのが悔しい。



 2回のアンコール、最後のカーテンコールを終え、腕が限界を迎えた昼過ぎに、コンサートの午前の部が終了した。


 その後、劇場内に設けられた控え室に入る。
 そこには、僕の両親だけでなく、クーの両親も来ていた。

 親同士が挨拶を交わしている。
 それだけなら普通なんだけど、結婚だとか披露宴だとかいう物騒な単語が聞こえてきた時には、呼吸が苦しくなって部屋から逃げ出した。
 このカオスな雰囲気、緊張する……。



 軽く食事を取り、身体を動かす。
 いよいよだ……。

 劇場の隣に、10m四方の闘技場が設営されている。
 あまりにも本格的過ぎて苦笑いをしてしまう。




 13時になると、闘技場に王様が現れた。

『これより、アディリシア王女争奪戦を開始する!』

 王様自らが宣告とか……この国はおかしい!


『王女を護るに相応しき力を示せ! 西より来るは、ランクS冒険者ヴァルス! 東より来るは、蘇生魔法使いロト! 』

 王様に呼ばれて闘技場に上がる。
 騎士団長から手渡された木刀を2度、3度と振る。

 模擬戦も勝ちにいく!
 剣術では勝ち目がないのは分かりきっている。
 わざと隙を作り、攻撃をさせてからカウンターを狙う。勝機があるとすれば、その方法しかあり得ない!


『いざ尋常に、始め!! 』


 父さんは余裕の表情だ。
 木刀を下に向け、掛かって来いと言わんばかりに剣先を回している。

 僕は、木刀を身体の右側、顔の高さに構え、突きの構えのまま全速力で突っ込む!

 低い姿勢で脚を狙ってきた左からの薙ぎ払い……その父さんの攻撃が届く寸前、咄嗟に浮遊魔法で後退してかわすと、右に振り抜かれた腕を狙って一閃!

 浮遊魔法ならではの慣性を無視した激しい動き、思わず吐きそうになったが、吐くなら父さんに撒き散らしてやる!

 父さんは僕の思わぬカウンターに意表を突かれながらも、右手を引いて、木刀の柄頭で打ち返してきた。

 ここで距離を取っているようではダメだ!
 父さんが体勢を整える前に、攻める!

 僕は、打ち返された反動をそのまま利用し、身体を回転させたまま、遠心力で父さんの左脇腹を薙ぎにいく!

 右手に引かれて遠ざかる父さんの剣先、今なら左脇腹はガラ空きだ!


 しかし、避けられた……。

 間合いを読み切り、半歩下がった父さんは、木刀を上段に構え直し、気合の声を放つ。

 僅か半歩、されど半歩。
 この差が勝敗を決した……。

 父さんの振り下ろしは、回転の慣性が抜け切れない僕の頭をコツンと叩いた……。

『それまで! 勝者ヴァルス!! 』


 完敗だった……。
 思い返せば、数えるほどしか打ち合っていない。
 時間にして数秒、いわゆる秒殺だった。

 正直、勝てる訳がないのは分かっていた。
 でも、勝つつもりで臨み、立ち向かった。
 それがかえって悔しさを倍増させた。

 闘技場に上がってしまえば、戦前に抱いていた王女争奪戦がどうとか、父さんが憎たらしいとか、そんな感情はどこかに吹き飛んでしまっていた。
 そんな感情から挑んだ戦いではなかった。

 一人の男として……と言うと大袈裟だけど、自分の成長を見てもらいたかったというのが素直な気持ちだった。

 だから、その後に僕の耳に聞こえてきた父さんの言葉は、僕の心を大きく揺さぶった。

 一番欲しかった言葉を聞くことができて、感情が溢れた。

 どっと目頭が熱くなり、視界がぼやける。


『強くなったな』


「ううん、最高の、仲間たちのお陰だよ」

 自然と言葉が紡がれた。
 これが本心というやつか。

 背中に衝撃が走る。

 振り返ると、みんなが抱き付いていた。

 これはさすがに恥ずかしい。
 勝負に負けて女の子に励まされるなんて、恥ずかし過ぎだ!

 僕は、とりあえず逃げるようにして闘技場を降りた……。




 会場の興奮が落ち着きかけた頃、闘技場に新たに設けられた高さ3mほどの壇上に、アディリシア王女が3人の侍女を連れて上がってきた。

 なぜか、ウェディングドレス……。

 まだ12歳でしょ!?
 この演出はやり過ぎな気がする……。


 続いて、王様が朗々と大きな声を上げる。

『続いて、候補者から王女への告白合戦とプレゼント勝負を行う!』


 ちょっと待って!
 心の準備が……。
 ノープランなのに、とうとうこの時が来てしまったよ……。



『まずはヴァルス! 壇上へ!』

『はっ!』


 父さんが1本のバラを手に、壇上へと続く階段を上がっていった。

 父さんの後ろから小さな箱を持った騎士が付いてきて、階下に控える。


 父さんは、アディリシア王女の前にひざまずき、バラを差し出す。
 王女は、それを受け取るべきか悩みながら右往左往している。

 隣に控える侍女が、堪らずバラを受け取る。

 父さんは、そんな健気な王女へにこやかに微笑みかけると、ゆっくりと立ち上がった。


『私は! 貴女を初めて見た時からずっと好きでした! 何があっても、どんな敵からも、貴女を護り抜きます! これが誓いの証です』


 階段を上がる騎士から小箱を受け取り、王女に捧げる。
 今度は遠慮がちに王女が受け取った。


『お開けください! 霊峰ヴァルムホルンの麓にてスノードラゴンより授かりし卵。美しき王女には遠く及びませんが、きっと、王女を飾る華となりましょう!』


 会場からどよめきと歓声が上がる。
 それに応えるように、壇上から王女と王様に一礼し、父さんが階段を下りてくる。

 満足げな父さんと王様の顔。
 ドラゴンの卵か……負けたかな。



『続いて、ロト! 壇上へ!』

「はいっ!」

 王様の声に勢いよく返事をしたものの、足が緊張で動かない……。

 ルーミィに背中を叩かれ、やっとの思いで歩き出す。

 無心で階段を上がる。手ぶらで。
 手足の感覚がない……。

 見上げると、ウェディングドレスを着たアディリシア王女がいる。

 紫色の綺麗な髪に、白いドレスが映える。
 華のように可憐だった!!

 決死の覚悟で王女の目の前まで行き、一礼して向き合う。

 王女は僕以上に緊張した様子で、チラチラと視線を彷徨わせていた。

 その小動物的な可愛らしさに、思わず笑ってしまった。

 お陰で緊張が和らいだ気がする。


「アディリシア王女、こんにちは」

『こ、こんにちは……』

「まさか、こんなことになるなんてね。初めて会った時からは全く想像できなかったよ」

『そうですね』

 僕の自然体の会話が、王女の笑顔を引き出していく。
 可愛い……見惚れてしまった。


「僕たちを運命が導いてくれた。どんなに離れても、きっと、僕たちの魂が引き合わせてくれる……」


 僕は王女に一歩近づき、両手を前に差し出す。

 王女は、僕の手にそっと自分の手を添える。
 小さくて守りたくなるような綺麗な手を。


 瞳を見つめて囁く。


「君に、忘れ物を届けにきた」

『はい……』


 王女は、ゆっくり目を閉じると、顔を上に向けた。
 無防備な唇が、僕に向けられた。
 小さな、柔らかそうな唇だった。

 ほっぺも、おでこも無理だ……雰囲気以前に、角度的に絶望的だ!


 僕は意を決し、アディリシア王女の唇に、自分の唇を重ね合わせる。


 離したくない、離れたくないという想いからか、そのまま5秒……10秒と2人だけの時が過ぎていく。

 そして、お互いの気持ちが満たされたとき、どちらからともなく唇が離れた。


 我に返ると、会場からの大歓声が聞こえてきた。

 王女は照れながらも観衆に手を振って応える。
 幸せそうに微笑みながら。


 僕は真っ白な頭のまま、階段を転げ落ちるように降り、ルーミィたちが待つ場所まで戻った。

 真っ赤な顔をしたみんなに、ポカポカ叩かれたのは言うまでもないけどね……。



 ★☆★



 午後の部は、客席の最前列で見た。
 雑用は、兄のパーティメンバーが代わってくれた。

 何度も僕に視線を送ってくれるみんな。
 すごい優越感を感じた!
 決して、僕の隣に座っている王女への牽制ではないと信じたい。


 コンサートが無事に終わると、僕はアディリシア王女を侍女に返し、呼び出されるまま控え室へと向かった。

 そこには、プロデューサーを名乗る20代の女の人が居た。

『是非とも私にお任せください!』

 突然僕の手を掴んで熱意たっぷりに語る女性……僕が状況を飲み込めずにあたふたしていると、アネットが説明してくれた。

『この方、リーアさんと言うんだけど、ティルスでクーのプロデュースをしていた人なんだって。まぁ、ファンといろいろあった時に契約を解除したんだけど、今回のコンサートを聞きつけて、もう一度チャンスが欲しくて来たそうよ』

 あぁ……クーの命を守れなかった人か。
 信用して良いのだろうか……。

 クーを見ると、過去を思い出したのか、コンサートの疲れがどっと沸き出したのか、俯いている。
 こんなクーを見るのは初めてだ。


 この状況……。


「分かりました。あなたにお願いします」

 僕の声を聞いたみんなが、驚いた顔を向けてくる。

「ロト! クーは……」

 僕はルーミィを手で制して続きを言わせなかった。ルーミィが言おうとしたことは分かる。
 でも……それは間違っている。


「クーはね、逃げちゃダメなんだよ。ルーミィは、クーが僕たちと世界を旅するのが当然だと思ってる? もしそう思っているなら……僕ははっきり言う……クーを舐めるな!! 」

 突然の僕の怒鳴り声で、控え室が静まり返る。

 当のルーミィもポカンとしたままだ。
 それに対して、クーはじっと僕の目を見つめている。


「今日のコンサート、素晴らしかったよ。何が素晴らしかったって、みんなが楽しそうに歌ったり踊ったりしている姿。心から幸せそうだった。みんなが輝いていたと思う。でも……クーが1番輝いていた! 1番幸せそうだった!」

 誰も否定せず、僕の話をじっと聞いている。


「僕たちは何回もクーを戦いに引っ張り出したけど、クーの居場所はこっちだよ。今日改めてそれを実感した」

 そんなことは誰もが知っている。
 問題はそこじゃないんだ!


「だから、クーを旅には連れて行けない」

 呆然とするクー……。
 クーを捨てるような発言が、みんなの怒りの感情に火をつけた。

 でも、敢えて僕は言葉を続ける。


「クーの戦いの場はここにある! 昔と違って、クーには心が通じ合った仲間がいる。もう絶対に自分には負けないはずだ! 過去を恐れるな、乗り越えるんだ! 僕たちのクーには絶対にできるはずだよ!! 」

 クーが泣きながら僕に抱き付いてくる。
 その細い背中をそっと撫でてあげる。


「別れなんてない。どこに居ても会いに来る。僕はクーを、みんなを幸せにするって決めたんだ。僕たちは1週間後に旅立つけど、一緒に居る間はたくさんわがまま言っていいからね」

「うん! ロトくん! いっぱいわがままする!! そして頑張る!! 」

「リーアさん……クーは僕の愛する人です。そして、みんなを幸せにできる人です!! 是非、お願いしますね」

 リーアさんとクーが力強く抱き合う。
 お互いに信頼しあっていることは感じていた。きっと、この人なら大丈夫だ。



 ★☆★



 夕方、僕は王宮、謁見の間に呼ばれた。
 アディリシア王女争奪戦の結果発表があるらしい。

 仲間たちも当然一緒だ。
 未だに唇にキスをしたことを責められ続けているけど、誰も怒っている訳ではない様子……。


『よく来た、ヴァルスとロトよ!』

 迎える王様は機嫌が良かった。
 いきなりの牢獄行きも覚悟していたし。


『一同、静まれ! これより、アディリシア自らが結果を発表する!』

 もう勝敗なんてどうでもいい。
 父さんが王女と結婚するなら、王女を誘拐でもしてやる!
 冗談だけど……。


 変な妄想をしていると、アディリシア王女が現れた。

 水色のドレスを着て小走りに王様の元へ向かう。

 途中、ドレスの裾を踏んで転んでしまった……。

 チラリと見えた下着……やはり白と水色がこの子には似合う。


『皆さま、お待たせしました。私、アディリシアは、ロト様と共にありたいと願います!』

 側に控える大臣や騎士、侍女たちから大きな拍手が上がる。

 その中を、王女がゆっくりと僕の所まで歩いてくる。


 何を言えばいいんだろう?
 悩んだ挙句、僕は変なことを口走ってしまった。

「白と水色がよく似合いますね!」

『……』


 その後、多少の修羅場があったが、想定内だ。

 父さんは悔しそうに涙を流しながら去っていった。

 僕は王様にこっそりハッスル薬をプレゼントし、王女と明日デートをする約束をして別れた。



 ★☆★



 その夜、母さんが僕たちの拠点に泊まった。

 父さんのあの告白、実は昔に父さんが母さんにした告白そのものだったらしい。
 あの告白を聞いて、父さんが王女にではなく、自分に告白をしていると気付いたそうだ。他人への告白なのに、嬉しすぎて泣いてしまったという母さんが凄い。

 あの臭い告白にそんな意味があったとは……。
 これが夫婦の絆ですかね……。

 両親ののろけ話を聞いても嬉しくないけど、ちょっと安心した。


 それにしても……あの臭い告白、僕には無理だな!
 人のことは言えないけど。

 因みに、プレゼントはドラゴンの卵ではなく、僕が持っている短剣だ。

 僕からその短剣を取り上げて、剣士のように振り回している母さん……やっぱり、父さんにキレてるんじゃないですか!

「僕だけが蘇生魔法を使える!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く